家具・食器

ツバメハウス

ツバメハウス 国内外の新しい文具や雑貨、アンティーク雑貨、ヨーロッパの絵本、服や小物などを集めたセレクト雑貨「ツバメハウス」がオープンしました。(OPEN: 2011.2.25〜)
オーナーは、イラストレーターであり、アンティークショップ「BISCUIT[ビスケット]」のオーナーでもあるたけわき まさみさんです。「ツバメハウス」は「BISCUIT[ビスケット]」の姉妹店になります。

ツバメハウス
営業時間: 12:00 - 18:00(夏期)
定休日: 水
住所: 台東区谷中 2-15-13
ツバメハウス ツバメハウス
 
「BISCUIT」谷中店はアンティーク雑貨の中でも手芸中心に、「BISCUIT」根津店はアンティークの人形中心に置かれています。「ツバメハウス」では、「BISCUIT」谷中店で取り扱っていたヨーロッパの絵本や、たけわきさんが個人で集められた蔵書などの古本を中心に、アンティークのキッチュな雑貨やぬいぐるみが置かれています。また国内外からセレクトした日用雑貨や文房具、ファッション洋品(ウエア、アクセサリーなど)、キッチン&テーブルウェアなどが並びます。たけわき まさみさんの遊び心と洒落たセンスが詰まったショップです。
ツバメハウス ツバメハウス

東京キッチュ

東京キッチュ 粋(和もの)と笑い(ユニーク)をテーマに企画・制作されたおもしろ雑貨を集めたインターネット限定のオンラインショップ、東京のお土産や「東京キッチュ」が、西日暮里に実店舗をオープンしました。(OPEN: 2010.9.1〜)
暗渠化された谷田川(藍染川)を北に沿っていくと、「よみせ通り」から「道灌山通り」を挟んで「谷田川通り」へと呼び名が変わっていきます。よみせ通り北端から約 300mほど谷田川通りへ進むと「東京キッチュ」があります。

取扱い商品は「東京キッチュ >> インターネットショップ」に詳しいですが、商品の解説を伺うと、どれも笑わずにいられないユーモアに富んだグッズでした。「外国人が誤ったイメージで作ってしまった日本グッズ」とか「起き上がりこぼし人形からインスピレーションを得た達磨の花瓶」とか、へんてこなグッズの実物を、店舗では直接見たり、触ったり、嗅いだりできるんです。ほぼ週末限定(カレンダーで確認下さい)ですが、商品が気にになりましたら、一度足をお運び下さい。
東京キッチュ 東京キッチュ
 
■ 東京のお土産や[TOKYO SOUVENIR SHOP]東京キッチュ
<http://www.tokyokitsch.com/jp/>
営業時間: 13:00 - 19:00 *不定(最新の営業日時はカレンダーにて確認下さい。
営業日: 土・日・祝 *不定(最新の営業日時はカレンダーにて確認下さい。
店舗案内&カレンダー: <http://www.tokyokitsch.com/shop/index.php?main_page=page&id=13>
住所: 荒川区西日暮里 4-27-7
 

 

汐花 SEKKA • BORDERLESS SPACE

汐花 藍染川を暗渠化した通り沿い、南青山から移転して根津にリニューアル・オープンしました、器とギャラリー「汐花[せっか] SEKKA • BORDERLESS SPACE」です。(OPEN: 2010.9.10〜)
細長い店内は、片方には現代作家の陶芸家による器や雑器などを展示・販売しています。もう片方のスペースと、奥にははギャラリー・スペースがあります。
SEKKA
 
陶芸■ 汐花 SEKKA • BORDERLESS SPACE
<http://www.sekka-jp.com/>
営業時間: 11:30 - 18:30
定休日: 月
住所: 文京区根津 2-24-3

汐花,sekka
 

明六つ

風鈴 団子坂に 36年あった、古民藝「明六つ」が、根津に移転しました。(2010.2.4.12〜)
今年初めから店主が自転車で何度も往来しては商品を運ばれる姿を良く目にしました。団子坂の店舗を片付け、ようやく新しい店舗が落ち着いた 4月の大安を選び、根津で再オープンされました。"古民藝"は骨董というよりは古道具。くらしに使える古い食器や時計、照明、置物など所狭しと並んでいます。いわゆる"いま風"のとは違う昔ながらの骨董屋です。ですから他とは違った自分だけの掘り出し物を探したければ、「明六つ」は、とても面白い古道具屋だと思います。

関連リンク:
■ おとなりさん(かいこにっき
<http://diary.caikot.com/?eid=1220257>
明六つ
 
■ 明六つ[あけむつ]
 
営業時間:
日〜金: 11:30 - 17:00
  土: 15:00 - 17:00
住所: 文京区根津 2-5-9
東京メトロ 千代田線「根津」駅 2番出口より徒歩 1分)
お問い合わせ: 03-3827-7201
 
明六つ
 

森 商店[mori shouten]

森商店 気を許して歩いていたらば、ほんの数歩で通り越してしまう雑貨店。二坪に満たないスペースに、店主の森 一朗[Mori Ichiro]さんがセレクトした、若手作家の陶器やアクセサリー、雑貨などを扱う週末のみのセレクトショップ「森 商店[mori shouten]」です。(OPEN: 2010/2/7〜)
 
森さんは東京芸大に籍を置く傍ら、美術制作[Mori Ichiro]や、市田邸(NPO法人 たいとう歴史都市研究会)に於ける『続・続』展・『続・続・続』展の共同プロデュースにも関わっています。


