店舗

バンバンバザール

大観音通りのディスカウントショップ「バンバンバザール」です。(OPEN:1986〜)本来は「パピヨン」という会社名だったのですが、文京区で「パピヨン」は使用されていたために、店名は"バザール(市場)よろしく、安くていい商品をバンバン売っていくゼ!"の意味を込めて「バンバンバザール」と名付けられたとか。後にこの店名由来の音楽バンドも誕生しました。大銀ストアとともに大観音通りに必要欠くべからざるミニ・スーパーです。
バンバンバザール
 
バンバンバザール
住所: 文京区向丘 2-35-1
 

http://www.tokyobike.com/トーキョーバイクギャラリー[TOKYOBIKE GALLERY]」がリニューアルオープンしました。(RENEWAL OPEN: 2009/7/11〜)
これまでショールーム兼オフィスであった「トーキョーバイクギャラリー」を全面リニューアルし、ショップとして生まれ変わりました。トーキョーバイクの販売・修理のほか、トーキョーバイクのスタッフがセレクトした、生活雑貨やアウトドア・グッズなど取り揃えて、"トーキョーバイクのある、気持ちよい生活"を提案していきます。
・・・また、試乗(レンタル・バイク)もシステムを変更し、より借りやすくなりました。

■ トーキョーバイクギャラリー(TOKYOBIKE.COM)
http://www.tokyobike.com/
営業時間:
4月〜10月
平日: 12:00 - 19:00 / 土・日・祝: 11:00 - 19:00
11月〜3月
平日: 12:00 - 18:00 / 土・日・祝: 11:00 - 18:00
定休日: 水・第 3木曜
* 水曜が祝日の場合、営業。翌日が休みになります。
住所: 台東区谷中 1-5-11
東京メトロ「根津」駅 1番出口下車 徒歩3分
言問通り(善光寺坂)沿い
トーキョーバイク
関連リンク:
■ あづさの自転車日記
http://jitensha.exblog.jp/

 不忍通り沿いにあります「志田フォトオーディオ」です。志田カメラ店は「志田フォト」と普段は呼ばれますが、店名は「志田フォトオーディオ」が正しいようです。池之端児童遊園とは目と鼻の先にあります。


志田フォトオーディオ


 店内脇には都電のフォトアルバムが閲覧できるようになっています。都電のフォトアルバムは、かつて千駄木在住だった都電写真の収集家が、大勢の都電ファンに見て欲しいから、との思いから、都電 20系・池之端七軒町停留所前(その後、交通事情から池之端児童遊園の場所に停留所が移動しました)であった、志田フォトオーディオにフォトアルバムを預けられました。
都電アルバム


 都電全般の写真が収集されていますが、ご当地である 20系の写真も多くありました。たとえば「八重垣食堂」や、不忍通り拡張工事で一部を壊される以前の「はん亭」。そして「両山堂印刷本社(現 光画館)」など。

大売り出し

お隣が「青空洋品店」の時も、「Leprotto(レプロット)」に代わっても。そして、もっとずっと以前から変わらずに不定期で大売り出しをする牛乳屋のおじさん。
牛乳屋


牛乳、プリン、ヨーグルト。店頭に椅子を出して腰掛けて、ラジオのボリュームを上げて、道行く人を眺めます。
「昨日(日曜日)のように、大勢人が歩かれる時に販売したら儲かるのではないですか?」と伺うと、
「観光客は眺めるだけで買っていかないよ。」と答えられました。

眺めるだけで近寄り難いのは、ラジオのボリュームが大きいせいではないでしょうか、牛乳屋のおじさん...。

【追記: 2009/7/14】
2009年 7月 11日(土)~ リニューアル・オープンしました。
>> http://yanesen.urouro.org/2009/07/post09071404.html
 
