ファッション

caikot* moved from Nezu to Yanaka.

caikot ドイツ、オーストリアなどで店主が買い付けてきたヨーロッパ古着とビンテージアクセサリーを取り扱う「caikot*[かいこ]」が、根津から谷中へと移転しました。(OPEN: 2011.3.17〜)
東北大震災の後、少なからぬ家屋の被害から家主の判断で caikot*の店舗は解体されることに決まりました。店主のべこさんは退出期限までの少ない期間に、谷根千界隈に新たな物件探しに奔走しました。新たな店舗は「GalleryJin[ギャラリー人]」が在った場所。べこさんとギャラリーJinのオーナーとはギャラリーが吉祥寺にあった頃からの顔なじみだそうですが、同じ土地へ移転しての新旧オーナーになるとは、ひとのつながりの不思議さを感じます。
新たな「caikot*」の内装を相談され、手がけられたのは、ナカニシ ミチヤさん。落ち着いた白とピーコックグリーンで、やわらかな空間に作り上げられています。


オープン。これから、よろしくおねがいします。かいこにっき
<http://diary.caikot.com/?eid=1286006>
caikot caikot
 
caikot*[かいこ]
<http://www.caikot.com/>
営業時間: 12:00 - 19:00
定休日: 水
住所: 台東区谷中 2-5-22
 
デリシャスウィートス
 

めぐちゃんの帽子屋さん

夕やけだんだん上、休業中の「深圳[しんせん]」前で開催されています日替わり青空市「深圳プロジェクト」に、『めぐちゃんの帽子屋さん』が出店しました。めぐちゃんは 十年も前に「古書ほうろう」で写真展を開催もしている多才な女性ですが、お子さんの誕生をきっかけに帽子作りを始めました。子供用の帽子をメインに大人用の帽子も制作されますが、いずれもユニークで可愛いデザインです。写真カタログは根津のギャラリー・カフェ「りんごや」にも置かれています。
 
めぐちゃんの帽子屋さん深圳プロジェクト
<http://www.yanesen.net/topics/detail.html?id=339>
開催日: 2011年 5/8(日)
時間: 11:00頃 - 17:00頃(雨天中止)* 帽子屋は13:00 - 15:00頃
場所: 夕やけだんだん上、中華飯店「深圳[しんせん]」前
住所: 荒川区西日暮里 3-14-13
 
めぐちゃんの帽子屋
 

nakamura 谷中(東京都台東区)より移転されました、オリジナル靴・サンダル製造「nakamura Original Shoes and Sandals」の新店舗が江北(東京都足立区)にオープンしました。(OPEN: 2011.3.3〜)
谷根千界隈からですと、日暮里駅から「日暮里・舎人ライナー」へ乗り、約 15分。「江北」駅下車、西口南側より徒歩 2分の場所にあります。

1Fが工房、左側の扉を開けて階段を上った 2Fが「shop nakamura」です。
shop nakamura
 
内装は、以前と同じ什器を使用し、谷中店の雰囲気を残しながらも、より洗練されていました。
内装工事にあたっては、nakamuraさんが実店舗をオープンされる以前から展示会などでお世話になっていました、西荻窪(東京都杉並区)の骨董&陶器「魯山[ROZAN]」オーナー・大嶌文彦[おおしまふみひこ]さんと相談しながらつくられたそうです。
nakamura サンダル,nakamura
 
ソックス スリッポン
 
1Fの作業場と 2Fのショップが一箇所になったため、以前よりも無駄な時間が減り、お客さまへの対応にしても、靴づくりに関しても、より迅速な対応かつ丁寧な作業が出来るようになられたようです。
nakamura
 
Atelier & shop nakamura■ shop nakamura ─ Original Shoes and Sandals ─
<http://www.nakamurashoes.com/>
営業時間: 10:00 - 18:00
定休日: 月・火(祝日の場合は営業)
住所: 足立区江北 4-5-4 2F
--
電車: 日暮里・舎人ライナー「江北」駅下車、江北駅西口南側より徒歩 2分
バス: 都営バス「王40甲」江北四丁目下車 1分(王子駅〜)

