水族館劇場

野稽古

2010年 3月20日(土)、千駄木「古書ほうろう」にて『高山宏 meets 水族館劇場「古書の森の劇場』が開催されます。
そのイベントの中で「水族館劇場」の路上芝居ユニット「さすらい姉妹」の代表作でもある『谷間の百合』が上演されます。
この日、定休日の「古書ほうろう」をお借りしてのゲネプロ(通し稽古)が行われることになりました。
ゲネプロが始まる前も、近所の須藤公園で芝居の練習を重ねる劇団員。公園での遊びをしばし休んで、珍しい芝居稽古に見入る小学生。
須藤公園 さすらい姉妹
 

さすらい姉妹『放浪記』

10010300.jpg '09→'10 さすらい姉妹寄せ場興行『放浪記』('09/12/31〜'10/1/3)最終回は上野恩賜公園。
水族館劇場」の看板役者、千代次さんを座長に、水族館劇場の役者達が、寄せ場での辻芝居興行を続ける「さすらい姉妹」。
2009〜2010年の年末年始も東京近郊の寄せ場を巡り、炊き出しの後の芝居を公演しています。「さすらい姉妹」が掛ける芝居は、貧困の中で流浪する人々を時に可笑しく、時にせつない物語。
今回の演目は、歌謡ショー仕立てで描いた林芙美子の『放浪記』。
 
四日間通して観ていて、改めて感じたことは、芝居とは、ほんとうに"LIVE = 生きている"のだ、ということでした。
「水族館劇場」本公演のように毎回脚本が変わることがなくても、天候や時間など環境の違い、客の反応や役者の状態で、芝居は変わり続けました。
娯楽よりも一日の糧を求めに来る人の中で、触られたり、絡まれたり、野次られたりする中で、さすらい姉妹の役者達は、設営し、ビラを配り、芝居をする。昔ながらに、それら一連の生々しいやりとりが、小屋掛けさえもない、辻芝居...「さすらい姉妹」の魅力なのかな、と思いました。
・・・そんな中、芝居、観客ともに、上野公園の舞台が、今回一番面白く観られました。
山谷玉三郎さんの"特別出演"も、大晦日の山谷と 1月 3日の上野公園のみでした。

■ '09→'10さすらい姉妹 寄せ場興行『放浪記』
http://suizokukangekijou.com/news/2009/12/24/10sasurai.html水族館劇場
出演: 千代次
臼井 星絢郡 虎彦七ッ森 左門宮内 秀也
上山 薫増田 千珠進 麻菜美
山谷 玉三郎(特別出演)
風兄 宇内
 
音楽: マディ山崎 
宣伝美術: 近藤 ちはる
音響: 渡辺 修一
作・演出: 黒瀬 美保子
---
 
12/31: 山谷センター前辻 18:00〜
 1/1: 横浜寿町生活館 16:00〜
 1/2: 新宿中央公園 ナイアガラの滝前 14:00〜
    渋谷宮下公園 18:30〜
 1/3: 上野公園噴水前 13:00〜
料金: 投げ銭 お代は見ての 
協力: あうん/山谷争議団/寿日雇労働者組合/寿支援者交流会/新宿連絡会/のじれん/桃山 邑

'09→'10さすらい姉妹寄せ場興行『放浪記』、 宮下公園(渋谷区神宮前)
宮下公園

 
水族館劇場」の看板役者、千代次さんを座長に、水族館劇場の役者達が、寄せ場での辻芝居興行を続ける「さすらい姉妹」。2009〜2010年の年末年始も東京近郊の寄せ場を巡り、炊き出しの後の芝居を公演しています。
1月 2日の公演は、 新宿中央公園(14:00〜)と渋谷宮下公園(18:30〜)の二回。
宮下公園は水銀灯が極端に少なく、暗い公園なのですが、周辺のネオンやビルの街頭で真っ暗とまではいきません。それでも炊き出しには暗く、焚き火の炎が印象的でした。
宮下公園のすぐ横は JR山手線が走ります。山手線が走る度、電車の過ぎゆく音が芝居に紛れ込みます。それでも芝居が遮られることはありません。
さすらい姉妹・宮下公園
 
■ '09→'10さすらい姉妹 寄せ場興行『放浪記』
http://suizokukangekijou.com/news/2009/12/24/10sasurai.html水族館劇場
出演: 千代次
臼井 星絢/郡 虎彦/七ッ森 左門/宮内 秀也
上山 薫/増田 千珠/進 麻菜美
山谷 玉三郎(特別出演)
風兄 宇内
 
