寛永寺・子院

春風駘蕩

上野寛永寺、根本中堂。
寛永寺幼稚園、入園式の後でしょうか、桜散る境内を子供たちが駆けていきました。
春風駘蕩
 
春風駘蕩
 

 


尾形 乾山[おがた けんざん] 墓碑・乾山深省蹟[けんざんしんせいせき]
台東区上野桜木 1-14-11
 
 尾形乾山は、琳派の創始者である画家・尾形光琳の弟である。寛文 3年(1663)京都で生まれた。乾山のほか、深省・逃禅・習静堂・尚古斎・霊海・紫翠の別号がある。画業のほかにも書・茶をよくし、特に作陶は有名で、正徳・享保年間(1711~1735)、輪王寺宮公寛法親王に従って江戸に下り、入谷に窯を開き、その作品は「入谷乾山」と呼ばれた。
 寛保三年(1743)81歳で没し、下谷坂本の善養寺に葬られた。しかし、月日の経過につれ、乾山の墓の存在自体も忘れ去られてしまい、光琳の画風を慕う酒井抱一の手によって探り当てられ、文政 6年(1823)、顕彰碑である「乾山深省蹟」が建てられた。抱一は江戸琳派の中心人物で、文化 12年(1815)に光琳百回忌を営み、『光琳百図』『尾形流略印譜』を刊行、文政二年には光琳の墓所を整備するなど積極的に尾形兄弟の顕彰に努めた人物である。墓碑及び「乾山深省蹟」は、上野駅拡張のため移転した善養寺(現・豊島区西巣鴨 4-8-25)内に現存し、東京都旧跡に指定されている。
 当寛永寺境内の二つの碑は、昭和 7年(1932)、その足跡が無くなることを惜しむ有志により復元建立されたものである。その経緯は、墓碑に刻まれ、それによると現・善養寺碑は、明治末の善養寺移転に際し、両碑共に当時鴬谷にあった国華倶楽部の庭へ、大正 10年(1921)には公寛法親王との縁により寛永寺境内に、その後、西巣鴨の善養寺へと、三たび移転を重ねたとある。なお、入谷ロータリーの一隅に「入谷乾山窯元碑」がある。

 
尾形乾山墓碑・乾山深省蹟

 
 正保 4年(1647)に後水尾天皇の第 3皇子守澄法親王が入山し、明暦 1年(1655年)に「輪王寺宮」と号して以降、代々の輪王寺宮が寛永寺住職を勤めます。
解説板によると、尾形乾山は、後西天皇の第 6皇子公辨法親王[こうべんほっしんのう]輪王寺宮に従って、江戸に来ました。
 輪王寺宮は、上野の森の鶯の啼き始めが遅く、訛りがある、と嘆き、尾形乾山に命じて京から美声で"はや鳴き"の鶯を 3,500羽取り寄せ、放鳥した、との言い伝えがあります。このため上野寛永寺を中心に、根岸〜谷中周辺の鶯は美しい声で啼き、江戸府内でも最初に啼き出す"初音の里"として評判になりました。
江戸時代、谷中から千駄木の辺りまで、上野の森から根岸辺りまでは、同じく「鶯谷」と呼ばれ親しまれました。
明治以降、谷中側には「初音」が町名に残り、根岸側は駅名に「鶯谷」が残りました。
 

蟲塚

06060408.jpg


虫塚(都指定旧跡)

 虫塚[むしづか]は、伊勢(現、三重県)長島藩主である増山雪斎の意志により、写生に使った虫類の霊を慰めるため、文政 4年(1821)に建てられたものである。
 増山雪斎は、宝暦 4年(1754)の生まれ。本名を正賢といい、雪斎はその号であるが、玉園・蕉亭・石顛道人・巣丘隠人など多くの別号がある。江戸の文人大田南畝や大坂の豪商木村兼葭道など、広く文人墨客と交流を持ち、その庇護者としても活躍した。自ら文雅風流を愛し、清朝の画家、沈南蘋に代表される南蘋派の写実的な画法に長じ、多くの花鳥画を描いた。中でも虫類写生図譜『虫豸帖』は、その精緻さと木草学にのっとった正確さにおいて、殊に有名である。文政 2年(1819)66歳で没した。
 虫塚は、当初、増山家の菩提寺、寛永寺子院勧善院内にあったが、昭和初期に寛永寺に合併されたため、現在の場所に移転した。
 勧善院は、四代将軍家綱の生母で、増山氏の出である宝樹院の霊廟の別当寺として創建された。
 碑は自然石で、正面は葛西因是の撰文を大窪詩仏が書し、裏面は詩仏菊池五山の自筆の詩が刻まれており、当時の有名な漢詩人が碑の建設に関わったことが知られる。

 平成 8年 7月     台東区教育委員会

根本中堂

 寛永寺、根本中堂。
八重桜満開


根本中堂。

東叡山 寛永寺

上野東叡山寛永寺

 天台宗の関東総本山。徳川歴代将軍の菩提所。寛永 2年(1625)天海僧正の創建です。江戸時代、上野の山全体が寛永寺の境内でした。創建当時は江戸城の鬼門を守る祈願所でしたが、後に芝の増上寺とともに将軍家の菩提所になりました。
 寺名は、「寛永」の年号をとって付けられ、山号の東叡山は、天台宗総本山比叡山延暦寺に倣い、東の叡山という意味です。
 江戸時代最盛期の寛永寺は、子院三十六ヶ院(今は十九ヶ院)と本坊、根本中堂、文殊楼(吉祥閣)などの豪華な建造物を誇り、これを総称して、寛永寺と言っていましたが、慶応 4年(1868)5月 15日の上野の戦争(彰義隊の戦争)により殆どの建物が焼失し、一部を残して新しく新しく上野公園となりました。 今の寛永寺は、明治 12年に天海僧正ゆかりの川越(埼玉県)の喜多院から本地堂(薬師堂)を子院であった大慈院の地に移築したもので、寛永 15年(1638)の建造物といわれています。


東叡山寛永寺

1

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち寛永寺・子院カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは寺 - 谷中です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築