森さんの見立てによる、若手作家のクラフトやアート作品が集められたセレクトショップです。
森商店
 
森商店■ 森 商店[mori shouten]
<http://www.morishouten.net/>
営業時間: 10:00 - 17:00
営業日: 土・日・祝 
* 平日ご来店頂く場合は、メールにてお知らせ下さい。オープン致します。
住所: 台東区谷中 6-1-27

---
クリーニング店を挟み、喫茶「谷中ボッサ」と同じ棟の二軒長屋です。
森商店
  

谷中 松野屋

夕やけだんだんの上に、暮らしの道具「谷中 松野屋」がオープンしました。(OPEN: 2010/1/13〜)

夕やけだんだん籠に
ゴム長
ざる
バケツ、
ほうき
黒板
杓子に
束子。
 
暮らしの道具
谷中 松野屋



松野屋」は日本橋馬喰町で、籠をはじめとする道具・雑貨の卸問屋です。
nuicoto[ヌイコト]」は松野屋を経営される松野さんの奥様が、長年住んでいた谷中の近くで、ご自身が続けられる『ぬうこと・あむこと』をコンセプトに、松野屋の道具のほかに、自作の編み物や、手作り作家たちの作品を展示・販売される場でもありました。
この度、店舗を改装して、暮らしの雑貨や道具、アクセサリーなどをより充実させて、「nuicoto[ヌイコト]」(ぬうことあむこと)から「谷中 松野屋」へ、リニューアル・オープンしました。
 
ゆうやけだんだん
  
■ 谷中 松野屋
松野屋 <http://www.matsunoya.jp/>
営業時間: 12:00 - 19:00
定休日: 月・火(祝日は営業)
住所; 荒川区西日暮里 3-14-14
谷中松野屋
 

古道具 豆子室

豆子室 今夏、根津観音通りから谷中・六阿弥陀道沿いに移転しました「BROCANTE 古道具 豆子[まめこ]」改め、「古道具 豆子室[まめこしつ]」がオープンしました。(2009/9/2〜)
「豆子室は何処ですか?」と訊かれたら、こう答えます。
「大使館の隣だよ。」と。
六阿弥陀道[ろくあみだみち]沿い、岡倉天心記念公園と蛍坂の間にある大使館の隣です。古道具屋の場所を説明するのに、"六阿弥陀道"とか、"岡倉天心"とか、"蛍坂"とか、"大使館となり"とか、やけに大仰な名前が並んでしまう訳です。これは骨董屋にとって"地の利"ではないでしょうか。

■ 古道具 豆子室[まめこしつ]
<http://www.mameinko.org/>
営業時間: 12:00 - 18:00
定休日: 月・火・金
住所: 台東区谷中 3-6-14

豆子室

SLOW[スロウ]

SLOW 千駄木から谷中へ伸びる三崎坂沿いに、CRAFT & BROCANTE「SLOW[スロウ]」がオープンしました。(OPEN: 2009/7/7〜)
静かでシンプルな店内には、味わい深い古道具、作家の手による陶器やガラス器、店主が作るバッグなどの布雑貨が並びます。

陶器 ガラス器
 
なべつかみ 木工

 
SLOW[スロウ]
 
営業時間: 12:00-18:00
定休日: 日・月
電話/FAX: 03-3823-2366
住所: 台東区谷中 5-4-12(Google)
SLOW

 根津観音通り沿い、英国アンティーク家具&カフェ「Serendipity[セレンディピティ]」です。
セレンディピティ


英国アンティーク家具をメインに、アンティーク雑貨や、地元在住の作家によるアクセサリー「zarit」が置かれています。
Serendipity店内


この英国アンティーク家具でコーヒーや紅茶が飲めるのですが、この店のお勧めは、自家製シュークリーム!
機械や添加物を一切使わずに店主が作るシュークリームは、一日最高でも 32個しか作ることが出来ない"幻の"シュークリームです。甘さは抑えめで、とても風味があります。
シュークリーム

■ 英国アンティーク家具&カフェ Serendipity[セレンディピティ]
http://www.serendipity-shimazaki.com/

営業時間: 11:00 - 18:00(日曜: 14:00 - ) 冬期は - 17:30まで
定休日: 月曜

シュークリーム: 300円
コーヒー・紅茶・その他ソフトドリンク: 380円
シュークリームセット(ドリンク付): 600円
ビール(小瓶): 600円






【追記: 2008/2/18】
Serendipity[セレンディピティ]」は 2008/1/14を以て、閉店しました。

金継ぎ nico

nico看板 根津「丁子屋」の向かいの路地を入った場所に、「金継[きんつ]nico[にこ]」があります。
"金継[きんつ]ぎ"とは、欠けたり割れたりした陶磁器を、漆で接着し、接合部を金であしらった日本古来の修復技術です。「金継ぎ nico」では、金継ぎの技術による、陶磁器の修復作業、オリジナル修理キットの販売をしています。


金継ぎnico

普段は工房のため開いていませんが、谷中芸工展や不定期の土曜日(ホームページにてお知らせ)に開放され、金継ぎの技法の解説や相談、修理セットの購入が出来ます。また時々、何らかの事情で修復途中に不要になってしまった陶器も販売されます。で余ったそれ以外の訪問は事前に予約をされた方のみになります。


■ 金継ぎnico ブログ(金継ぎnico
http://www.cafeblo.com/knico/

不定期の土曜日にアトリエを開放しています。ホームページ、またはブログにてご確認下さい。

1  2

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち家具・食器カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは雑貨・小物です。

次のカテゴリはハンドメイドです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築