ハンドメイド

Romantica* 雑貨室

ロマンチカ雑貨室 六阿弥陀道沿い、岡倉天心記念公園斜め前。乙女心をくすぐるセレクト&ハンドメイド雑貨の店「Romantica* 雑貨室[ロマンチカ ざっかしつ]」です。(OPEN: 2011.5.2〜)
オーナーのアラカワさんは、「あいうの本棚」として、友人らと「不忍ブックストリートの一箱古本市」への参加や、根津のgallery okarina Bでの展示会にも参加されていました。「Romantica* 雑貨室」は、八丁堀の知人のアトリエの一角を借りての「Atelier Huit et Romantica*雑貨室」を経て、待望の谷中でのショップオープンとなりました。

白を基調にした外観と内装、色とりどりのガラスのおはじきが嵌め込まれた三和土。甘いパステルカラーのアクセサリーやガーリーな雑貨。
ロマンチカ雑貨室 Romantica* 雑貨室
 
Romantica* 雑貨室
 
Romantica* 雑貨室[ロマンチカ雑貨室]
<http://www.romantica-zakka.com/>
営業時間: 12:00 - 18:30
定休日: 不定休(ブログにて確認下さい。)
住所: 台東区谷中 3-6-14
Romantica* 雑貨室
 

めぐちゃんの帽子屋さん

夕やけだんだん上、休業中の「深圳[しんせん]」前で開催されています日替わり青空市「深圳プロジェクト」に、『めぐちゃんの帽子屋さん』が出店しました。めぐちゃんは 十年も前に「古書ほうろう」で写真展を開催もしている多才な女性ですが、お子さんの誕生をきっかけに帽子作りを始めました。子供用の帽子をメインに大人用の帽子も制作されますが、いずれもユニークで可愛いデザインです。写真カタログは根津のギャラリー・カフェ「りんごや」にも置かれています。
 
めぐちゃんの帽子屋さん深圳プロジェクト
<http://www.yanesen.net/topics/detail.html?id=339>
開催日: 2011年 5/8(日)
時間: 11:00頃 - 17:00頃(雨天中止)* 帽子屋は13:00 - 15:00頃
場所: 夕やけだんだん上、中華飯店「深圳[しんせん]」前
住所: 荒川区西日暮里 3-14-13
 
めぐちゃんの帽子屋
 

たそがれ堂

たそがれ堂 根津、不忍ふれあい館裏の通りに、プレ・オープンしました、てづくり雑貨の店「たそがれ堂」です。(PRE OPEN: 2011.1.13〜)
千石の「八百コーヒー」がありますビルの 3Fで、(主に西東京在住の)手づくり作家が集まり、約 5年前(八百コーヒー開店年)から年 1〜2回開催されています「いろいろ市」。その「いろいろ市」で活動されているメンバーが集まり、作品の発表と販売を兼ねた店をオープンされました。

手芸、陶芸、版画、アクセサリーなど、現在は 6名ほどの作品が展示販売されています。
黄昏堂 たそがれ堂
 
現在は不定休ですが、2011年 4月より正式オープンします。オープン後は企画展示会も始まります。
たそがれ堂 たそがれ堂
 
たそがれ堂
<http://tasogaredou.web.fc2.com/>
営業時間; 11:00 - 16:30
営業日; 木・金・土(2011年 1〜3月不定休 * ホームページでご確認下さい
住所: 文京区根津 2-21-5
たそがれ堂
 

クリコ[kuriko]


クリコ,看板東欧(ハンガリーやチェコ)の民族衣装、アンティーク雑貨・古着を中心に取り扱う「クリコ」です。(OPEN: 2010.12.24〜)
 
ハンガリーやスロバキアの古いリネン、ビンテージのフォークロア衣服、ドイツの古着やチェコの切手、キャラクター、雑貨小物を、店主が現地で集めました。
また、店主が知り合った国内の作家たちののバッグやアクセサリーも取り扱っています。


Folklore,Antique,Vintage,Handcraft...and more
クリコ
<http://kuriko.info/>
営業時間: 12:00 - 19:00
定休日: 月・火・水(祝日の場合、営業)
住所: 台東区谷中 2-9-9
 
クリコ

藍ら[aira]

