寺・西日暮里

紅白

日暮里駅から谷中方面へ、ゆるやかに御殿坂が伸びています。坂の右手に本行寺があります。本行寺には墓地内に大きなしだれ桜があります。
本行寺のしだれ桜
 
散り始めるこぶしの花と、しだれ桜。
本行寺
 

経王寺の藤

経王寺[きょうおうじ]、本堂脇の[ふじ]。背景には日暮里駅東口に次々と建つ高層ビル。
経王寺の藤

音羽屋のミーちゃん

御殿坂上の桜も8~9分咲きです。桜の下の人力俥「音羽屋」さんも稼ぎ時ですね。10分 1,000円から、坂の多い谷根千界隈を走ってくれます。
御殿坂


現在は常駐されている俥夫は、男女二名います。陽も暖かくなって、昨日今日は稼ぎ頭のミーちゃんも、文さんの俥で出勤していました。
ミー


人見知りしないミーちゃんですが、久し振りの二日連続出勤とあって、夕刻に訪れたときには、ちょっぴりお疲れモードでありました。

柘榴

 谷中で"ざくろ"と言えば、現在では誰もがペルシャ&トルコ料理店「ZAKURO」を思い浮かべます。
 咲き誇る、谷中・養福寺の夾竹桃の隣で、やや影が薄くなってしまった"ざくろ"の花です。
柘榴の花


ザクロとJR

敷石を染めるもの

 養福寺の敷石。例年、街のあちこちの敷石やアスファルトを染めるもの。
敷石


 養福寺は桜が美しいお寺です。そう、多くの敷石を染める木の実の正体は"ダークチェリー"、さくらんぼでした。
さくらんぼ

鉄道路線と夾竹桃 (2)

 JRに面した養福寺裏に、枝葉を延ばし咲き誇る紅い夾竹桃[きょうちくとう]が鮮やかです。
養福寺とJR

本行寺の築地塀

 JR日暮里駅から谷中へ上る御殿坂の途中、西日暮里・本行寺の駐車スペースに面した、およそ 10mほどの築地塀です。
07052300.jpg


 2006年に修復工事が行われています。漆喰で塗り固められた白い外壁が際立っているのはそのためです。谷中・観音寺の築地塀も元は、このように白かったのでしょう(観音寺の築地塀にも、白かったのでは?と思わせる痕跡があります)。
07052301.jpg

六地蔵第三番

 諏方神社すぐ横にある浄光寺境内の東都六地蔵第三番です。
浄光寺門前

不倒

 延命院に入るとすぐ横に大きな椎の木が目に入ります。
延命院と椎の木


延命院のシイ
 
 シイはブナ科に属し、ニッポンの照葉樹林の尤も中心となる常緑高木である堅果(実)は、渋みがなく、やや透明な白色で食用となり、また庭園樹としても広く利用されている。
 延命院のシイは、天保 7年(1836)開板の『江戸名所図会』巻五の『日暮里惣図」に、現在地と思われる位置に本樹の全容が描かれていて、当時から地域の人々に親しまれた老樹であることが窺われる。
 かつては幹周り 5.5メートル(平成 9年調べ)の巨樹だったが、平成 14年(2002)5月に幹内部の腐朽が原因で南側の大枝が崩落し、安全のため現在の樹形に保っている。

 昭和 15年 3月 31日   東京都教育委員会

所在地: 西日暮里 3-10-1 
指定: 都指定天然記念物(昭和 5年 5月)


以前はこの倍近くの枝葉がありました。
椎の木

日蓮宗 宝珠山 延命院

 延命院門前のサツキは、赤(濃いピンク)一色です。
延命院のツツジ

1  2

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち寺・西日暮里カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは寺 - 谷中です。

次のカテゴリは寺・池之端です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築