谷中の墓地ねこ

キミの存在証明

もし、出会うことがなかったとしても、キミが「居た」ことを確認したよ。
同じ星、同じ時代、同じ街にいた証。
足跡
 

Ying & Yang

冬の陰(YIN)は暖かさを奪い、
冬の陽(YANG)はしなやかさを削ぐように、
冬将軍が忍び寄る。
インアンドヤン
 

保護色

東京のイチョウもおおよそ散り終わり始めましたが、掃き掃除のピークはあと一息。
野良猫(地域猫)にとって枯葉の山は最高の簡易ベッドです。
谷中霊園 イチョウの枯葉
 

ちょっかい

夏らしい日射しが戻った週末。子供たちは既に夏休み。
谷中霊園

 
ちょっぴり及び腰で、新しい友達作り。
ちょっかい

飼い猫の夢を見る

自由と引き替えに夢見たのは、屋根のある生活?エアコンの効いた部屋?
燈篭

人馴れ順

手前から人なつっこい順に横たわっていました。
猫3匹
一番奥は顔立ちはブサイクですが、片耳が垂れ、片手袋(左前足)と尻尾の先が白いサビ
真ん中が顔に"ハ"の字の白灰
手前の白茶はこの猫です。
 

猫と桜と

わざわざカメラのファインダー内に入ってきて横たわりますが、この時期は猫より桜優先です。
桜

警戒心

餌を持たない人間には、警戒して近寄らせない猫と、馴れ馴れしく近寄ってくる猫がいます。
強引に近寄ろうとすれば逃げますが、一定の距離を保てば逃げません。・・・かといって寝たふりをしながらも目と耳は警戒を怠らず、こちらに細心の注意を払い続けていますが。
警戒心

 
・・・そうかと思えば、鬱金桜[うこんざくら]を撮ろうと上ばかり向いていると、いきなり足下にぶつかってきては「腹を撫でてくれ」と言わんばかりに、仰向けになる猫もいたり・・・
 

他者の痛み

 各所のテリトリーに散らばる、谷中霊園の地域猫たちは、定期的に世話をされている方々に見守られて、ふくふくと暮らしています。
谷中霊園の地域猫


 
心傷までは判りませんが、大怪我を負ったダッシュも、手術後の傷跡は目立たなくなりつつあります。
ダッシュ

猫々道人記念碑 三崎坂上に永久寺があります。永久寺には猫好きだった仮名垣魯文ゆかりの「山猫めおと塚」があります("魯"の文字を崩して出来た猫の顔)。境内にはもう一つ、魯文の号をとった「猫々道人[みょうみょうどうじん]記念碑」があります。記念碑の塔には穴があり、中を覗くと・・・

塔の中には、(無闇に触る誰かに、鼻を欠かれていますが)掘り出された睡り猫がいます。
猫々道人記念碑

 
・・・永久坂を後に三崎坂を上りきり直進すれば、谷中霊園。猫々道人記念碑を真似るでもなく、いつも居心地良さそうに墓地の燈籠に休む猫の姿。

1  2  3  4  5  6  7  8

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち谷中の墓地ねこカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはだんだん猫です。

次のカテゴリは上野良ねこです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築