藍ら 千駄木、不忍通り沿いに、四国作家の手作りのお店「藍ら[aira]」がオープンしました。(OPEN: 2010.11.7〜)
オリジナルブランド「aira」の婦人服を企画・デザインし、地元の四国(徳島県)でブティックを経営されているオーナーの真鍋さんが、四国在住の作家を紹介し、展示販売するための店を開店されました。
真鍋さんが趣味で学んでこられた藍染や織り、油絵を通して知り合われた四国の手作り作家たちの魅力ある作品を、東京で紹介されるための"アンテナ・ショップ"です。物産展などではどうしても食品を中心に紹介されがちですし、四国から離れた都内での展示会では期間も短く費用がかかります。そうした紹介されにくい、四国で作り続ける素晴らしい作家を東京に暮らす人たちへつなぐ橋渡しとしての場所として「藍ら[aira]」はオープンしました。
『流行に左右されず、飽きのこないもの。天然素材のこだわった使い易いもの。』をコンセプトに、四国の気候や風土の中で、伝統や技術を引き継いできた作品を展示販売していくそうです。

■ 藍ら[aira]
<http://www.rakuten.co.jp/ai-ra/>
営業時間: 12:00 - 19:00
定休日: 火
住所: 文京区千駄木 3-42-5
藍ら
 
---

Verb Fit[バーヴ フィット]

コンフォートシューズ 千駄木駅団子坂下交差点のそばに、オーダーメイド靴「Verb Fit[バーヴ フィット]」がオープンしました。(OPEN: 2010.10.1〜)
"コンフォートシューズ"とは、外反母趾など足のトラブルのために考慮されて作られた健康靴だそうです。柔らかい革を使用し、足の健康を優先に作られた靴ですが、「Verb Fit[バーヴ フィット]」は、機能性とともに色やデザインにもこだわり作られています。靴製造の本場・浅草で靴を作り続けられた会社ならではの豊富な素材(革)の仕入れや、永年にわたり知識や技術を培われた靴職人が、一足一足作っています。
医師の診断に基づき、採寸したメディカル・オーダーメイド シューズから、コンフォートシューズを中心に一般にも履かれるプレーンタイプのシューズまで、販売しています。

既製靴、コンフォート靴の販売と修理、保険適用整形靴(健康保険の負担額で作られる外反母趾、扁平足、O脚、X脚による問題を緩和する靴)のオーダーメイド、補修具(義足など下肢装具、車いす)の修理など健康に即した靴の製造、販売を承っています。
Verb Fit verb Fit
 
■ Verb Fit[バーヴ フィット]
営業時間: 10:00 - 20:00
定休日: 水
住所: 文京区千駄木 3-37-4
 
Verb Fit
 

開運 谷中堂

招き猫、干支小物「開運 谷中堂」が、谷中霊園入り口の通りから続く、三崎坂沿いへ移転しました。(Renewal OPEN: 2010.6.2~)
谷中堂
 
手作りの招き猫を中心とした縁起もの、干支小物を中心に取り扱っています。愛猫の写真から手作りで制作してくれる、"MY 招き猫"が人気です
■ MY招き猫(開運 谷中堂
<http://www.yanakado.com/framepage15.html>
招き猫,谷中堂
 
■ 開運 谷中堂
<http://www.yanakado.com/>
営業時間: 10:30 - 17:30
定休日: 月・火(祝日は営業)
住所: 台東区谷中 5-4-3
 
開運 谷中堂
 
---
招き猫だった・・・という訳でした。
 

森 商店[mori shouten]

森商店 気を許して歩いていたらば、ほんの数歩で通り越してしまう雑貨店。二坪に満たないスペースに、店主の森 一朗[Mori Ichiro]さんがセレクトした、若手作家の陶器やアクセサリー、雑貨などを扱う週末のみのセレクトショップ「森 商店[mori shouten]」です。(OPEN: 2010/2/7〜)
 
森さんは東京芸大に籍を置く傍ら、美術制作[Mori Ichiro]や、市田邸(NPO法人 たいとう歴史都市研究会)に於ける『続・続』展・『続・続・続』展の共同プロデュースにも関わっています。