藍ら[aira]

藍ら 千駄木、不忍通り沿いに、四国作家の手作りのお店「藍ら[aira]」がオープンしました。(OPEN: 2010.11.7〜)
オリジナルブランド「aira」の婦人服を企画・デザインし、地元の四国(徳島県)でブティックを経営されているオーナーの真鍋さんが、四国在住の作家を紹介し、展示販売するための店を開店されました。
真鍋さんが趣味で学んでこられた藍染や織り、油絵を通して知り合われた四国の手作り作家たちの魅力ある作品を、東京で紹介されるための"アンテナ・ショップ"です。物産展などではどうしても食品を中心に紹介されがちですし、四国から離れた都内での展示会では期間も短く費用がかかります。そうした紹介されにくい、四国で作り続ける素晴らしい作家を東京に暮らす人たちへつなぐ橋渡しとしての場所として「藍ら[aira]」はオープンしました。
『流行に左右されず、飽きのこないもの。天然素材のこだわった使い易いもの。』をコンセプトに、四国の気候や風土の中で、伝統や技術を引き継いできた作品を展示販売していくそうです。

■ 藍ら[aira]
<http://www.rakuten.co.jp/ai-ra/>
営業時間: 12:00 - 19:00
定休日: 火
住所: 文京区千駄木 3-42-5
藍ら
 
---

日乃本帆布 米沢市(山形県)に工房を持ち、帆布製の鞄や小物・雑貨を企画・制作されている『帆布 牛や[GYUYA]』の直営店「日乃本帆布[ひのもとはんぷ]」がオープンしました。(OPEN: 2010.8.20〜)
帆布 牛や[GYUYA]」は、米沢店(山形県)、新宿店(東京都新宿区)がある他、全国の期間限定ショップを展開していますが、谷中「日乃本帆布[ひのもとはんぷ]」では、『帆布 牛や[GYUYA]』以外の帆布オリジナル商品の展示会を企画しています。

日乃本帆布
 
牛や,GYUYA『帆布 牛や[GYUYA]』の帆布は岡山県で作られるオリジナルの帆布だそうです。とにかく丈夫で、一般の帆布より縦糸を多く使用し、"ドラゴン防水"と呼ばれる加工が施されています。生地の硬さゆえ、かなづちで叩き、生地を曲げるほどだそうです。(Link:>>「牛や」のこだわり
ファッション用品というよりも、工業用製品としての作りの頑丈さや丁寧さを兼ね備えながら、町歩きにも使用できるさうな様々なアイテムが作られています。
カバン・バッグ・ポーチなど約 30型。ほかに帆布製のジャケット、スタジアムジャンパー、帽子などの衣料も取り扱っています。

日乃本帆布 GYUYA
 
日乃本帆布[ひのもとはんぷ]
帆布 牛や[GYUYA]<http://gyuya.co.jp/>
営業時間: 11:00 - 19:30
定休日: 無休(年末年始除く)
住所: 台東区谷中 3-1-5 B1-102
* 三崎坂沿い、「いせ辰」はす向かい
 
日乃本帆布
 

今年初め(Renewal Open: 2010.1.31~)、七面坂から谷中銀座へショップを移転しました、戦う Tシャツ屋「伊藤製作所」です。
 
■ 戦う Tシャツ屋 伊藤製作所
<http://www.ito51.net/>
営業時間: 12:00頃 - 17:00頃
営業日: 土・日・祝
住所: 台東区谷中 3-11-14
 
戦うTシャツ屋「伊藤製作所」
 

谷中古着堂

谷中古着堂がよみせ通り沿いに移転してリニューアル・オープンしました。(OPEN: 2009/9/29〜)
 
■ 谷中古着堂
http://ameblo.jp/yanakafurugido/
営業時間: 11:00-19:00
定休日: 不定休
住所: 台東区谷中 3-13-7
谷中古着堂
 