音楽: マディ山崎 
宣伝美術: 近藤 ちはる
音響: 渡辺 修一
作・演出: 黒瀬 美保子
---
 
12/31: 山谷センター前辻 18:00〜
 1/1: 横浜寿町生活館 16:00〜
 1/2: 新宿中央公園 ナイアガラの滝前 14:00〜
    渋谷宮下公園 18:30〜
 1/3: 上野公園噴水前 13:00〜
料金: 投げ銭 お代は見ての 
協力: あうん/山谷争議団/寿日雇労働者組合/寿支援者交流会/新宿連絡会/のじれん/桃山 邑

'09→'10さすらい姉妹寄せ場興行『放浪記』、 新宿中央公園(新宿区西新宿)
 新宿中央公園

 
水族館劇場」の看板役者、千代次さんを座長に、水族館劇場の役者達が、寄せ場での辻芝居興行を続ける「さすらい姉妹」。2009〜2010年の年末年始も東京近郊の寄せ場を巡り、炊き出しの後の芝居を公演しています。
さすらい姉妹

 
今回の演し物は「放浪記」。昭和歌謡を挟みつつ物語はテンポ良く進みます。通り過ぎていった男達の思い出や文学への想い・・・。林芙美子の半生を時に可笑しく、時にせつなく描かれてます。
さすらい姉妹・千代次

 
物語の後半、幼少時の思い出から、死んだはずの母との対話があります。
放浪記 放浪記

 
最後に少女時代の芙美子と現在の芙美子の会話は、『谷間の百合』を彷彿させる名場面。上山薫演じる少女時代の芙美子の純真な台詞に胸が熱くなります。素足でこっそり逃げていく芙美子のひと言がとてもいい。
林芙美子

 
■ '09→'10さすらい姉妹 寄せ場興行『放浪記』
http://suizokukangekijou.com/news/2009/12/24/10sasurai.html水族館劇場
出演: 千代次
臼井 星絢/郡 虎彦七ッ森 左門/宮内 秀也
上山薫/増田 千珠/進 麻菜美
山谷 玉三郎(特別出演)
風兄 宇内
 
音楽: マディ山崎 
宣伝美術: 近藤 ちはる
音響: 渡辺 修一
作・演出: 黒瀬 美保子
---
 
12/31: 山谷センター前辻 18:00〜
 1/1: 横浜寿町生活館 16:00〜
 1/2: 新宿中央公園 ナイアガラの滝前 14:00〜
    渋谷宮下公園 18:30〜
 1/3: 上野公園噴水前 13:00〜
料金: 投げ銭 お代は見ての 
協力: あうん/山谷争議団/寿日雇労働者組合/寿支援者交流会/新宿連絡会/のじれん/桃山 邑
新宿中央公園
 

さすらい姉妹・千代次'09→'10さすらい姉妹寄せ場興行『放浪記』
水族館劇場」の看板役者、千代次さんを座長に、水族館劇場の役者達が、寄せ場での辻芝居興行を続ける「さすらい姉妹」。2009〜2010年の年末年始も東京近郊の寄せ場を巡り、炊き出しの後の芝居を公演しています。
今回の演し物は「放浪記」。昭和歌謡に乗せながら、通り過ぎていった男や文学への想い・・・。林芙美子の半生を時に可笑しく、時にせつなく、コンパクトに描います。
ベテランと若手が半々。登場人物が少ない分、水族館劇場本公演よりも話がわかりやすく入り込みやすいかもしれません。

さすらい姉妹放浪記
 
2010年元旦は、横浜(神奈川)の寿生活館(横浜市中区寿町)。寿生活館前の広場では炊き出しに長蛇の列。寿町の公演は辻芝居でなく、寿生活館の 4F・労働者娯楽室で開演です。
風兄
 
■ '09→'10さすらい姉妹 寄せ場興行『放浪記』
http://suizokukangekijou.com/news/2009/12/24/10sasurai.html水族館劇場
出演: 千代次
臼井 星絢/郡 虎彦七ッ森 左門/宮内 秀也
上山薫/増田 千珠/進 麻菜美
山谷 玉三郎(特別出演)
風兄 宇内
 
音楽: マディ山崎 
宣伝美術: 近藤 ちはる
音響: 渡辺 修一
作・演出: 黒瀬 美保子
---
 
12/31: 山谷センター前辻 18:00〜
 1/1: 横浜寿町生活館 16:00〜
 1/2: 新宿中央公園 ナイアガラの滝前 14:00〜
    渋谷宮下公園 18:30〜
 1/3: 上野公園噴水前 13:00〜
料金: 投げ銭 お代は見ての 
協力: あうん/山谷争議団/寿日雇労働者組合/寿支援者交流会/新宿連絡会/のじれん/桃山 邑
寿町生活館
 