森さんの見立てによる、若手作家のクラフトやアート作品が集められたセレクトショップです。
森商店
 
森商店■ 森 商店[mori shouten]
<http://www.morishouten.net/>
営業時間: 10:00 - 17:00
営業日: 土・日・祝 
* 平日ご来店頂く場合は、メールにてお知らせ下さい。オープン致します。
住所: 台東区谷中 6-1-27

---
クリーニング店を挟み、喫茶「谷中ボッサ」と同じ棟の二軒長屋です。
森商店
  

凸deco micro cristmas sale

凸deco[デコ]<http://royu.net/deco/>
凸 deco[デコ] 普段は完全予約制の「凸ミクロショールーム」(文京区千駄木)にて、今週と来週の週末に限り、予約なしのミクロセールを開催します。(2009年 12/5,6・12/12,13)
「凸deco」は"身に付けるアート"として、大型百貨店や有名なショップの展示会も行われ好評を得ていますが、普段はインターネットの販売を中心に販売されています。ユニークなアクセサリーブランド「凸deco」。
以前からホームページを見ていて、(写真やデザインが素晴らしいだけに)アクセサリーの持つ独創性はわかるものの、実際に自身が身に付けた時の存在感が伝わりにくく、とても惜しく思っていました。今回のミクロセールでは実際に触れられる好機会です。

 商品はすべて1点ものなので、ご注文をしていただいて会期終了後にお届けするオーダー形式が中心ですが、その場でお持ち帰りいただけるミクロプライスのものも用意しています。 ミクロショールームならではのラインナップとブローチお買い上げの方、先着 10名様にイタリア製ポーチバッグに入れてお渡しします。
 
■ 凸deco micro cristmas sale
開催: 2009年 12/5(土)、6(日)、12/12(土)、12/13(日)
時間: 14:00 - 20:00
問い合わせ: 凸deco[デコ]<http://royu.net/deco/>
凸 micro sale
 
【凸deco: プロフィール】
ミラノの美術学院卒業。ミラノでは個展、作品制作のかたわら、「ミクロコズモ」と
いう名前でネックレスや箱など小さなクラフト作品も制作。
2008年よりブローチ「deco」を落書き感覚、コンセプトまったくなしをコンセプトに
スタートし、現在もっぱらこちらにハマっている。木材のみで作るブローチをベース
に最近はアクリルとの組み合わせも試行錯誤しながら楽しんでいる。
 
---
 
* ブローチで使っている木の一つ、タモ材は「いろはに木工所」から譲ってい
ただいてる優良品+木肌の加工なども協力してもらっています。
また「金継ぎ nico[ニコ]」の「クロコ」パッケージやマニュアルレイアウト、DMなどに関わっています。
・・・といえば、凸はこの方なのですね。
 

sette[セッテ]

sette[セッテ] 人力俥「谷中 音羽屋」ガレージで週末のみオープンしていました(2007/10〜2009/9)、革鞄「sette[セッテ]」が、根津観音通りにオープンしました。(OPEN: 2009/10/10〜)
 
 店主・七條さんは美術大学卒業後、イタリアで革カバンづくりを勉強し、国内メーカーで研鑽を積まれた後、ハンドメイドの鞄屋を始められました。卸とインターネットによる販売が中心にしながら、谷根千界隈で店舗を開く夢を持ちながら、人力俥「谷中 音羽屋」へ飛び込みで交渉して、2006年の谷中芸工展に参加しました。芸工展以降も「音羽屋」の協力で、ガレージを臨時ショップとして間借りし、オープンしていました。その間も時間を見つけては物件を探し歩き、この度めでたく、根津に鞄の工房&ショップ「sette[セッテ]」が開店しました。

商品は鞄を中心に革小物(財布・パスケース・ストラップ etc.)を取り扱っています。
バッグや革小物は、サンプルからデザイン・革・糸を選んで頂き、約 1〜2ヶ月の制作期間で納品されます。
革小物 革小物

 
■ sette[セッテ]
<http://www.sette.jp/>
営業時間: 13:00 - 18:00
営業日: 金・土・日・祝
住所: 文京区根津 2-22-9
sette店内

1  2  3  4  5

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちハンドメイドカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは家具・食器です。

次のカテゴリは古道具・リサイクルです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築