谷根千動物園

ホエールウォッチング(6)

一体いつまでこのシリーズは続くのか。
まさか、"猫町"でなく"鯨町"と呼ばれる日が本当に来るのでしょうか・・・(猫町とも呼ばれていませんが)。
『谷根千界隈ホエールウォッチング・シリーズ』第六弾です。
鯨
 

台本読みと舞台制作

水族館劇場 2010公演『NOMAD 恋する虜』の
初日まで、あと四日と迫った月曜日。
日々の忙しさも佳境に入っています。朝、7寺過ぎにはミーティングを行い、今日一日にそれぞれが請け負う作業を確認します。休憩中には日々、書き加えられる台本を手に、自分の台詞を覚えます。18時まで建て込み作業が続き、19時過ぎからは稽古が始まります。稽古中も大道具や美術は作業の手を休めることなく、テントには電動ノコギリやグラインダーの音を響かせながら、音楽や台詞が飛び交います。
21時頃に稽古は終わりますが、建て込み作業はその後、22時過ぎまで続くのです。公演日以外のこのルーティンワークは、ほぼ変わらず最終週まで続きます。好きなこととはいえ、どれだけ気力と体力が必要なことか・・・。
 
読み合わせの稽古をする若い劇団員の横で、建て込み作業を続けるベテランの劇団員。
b藤内&バット
 

ホエールウォッチング(5)

自分でも「この企画はもう終わったろうな・・・」と思っていましたが・・・。前回より二年振りのご無沙汰です! クジラ・マニアの皆さま、大変永らくお待たせしました!!『谷根千界隈ホエールウォッチング・シリーズ』第弾をお届けします。
今回は、駒込大観音があります光源寺(文京区向丘)にてウォッチしました。『きけん 立入禁止』とあるのは、シーシェパード対策でしょうか。
ホエールウォッチング
 
何故、この時期に光源寺にクジラが現れたのか?
待てよ・・・いや、まさか。・・・たとえ、そうだとしても・・・、ええっ?!・・・いやいや。・・・
 
このクジラが、「水族館劇場」新作公演の『大仕掛けの一部』ではない・・・と、私には言い切れないのです。
 

望郷

 不忍通り沿い、本駒込図書館に隣接する文京区勤労福祉会館。1階の吹き抜けにウサギがいます。
建物の下、まなざしは遠く、天井の先を見つめています。そういえば今夜(2009/11/3)は満月でしたっけ。・・・
ふるさとは 遠きにありて 思ふもの − 室生犀星
ウサギ
 
* 昼も雨も、見上げてます。
 

白メダカと青メダカ

大観音通り沿いの和雑貨店「萌木[もえぎ]」の店頭で販売されています、白メダカと青メダカ。
めだか
 
 8月の早稲田公演『谷間の百合』(水族館劇場)以来に見たウーパールーパー(本物)もいましたよ。
 

青のビーバー

 いまだリニューアル中のコンテンツで、唯一OPENしている谷根千動物図鑑に一匹追加です。
青いビーバー

本日は桜花賞

050410_ouka.jpg 2004年10月25日撮影。
馬肥ゆる秋〜冬を越し、、、


050410_ouka1.jpg 本日、2005年4月10日。桜花賞を迎える。

ホエールウォッチング(1)

上野公園内、国立科学博物館のシロナガスクジラ像。

鯨全景

酉年。

tori052.jpg質屋おぢさんの風見鶏。

雨に濡れても

ame2.jpgだめポ、、、。

1

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち谷根千動物園カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは歴史2です。

次のカテゴリは水族館劇場です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築