東大散歩

晩秋の三四郎池

コサギにマガモ。休日の三四郎池。
コサギ
 

Yellow Ocher Street

東京大学正門から安田講堂への道。
ベクレルだとか、シーベルトだとか、気にしながら歩いていく。
東大正門
 

誰かの足跡

asiato
 

三四郎池
 

東京大学本郷キャンパス構内にあります、「東京大学総合研究博物館」にて『弥生誌 向岡記碑をめぐって』が開催されています。(2011.4.29〜6.26)
 
東京大学 本郷キャンパスには、東京大学附属病院を含む「本郷地区」、地震研究所を含む「弥生地区」、「浅野地区」があります。東大本郷の名所であります"赤門"や"三四郎池(育徳園心字池)"は本郷地区にあり、元・加賀藩邸大屋敷の名残です。平成 12年(2000.12.5.20~平成7.9)には東京大学総合研究博物館において『加賀殿再訪―東京大学本郷キャンパスの遺跡』が開催されています。
弥生地区、浅野地区には水戸藩邸中屋敷がありました。幕末には"水戸烈公"と称された徳川斉昭が住まい、「向岡記碑」を残しました。「向岡記碑」を由来に近辺の地名は明治時代に「向ヶ岡弥生町」と名付けられました。そしてこの地から発掘された縄文式土器ではない新たなかたちの土器に"弥生式土器"と名付けられ、「弥生時代」の名称が生まれました。
この展覧会では今まで採り上げられることが少なかった東京大学本郷キャンパス「弥生地区」、「浅野地区」に残された水戸藩の名残であります「向岡記碑」を中心に、東京大学埋蔵文化財調査室が調査し、出土した埋蔵文化財(弥生土器、ガラス玉、陶器ほか)を展示しています。有坂鉊蔵、坪井正五郎、白井光太郎の 3人が発掘した最初の弥生式土器(重要文化財)、弥生時代方形周溝墓の表面を剥ぎ取った巨大な土型など普段見ることのない埋蔵文化財が展示されています。
この展覧会では、本来は歴史研究の裏方である、"修復と保存"を全面に採り上げた展示になっています。
東大総合研究博物館
 
弥生誌 向岡記碑をめぐって東京大学 総合研究博物館
<http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2011YAYOI.html>
概要: <http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2011YAYOI_description.html>
開催期間: 2011年 4/29(金)〜6/26(日)
開館時間: 10:00 - 17:00(入館は16:30まで)
入館料: 無料
場所: 東京大学総合研究博物館 <http://www.um.u-tokyo.ac.jp/
アクセス: <http://www.um.u-tokyo.ac.jp/information/map.html>
お問合せ: ハローダイヤル03-3272-8600
 
主催:
東京大学総合研究博物館 <http://www.um.u-tokyo.ac.jp/>
東京大学埋蔵文化財調査室 <http://www.aru.u-tokyo.ac.jp/>
協力:
公益財団法人 徳川ミュージアム <http://tokugawa.gr.jp/>

---
* 館内は撮影禁止ですが、東京大学総合研究博物館の許可を得て撮影しました。(2011.4.29)
弥生誌 向岡記碑をめぐって
 

「芸工展2010」参加企画のひとつに、根津の「ギャラリー ゆり音」(伝世舎)にて『修復のお仕事展 伝えるもの・想い II』がで開催されています。(2010.10.9〜17)
修復のお仕事展 伝えるもの・想い II』開催期間中の週末に、関連企画として『水戸藩駒込邸と弥生時代の遺跡見学会』を開催しています。(2010.10/9、10、11、16、17)
 東京大学 埋蔵文化財調査室の原 祐一さんのガイドで、根津駅前に集合し東京大学本郷キャンパス内・浅野地区を地形や遺構を辿りつつ歩きながら、旧浅野伯爵邸のこと、過去に発掘調査された弥生時代の遺跡弥生土器のこと。そして、独自に調査研究されている水戸藩中屋敷のことなどを解説して頂きます。
向ヶ丘碑
 
水戸藩駒込邸と弥生時代の遺跡見学会
開催日: 雨天決行
2010年 10/9(土)、10(日)、11(月 祝)、16(土)、17(日)
時間: 11:00 - 12:00
参加費: 無料
集合場所: 東京メトロ 千代田線「根津」駅 1番出口
見学場所: 東京大学 浅野地区
地下鉄 千代田線「根津」駅 1番出口 > 清水御門跡 > 庭園跡 > 御殿跡 >「向岡記」碑 > 方形周溝墓(武田先端知ビル) > 弥生二丁目遺跡 >「弥生式土器発掘ゆかりの地」碑
---
 
ギャラリーゆり音■ 修復のお仕事展 伝えるもの・想い II(伝世舎
http://ameblo.jp/denseisya/entry-10663382411.html
開催期間: 2010年 10/9(土)〜17(日)
時間: 11:00 - 18:00(最終日: 17:00迄)
場所: ギャラリー ゆり音 <http://www.denseisya.com/gallery/>
住所: 文京区根津 2-19-8