商品は、にアメリカ西海岸(L.A.)のブランドを取扱っています。アメリカン・カジュアルからセクシーなマキシドレスなど女性ものが中心ですが、男性ものも少し取り扱っています。アクセサリー、小物類も充実しています。
Betsey Johnson[ベッツィ ジョンソン]、BCBG[ベーセーベージェー]、Vivienne Tam[ヴィヴィアン・タム]、MORGAN[モルガン]、T-Bagsなど。
 
「谷中古着堂」の新店舗を空間プロデュースされたのは、谷中〜根津の英国アンティーク家具&雑貨「Serendipity[セレンディピティ]」の島崎さん。たくさんの古着のなか、店内の家具や調度品は、英国アンティーク家具で統一されて、ゴージャス感が増しました。
谷中古着堂
 

谷中古着堂

【追記:2009/9、よみせ通り沿いに移転しました。】

古着堂 よみせ通りの美味しいベーカリー「ラ・スール・リマーレ」伝いの路地奥(側面)に、約二週のプレ・オープンを経て、古着・ヴィンテージドレス「谷中古着堂」がオープンしました。(OPEN: 2009/7/6〜)
主にアメリカ西海岸(L.A.)のブランドを取扱っています。アメリカン・カジュアルからセクシーなマキシドレスなど女性ものが中心ですが、男性ものも少し取り扱っています。
Betsey Johnson[ベッツィ ジョンソン]、BCBG[ベーセーベージェー]、Vivienne Tam[ヴィヴィアン・タム]、MORGAN[モルガン]、T-Bagsなど。


■ 谷中古着堂
http://ameblo.jp/yanakafurugido/
営業時間: 12:00-19:00 / 土・日: 11:00 - 18:00)
定休日: 不定
住所: 台東区谷中 3-13-9
(Google)
* よみせ通り「ラ・スール・リマーレ」横
谷中古着堂
ちなみに「谷中古着堂」のアンティーク風・看板照明は、谷根千界隈のイベントでもお馴染み、ステンドグラス工房「時屋」(豊島区雑司ヶ谷)制作です。
 

Shanbara[シャンバラ]

Shanbara "Shanbara = シャンバラ"とは、チベット語で"理想の楽園"という意味ですが、「Shanbara[シャンバラ]」は、中国(上海[シャンハイ])の人気ブランド「金枝玉叶[ジンジユゥイェ]」を取り扱う、中国服「Shanbara[シャンバラ]」東京店が今春、根津にオープンしました。(OPEN: 2009/4〜)
「Shanbara[シャンバラ]」は広島(広島堺町)で営業していましたが、2009年 4月に東京店として根津に店舗を開店しました。中国雑貨も一部扱いますが、上海を本拠に中国で展開されています人気のファッションブランド「金枝玉叶[ジンジユゥイェ]」の商品をメインで取り扱っています。(日本で「金枝玉叶[ジンジユゥイェ]」を取り扱うのは、ここ「Shanbara[シャンバラ]」だけだそうです。)


Shanbara[シャンバラ] 東京店
<http://shanbara-shop.jugem.jp/>
時間: 11:00-19:30
定休日: 日
住所: 文京区根津 2-11-3
(Google)
* 不忍通り沿い
東京メトロ 千代田線「根津」駅 2番出口・徒歩 2分
シャンバラ
---

 

藍空[あいぞら]

 ネパールに生活の拠点を置かれている渡辺 香織[わたなべ かおり]さんによる、オリジナル・デザインのお店「藍空[あいぞら]」千石店が新装開店しました。(OPEN: 2009/5/30〜)
藍空千石店

 
■ 藍空[あいぞら]千石店
営業時間: 12:00 - 19:00
営業日: 金・土・日
住所: 文京区千石 3-41-13(Google)
都営 三田線「千石」駅下車 徒歩 5分
JR 山手線「巣鴨」駅下車徒歩 12分
---
オンラインショップ: Aizora <http://www.aizora.com/>

1  2  3  4  5  6

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちファッションカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはジュエリー・アクセサリーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築