水族館劇場

おわりは、はじまり

 撤収作業の終わりが近付くにつれ、水族館劇場の劇団員はそれぞれの生活へと帰って行きました。ひとり去り、またひとり去りながら、後片付けの最終日。来月(7/9、10)に行われる「駒込大観音 四万六千日ほおずき千成り市」の準備もしていました。駒込大観音参道脇の、"水族館劇場"セット風・ほおずき屋台小屋です。
駒込大観音
 
09061801.jpg公演から休みなく続く撤収作業で、心身ともに疲れきった劇団員らに、即日で完成させる余力は既になく、これらはほおずき市までに少しずつ完成する予定です。
ほおずき市当日をお楽しみに・・・。

光源寺
 
夕刻、お世話になった光源寺住職へ挨拶し、解散しました。・・・住職の後ろで見送るのは、ヘイキチ
光源寺
 
 

幕引きまであと少し

メランコリア 死の舞踏」(水族館劇場)の千秋楽翌日から始まった撤収作業も一週間が経ちました。
光源寺
 
千秋楽以降、制作の中原蒼二さんはブログに以下の文章を書かれています。 
夢から覚めて、現場ではテント小屋の撤去作業が続いている。
撤去作業は単純な肉体労働である。公演が終わり、役者は疲弊の極限にあり、ただ、つらい作業である。
次の夢をみるために、耐えなければならない時間が今週一杯続くのだ。
□ 2009.06.11 Thursday(吹ク風ト、流ルル水ト。
http://ho-bo.jugem.jp/?eid=1029

光源寺

 
また、『小屋を作るところから壊すまで、演劇的』(東京新聞 2009/6/11日付「客と団員 酒盛り 水族館劇場」)と、光源寺住職は述べられています。
 
一日も休むことなく作業し続ける劇団員の表情にも疲労の色は隠せず、動きは重く感じます。撤収作業をする劇団員の数も日に日に減りました。演技もなく、ただ目の前にある肉体労働をこなし、働き続ける劇団員の撤収作業風景は、なにかしら"人生のような、"ものを縮図とした、芝居の一部なのかも知れません。
光源寺
 
 
撤収作業班とは別班が、7/9(木)、10(金)開催「駒込大観音 四万六千日ほおずき千成り市駒込大観音」の設営を一部組み立てを開始していました。
2009年公演の幕はあと少しで閉じられますが、水族館劇場は、しばらくの幕間を終えて又、次なる活動が始まります。
水族館劇場
 

 公演最終日から四日目。光源寺境内「水族館劇場」特設テントの解体、および撤収作業は続いています。
水族館劇場

 
紫陽花に気をとられがちでしたが、ふと気がつけばナツツバキの咲く時期でありました。
ナツツバキ
 

撤収作業はじまる

メランコリア 死の舞踏』(水族館劇)の千秋楽翌日。建て込みの頃よりリラックスした様子ですが、それでも休むことなく淡々と撤収作業が始まりました。
撤収

 
幕も看板も外されました。本日から一人、二人と、それぞれの生活へと帰って行くスタッフもいます。
水族館劇場
 

撤収作業はじまる

メランコリア 死の舞踏』(水族館劇)の千秋楽翌日。建て込みの頃よりリラックスした様子ですが、それでも休むことなく淡々と撤収作業が始まりました。
撤収

 
幕も看板も外されました。本日から一人、二人と、それぞれの生活へと帰って行くスタッフもいます。
水族館劇場
 

水族館劇場」の仕掛けのほとんどが手動式の中にあって、本公演では初めてクライマックス・シーンにクレーンが導入されました。12公演のクライマックスのクレーン操作をひたすら待つのみならず、プロローグでのエキストラ役も引き受けたのは、「エドマツ クレーン リース サービス」(足立区西新井)の M氏でした。3tクレーンに書かれたキャッチ・コピー通り『いい仕事してます』。エドマツの M氏が『メランコリア 死の舞踏』クライマックスで遠隔操縦したのは、"空を泳ぐ魚"・飛行船
エドマツ クレーン リース サービス
 
エドマツクレーンリースサービスでは、3tクレーン 8台が待機、24時間営業です。狭い路地でも"いい仕事します!"
 
---
 
エドマツの M氏と話しているうちに、私と母校(都立某高校・卒)が同じことが判明。もっとも20年離れていましたが。...orz...
 

水族館劇場」の仕掛けのほとんどが手動式の中にあって、本公演では初めてクライマックス・シーンにクレーンが導入されました。12公演のクライマックスのクレーン操作をひたすら待つのみならず、プロローグでのエキストラ役も引き受けたのは、「エドマツ クレーン リース サービス」(足立区西新井)の M氏でした。3tクレーンに書かれたキャッチ・コピー通り『いい仕事してます』。エドマツの M氏が『メランコリア 死の舞踏』クライマックスで遠隔操縦したのは、"空を泳ぐ魚"・飛行船
エドマツ クレーン リース サービス
 
エドマツクレーンリースサービスでは、3tクレーン 8台が待機、24時間営業です。狭い路地でも"いい仕事します!"
 
---
 
エドマツの M氏と話しているうちに、私と母校(都立某高校・卒)が同じことが判明。もっとも20年離れていましたが。...orz...
 

09060702.jpg 光源寺・駒込大観音(文京区向丘)に於ける、2009年 水族館劇場新作公演『メランコリア 死の舞踏』が千秋楽を迎えました。
舞台の本編は特設テント"異神の森"で物語られますが、オープニング・アクトの約 15分は、晴れの日も雨の日も、駒込大観音前の広場で演じられます。(プロローグから登場人物の一部をご紹介します。)

港はずれの髪のない理髪師(臼井星絢)、古道具屋の女将であり港の元締め(風兄宇内)
メランコリア4 メランコリア2

 
芝居は登場人物と物語の紹介を兼ねながら、視界全体に拡がり展開されていきます。
水族館劇場
 

09060702.jpg 光源寺・駒込大観音(文京区向丘)に於ける、2009年 水族館劇場新作公演『メランコリア 死の舞踏』が千秋楽を迎えました。
舞台の本編は特設テント"異神の森"で物語られますが、オープニング・アクトの約 15分は、晴れの日も雨の日も、駒込大観音前の広場で演じられます。(プロローグから登場人物の一部をご紹介します。)

港はずれの髪のない理髪師(臼井星絢)、古道具屋の女将であり港の元締め(風兄宇内)
メランコリア4 メランコリア2

 
芝居は登場人物と物語の紹介を兼ねながら、視界全体に拡がり展開されていきます。
水族館劇場
 

満員御礼

 水族館劇場 2009年公演『メランコリア - 死の舞踏 - 』(谷根千ねっと・情報トピックス)。雨も上がり、「水族かんのん市」(主催: 古書ほうろう)が公演を盛り上げ、本公演で最多客数を更新した土曜の夜でした。
光源寺

 
テント最上階席まで観客が埋まりました。凄っ!!
水族館劇場
 

5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち水族館劇場カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは谷根千動物園です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築