ギャラリーゆり音
 

象革の鞄

命の認識』に展示されている、保存溶液に浮かぶにされたアジア象の死産胎児の標本。
アジア象の胎児この骸は、
ハリウッドなら、きっと 20ヶ月もかけずに作り上げてしまうであろう、
精巧な 3Dロボットにも劣る傀儡です。
 
この象は生まれては来られなかった水子です。
 
神様が魂を入れ忘れた象革の鞄です。
 
母象の羊水のなかで、体の一部として育まれた象の着ぐるみです。
 
だが。しかし、・・・
生き損ないの、この象は、やっぱり生きていたに違いなく、
 
きっと母象は、腹の中で鼓動を聞き、
生まれ来る我が子の存在をを確認し、喜んだに違いない。
 
きっと象の胎児の標本を見た者は、
生まれなかった子象の存在を認識し、記憶に刻まれたに違いない。
 
ならば動かぬこのアジア象は、生きていたのと同じ事なのかも知れない、と、
ふと思ってみた次第です。

■ 命の認識(東京大学 総合研究博物館
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2009inochi.html
開催期間: 2009年 12/19(土)〜2010年 3/28(日)
開館時間: 10:00 - 17:00(入館は16:30まで)
休館日: 月(* 1/11、3/22は開館)
12/24、12/29~1/3、1/12、1/16、1/17、2/12、2/25、2/26、3/23
入館料: 無料
場所: 東京大学総合研究博物館 <http://www.um.u-tokyo.ac.jp/
アクセス: <http://www.um.u-tokyo.ac.jp/information/map.html>
 
命の認識
 

農学部総合研究棟遺跡見学会 2010年 3/26(金)、27(土)の二日間、東京大学埋蔵文化財調査室が行っている農学部総合研究棟建設予定地での遺跡調査を見学、及び説明する会が開催されています。
建設に伴う遺跡調査について埋蔵文化財調査室が行ってきた研究成果を一般公開し、活動を知られ、理解いただくための遺跡見学会が開催されています。
遺跡からは、明治時代の宅地造成を示す遺構、水戸藩中屋敷の道等を確認しました。江戸時代以前の土器や石器も出土しています。
また以前、武田先端知ビル(浅野地区)建設地より発掘されました弥生土器やガラス玉、明治時代の銃弾も併せて展示しています。(復元された弥生土器を間近に見られます)

東京大学埋蔵文化財調査室」の原 祐一さんによる解説が、一時間毎に行われています。
説明会
 
■ 農学部総合研究棟遺跡見学会
<http://www.aru.u-tokyo.ac.jp/nougakubu_gensetu.pdf>
開催: 2010年 3/26(金)、27(土)
時間: 11:00 - 15:30(雨天中止 )
解説: 11:00、12:00、13:00、14:00、15:00
会場: 農学部総合研究棟建設予定地
主催: 東京大学埋蔵文化財調査室 <http://www.aru.u-tokyo.ac.jp/>
協力: 文京区教育委員会
問い合わせ先: 東京大学埋蔵文化財調査室
* 月〜金(10:00〜12:00、13:00〜16:00)
遺跡見学会は雨天中止ですが、
月曜から金曜日の10:00~16:00(3月中)、遺跡の見学は可能です。
足元と場内で稼動している重機等には十分お気をつけください。
農学部
 

天花粉

 東京は未明から朝方まで雪が降りました。相変わらず降り積もることもなく、ましてや三四郎池に氷が張ることもありませんが、それでも雪が降るピークであった 7〜8時頃、東京大学構内の三四郎池は、天花粉をまぶされたような風景でした。
三四郎池
 
わずかな時間でしたが、秋には色いた杜が嘘のように、雪が色彩を奪って、モノクロームのような世界に変わりました。
三四郎池
 

東大農学部・遺跡調査

東京大学 農学部の敷地内では水戸藩邸の遺跡調査が始まりました。(2010/1/18〜3月)
東京大学・本郷キャンパスの敷地は、江戸時代にはいくつもの藩邸があった地域です。加賀藩(本郷地区)、冨山藩、大聖寺藩(東大病院)、水戸藩(農学部)など。また本郷台地の東端でもあり、縄文・弥生の遺跡や土器も出土しています。
東京大学は、敷地内に新たな建造物の建設や整備の際には「東京大学埋蔵文化財調査室」が発掘調査を行います。
今回は、建設が予定されています総合研究棟に伴う、農学部圃場での遺跡発掘調査です。水戸藩邸中屋敷にあったとされる「大名小路通り」の調査だそうです。
幕末の水戸藩主であった、烈公・徳川斉昭や、老中・阿部正弘が生きていた頃の話ですね。
東大農学部
写真奥に高いマンションが見えますが、その向こうが不忍池。その手前の黒い建物(屋上付近が逆三角形に見える)が、方形周溝墓や弥生土器が発掘されました「武田先端知ビル」です。
 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち東大散歩カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはサイトから…です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築