家ねこ・街ネコ

塀の滲み

塀の上
 

集団催眠

冬にこんなあたたかな陽ざしは、太陽の下平等に眠りへと誘います。
龍谷寺の猫
 
ふにやゃぁぁあ〜・・・
龍谷寺の猫
 

みかどのくろねこ

みかどパン谷中のランドマークのひとつ、ヒマラヤスギの「みかどパン」。
その「みかどパン」の愛猫。
あたたかな陽ざしを浴びて寛いでいました。

それにしても、光と影と、色彩と質感に心奪われて、
垂直と平行がわからなくなりました・・・。
みかどパン

疎通

わかり合い、確かめ合う方法は言葉だけじゃない。
じゃれ合い 意思疎通
 

ライフダイバー

リスクとか予測とか、往々にして思惑は邪魔になる。
目の前の目標に向けて飛び込むだけ。ただそれだけ。
ダイブ
 

レギンス自慢

"レギンス"って何?って調べましたら、スパッツのことなんですね。
で、見せてくれているのね。...たぶん。
レギンス
 

木陰

木陰。・・・と言っても。枯れ枝ですが。陰よりも陽射しの欲しい季節ですから。
木陰
 

丸い背中

防衛本能が働いたのかもしれないし、前のめりになるほどアグレッシブに生きてきたせいかもしれないし。たくさんの思い出をを貯め込んだせいかもしれません。
 
猫と老婦の背中は似ています。
丸い背中>
 

 白州正子さんにお話をうかがう機会があった。その折、「お能は男の身体のために作られた型だと五十の時に悟って止めました」という意味のことをおっしゃった。老年こそ男女の性別のちがいが身体の事柄として鮮明に出るのだと、言われてみれば思い当たることがあった。
   ----(中略)----
老人の身体は細い枯れ枝のように直線で構成されるが、老婆の身体は丸く小さくまとまった線で構成される。体型に若い人間よりも著しい差が出る。

『男の後姿、男の横顔、男の影』著: 中沢けい

 

フェイント

根津のはなちゃん。相変わらず近付かせてくれません。背後からそーっと忍び寄ったのですが・・・、おーっと! リードを使った意外な振り返り。
09111200.jpg
 
気づかれると、いつものようにサッと家に入ってしまいました。
 

高鬼

子猫らは随分大きくなって、 じゃれ合っても 、親より力が強くなっています。・・・ですが木登りとなると、まだまだ母親に一日の長があるようで、スルスルと木の上に避難します。
上から目線

 
「鬼さん、こちら」と言わんばかりに。
高鬼
 

3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち家ねこ・街ネコカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは看板猫です。

次のカテゴリは路地猫です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築