【山谷】復活!山谷玉三郎

水族館劇場」の別ユニット、「さすらい姉妹」'09→'10さすらい姉妹寄せ場興行『放浪記』が始まりました。
12月 31日は山谷センター(台東区日本堤)前辻にて、炊き出しの後、18時より開演しました。
山谷センター前辻
 
座長・千代次さんを中心にの一貫したテーマである、"貧困の中で流浪する人々"を描く「さすらい姉妹」。今回の『放浪記』もテーマは同じく、歌謡ショー仕立てでテンポ良く、哀しく楽しい物語になっています。
 
さすらい姉妹■ '09→'10さすらい姉妹 寄せ場興行『放浪記』
料金: 投げ銭
 
12/31: 山谷センター前辻 18:00〜
 1/1: 横浜寿町生活館 16:00〜
 1/2: 新宿中央公園 ナイアガラの滝前 14:00〜
    渋谷宮下公園 18:30〜
 1/3: 上野公園噴水前 13:00〜
 
協力: あうん/山谷争議団/寿日雇労働者組合/寿支援者交流会/新宿連絡会/のじれん/桃山邑
---

一年ぶりの晴れ姿。山谷の玉三郎、健在!
山谷の玉三郎
 

【浦和】見世物地獄〜!

人力俥 谷中音羽屋さんと調神社[つきのみや]に来ましたが、境内はたくさんの縁起熊手の市と、テキ屋の露店で溢れていました。中でも大きなテントが見えます。
見世物小屋とお化け屋敷です。
見世物小屋
 
見世物地獄レトロなお化け屋敷も見世物小屋も近頃は滅多にお目にかかれません。お化け屋敷からは延々と境内に響く叫び声が聞こえてきます。
見世物興行は現在では二軒しかないそうです。
■ (ウィキペディア(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/見世物小屋
 
おどろおどろしい『見世物地獄』のテント小屋。・・・見世物小屋から聞こえてくる声に聞き覚えがあります。

入方勇見世物小屋といえば・・・、そうです !「水族館劇場」にも単身参加しています、"カッパ君"こと、入方 勇さん率いる「入方興行」の"見世物地獄"です !!
蛇女、人間火炎放射、カッパのミイラ,,,etc,入場料 600円で、入れ替えなし。約 20分で一回りする演目形式で、演芸・奇芸、珍妙奇天烈な世界を繰り広げました。

司会に、芸に、フルスロットルで喋り倒す、怪人・入方さんでした。
火炎放射
 

谷間の百合

 伝説の ストリッパー・一条さゆり(<< Wikipedia)を、二人の役者による二人一役で描かれた『谷間の百合』。若き日の"これまでの一条さゆり"を、現役のストリッパーストリッパーであり、水族館劇場の役者でもある鏡野有栖さん(鏡乃有栖)さんが演じ、年老いた"これからの一条さゆり"を、「水族館劇場」とともに歩み続ける看板女優、千代次さんが演じます。
 どうにか保っていた天気も、開演直前に激しい雨が降り出しました。が、これも水族館劇場の演出に違いあるまい・・・、天下往来での"水落とし"でしょう。数十分後には小止みになり急遽、路上にシートとダンボールを敷いての客入れから開演でした。
演劇博物館

 2004年の釜ヶ崎(大阪市西成区)、2005年の浅草木馬亭で上演された、「水族館劇場」さすらい姉妹『谷間の百合』が、早稲田大学演劇博物館前にて上演されます。
 
千代次さんと鏡野有栖さんの二人一役で、伝説の ストリッパー・一条さゆり(本名: 池田和子)を演じる『谷間の百合』。一条さゆりの晩年に交流のあった人たちがいる、5年前の釜ヶ崎公演で大喝采を浴びた『谷間の百合』の再演です。
谷間の百合


 早稲田大学演劇博物館にて開催中の『やぶれ船で流浪する水夫たち -- 水族館劇場 20年の航跡 --』もあと二日(〜8/3迄)となりました。
8/2(日)、16時より、イベント第 2弾として、毎年の年末(〜年始)に寄せ場興行として路上芝居の公演をしています「水族館劇場」の千代次さんを座長とする「さすらい姉妹」一座。いわば大仕掛けのない、幕一枚広げた前での辻芝居です。
演劇博物館