Tokyobikecom 言問通り沿い、善光寺坂中腹にあります「トーキョーバイクギャラリー」です。「トーキョーバイクギャラリー」は、tokyobike.comが取り扱う商品(自転車)のショールーム(ギャラリー)&オフィスです。週末や休日には試乗を兼ねてのレンタルサイクルのサービスを行っています。
販売や修理はしていません。購入はインターネットによる通信販売及び、取扱いショップ(オッシュマンズ、東急ハンズなど)からになります。
谷中は坂が多いのですが、一日であちこち見て回りたいなら自転車は便利ですよー。上野公園や東京大学・本郷キャンパスも、行けちゃいますしね。


トーキョーバイクギャラリー

■ トーキョーバイクギャラリー(TOKYOBIKE.COM)
http://www.tokyobike.com/

※ 自転車の修理・販売は行っていません。

□ レンタルサイクル: 3時間 500円
※ 貸出時に身分証明書と保証金 5,000円が必要です。保証金は返却時にお返しします。

営業日: 土・日・祝日
営業時間: 11:00 - 18:00

関連リンク:
■ あづさの自転車日記
http://jitensha.exblog.jp/

石井はきもの店の看板

石井履きもの店 言問通り沿い、善光寺坂下に「石井履物店」があります。昔から看板がなく、昨年頃から明かりも消え、店を閉じられたのか、と思っていました。ここ最近、紙に書かれた、“かわいい看板”が貼られ、目を惹かれました。藝大の近所と言うこともあり、はじめ芸大生の知り合いに頼まれたのかとも思いましたが、近付いてよく見ると、下書きの跡などが見えて拙いけれど丁寧に描かれ、とても優しく暖かな印象を覚えました。そこで、絵を描かれた人物がどうしても知りたくなって、ご店主にお話を聞かせていただきました。


石井履物店

金継ぎ nico

nico看板 根津「丁子屋」の向かいの路地を入った場所に、「金継[きんつ]nico[にこ]」があります。
"金継[きんつ]ぎ"とは、欠けたり割れたりした陶磁器を、漆で接着し、接合部を金であしらった日本古来の修復技術です。「金継ぎ nico」では、金継ぎの技術による、陶磁器の修復作業、オリジナル修理キットの販売をしています。


金継ぎnico

普段は工房のため開いていませんが、谷中芸工展や不定期の土曜日(ホームページにてお知らせ)に開放され、金継ぎの技法の解説や相談、修理セットの購入が出来ます。また時々、何らかの事情で修復途中に不要になってしまった陶器も販売されます。で余ったそれ以外の訪問は事前に予約をされた方のみになります。


■ 金継ぎnico ブログ(金継ぎnico
http://www.cafeblo.com/knico/

不定期の土曜日にアトリエを開放しています。ホームページ、またはブログにてご確認下さい。

早起きメンチ

 谷中で一番数多く雑誌や TV、ブログなどで取り上げられる食品は、「肉のスズキ」の"元気メンチカツ"ではないでしょうか。"元気メンチカツ"の旨さの理由は、何も松阪牛を使用した素材だけではありません。AM 4:00、「肉のスズキ」のご主人は休業日以外は冬の日も夏の日も、谷中銀座商店街の中でどこよりも早く店を開け、材料の仕込みを始めていますから手の抜きようがありません。何よりスズキのご主人が元気でいるからこそ、の"元気メンチカツ"です。
元気メンチカツ


■ 肉のスズキ(谷中銀座商店街振興組合
http://www.yanakaginza.com/koten/suzuki/

肉のスズキ

マネキン猫

戸田文具店。
戸田文具店


 オモチャが並ぶショーウィンドウの下段には、アンニュイな眼差しを投げかけるマネキンがいました。(ショーウィンドウに佇むだけで、商品を身につけてはいないので本当は「マネキン(マヌカン)」ではありません...悪しからず。)
 

サイタ質店

 根津にサイタ質店が創業したのは明治 40年(1907)。現在の店主は三代目。根津で開業される以前は、江戸時代から巣鴨で代々、質店をしていたという生粋の質屋さんです。創業以来の建物は、震災を耐え戦災を何とかやり過ごし、やや歪みながらも手入れは行き届き、現在も現役で立派に建ち続けています。
サイタ質店

1  2

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち店舗カテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築