 
『やぶれ船で流浪する水夫たち』関連イベント第 2弾
■ さすらい姉妹特別公演 『谷間の百合』
水族館劇場 <http://www.suizokukangekijou.com/>
日時: 2009年 8/2(日)(雨天決行)
時間: 16:00〜(約 1時間)
* 博物館の見学は 16時迄となります。
料金: 無料
主催: 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 <http://www.waseda.jp/enpaku/>
場所: 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
 
---
 
演劇博物館 企画展 現代演劇シリーズ第 33弾
■ やぶれ船で流浪する水夫たち -- 水族館劇場 20年の航跡 --
期間:
PART 1: 2009年 3/1(日)〜8/3(月)/ 3階「現代」コーナー
PART 2: 2009年 7/6(月)〜8/3(月)/ 2階企画展示室 Ⅱ
入場無料
時間: 10:00 - 17:00(火・金は 19:00まで)
休館日: 3/20、4/30〜5/6
場所: 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館早稲田大学
 

水族館バーレスク

 早稲田大学 小野記念講堂早稲田大学)で『水族館劇場バーレスク & シンポジウム』。
 
● 水族館劇場の音楽監督を務めるマディ山崎さん(Guitar)+ ちんどん楽士・大高栄美さん(Sax)+ 早稲田大学生・田村遊帆さん(Piano)による劇中音楽のライヴ。『メランコリア』のスライドショーが流れる中、水族館劇場の役者勢揃いの劇中歌は圧巻でした。
 
● 水族館劇場の役者でありながら、普段は「加藤菊太夫組」の若頭として滋賀県一帯を巡業している杉浦康博(太夫)さんと、助手を務めるのは水族館劇場と親交の深い北九州市立大学から劇団員になった郡虎彦さん(相方)。二方による伊勢太神楽[いせだいかぐら]
 
●「かっぱ君」こと、 見世物芸人・入方勇さんの「見世物地獄」は、"火・水・涎" 禁止の講堂にありながらも見世物芸人の本領を発揮しました。巧みな話術と、高山宏さんをも唸らせる(?)ほどに、いかがしくてお下劣なパフォーマンスで場内を席巻しました。
 
・・・最後は見世物地獄ワールドを払拭する(記憶に焼き付いて離れませんが・・・)、マディ山崎さん達の演奏と、役者勢揃いの劇中歌に熱い想いが込み上げてきました。
 
そして第二部のシンポジウム( 高山宏さん × 松井憲太郎さん × 桃山邑さん × 中原蒼二さん × 司会;梅山いつきさん)の対談も面白かったのですが、私は門外漢な上に文才がないので巧く内容をお伝えできません。・・・ただ来年の水族館劇場公演で、高山宏さんが出演が約束され、水にも喜んで落ちるそうですよ。実現すれば面白いですけれど、さて・・・?
 
水族館劇場バーレスク & シンポジウム
日時: 2009年 7月 8日
定員: 200名(入場無料・事前予約不要)
* 会場定員に達した場合、入場頂けない場合がございます。あらかじめご了承下さい
 
開場: 16:00予定
□ 第 1部 水族館バーレスク「野生の芸能へ」
開演: 16:30〜
出演: マディ山崎(劇中音楽 LIVE)
    杉浦康博(伊勢大神楽)
    入方勇(見世物地獄)
 
□ 第2部: シンポジウム「もうひとつの演劇史」
開始: 18:00〜
出演: 高山宏(明治大学教授)
    松井憲太郎(演劇制作・評論)
    桃山邑(水族館劇場主宰)
    中原蒼二(水族館劇場プロデューサー)
司会: 梅山いつき(演劇博物館)
 
場所: 早稲田大学 小野記念講堂早稲田大学
>> 27号館小野梓記念館地下 2階
--- 
 
演劇博物館では『やぶれ船で流浪する水夫たち 水族館劇場 20年の航跡』が引き続き開催中です。
演劇博物館
 
■ やぶれ船で流浪する水夫たち 水族館劇場 20年の航跡
期間:
PART 1: 2009年 3/1(日)〜8/3(月)/ 3階「現代」コーナー
PART 2: 2009年 7/6(月)〜8/3(月)/ 2階企画展示室 Ⅱ
入場無料
時間: 10:00 - 17:00(火・金は 19:00まで)
休館日: 3/20、4/30〜5/6
場所: 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館早稲田大学
演劇博物館
 

4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち水族館劇場カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは谷根千動物園です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築