水族館劇場

 今回のさすらい姉妹― ロストノスタルジア ― 螢の残存』は、2011秋公演『公然たる敵 - ロストノスタルジア -』の続編とも言えるし、リメイクとも言えるかもしれません。水族館劇場の過去作品を連想する登場人物たちがパラレルに絡み合って物語は紡がれています。前作よりも台詞が生きて伝わりました。但し、語られる登場人物が欠けていて、ひとりひとりの台詞が深くて強い言葉でありながら、足りないパーツが多いために、本来ならば辿り着くべき物語のカタルシスに近づけないもどかしさも感じました。本公演への"予告編"だとすれば、この物語の完成像を早く観てみたい、と強く思わせられました。
芝居に辻褄合わせの物語が必要とも思わないのですが、せめて粗筋がわかりやすければ、もっと単純に楽しめたのではないか、とも思いました。
秋公演から続いた役柄と台詞のせいか、よく役者に馴染んで演じられていた気がします。その意味でも、さらに物語が作り込まれた本公演に期待が膨らみました。

さすらい姉妹寄せ場興業2011→2012
― ロストノスタルジア ― 螢の残存
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/12/20112012.html>
12/31 18:00~ 山谷センター前辻
1/1 16:00~ 横浜寿町生活館4F
1/2 14:00~ 新宿中央公園ナイアガラの滝広場
1/2 18:30~ 渋谷東京都児童会館脇美竹公園
1/3 13:00~ 上野公園東京文化会館裏

さすらい姉妹 水族館劇場 路上芝居ユニット「さすらい姉妹」寄せ場興行2011→2012 『―ロストノスタルジア― 螢の残存』、最終日は上野恩賜公園内、東京文化会館裏(上野の森美術館前)にて開演されました。(2012.1.3)

大晦日の山谷に続いて上野公演では、山谷玉三郎さんが出演しました。
山谷玉三郎
 
さすらい姉妹寄せ場興業2011→2012
― ロストノスタルジア ― 螢の残存
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/12/20112012.html>
12/31 18:00~ 山谷センター前辻
1/1 16:00~ 横浜寿町生活館4F
1/2 14:00~ 新宿中央公園ナイアガラの滝広場
1/2 18:30~ 渋谷東京都児童会館脇美竹公園
1/3 13:00~ 上野公園東京文化会館裏

渋谷美竹公園
 
さすらい姉妹寄せ場興業2011→2012
― ロストノスタルジア ― 螢の残存
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/12/20112012.html>
12/31 18:00~ 山谷センター前辻
1/1 16:00~ 横浜寿町生活館4F
1/2 14:00~ 新宿中央公園ナイアガラの滝広場
1/2 18:30~ 渋谷東京都児童会館 脇 美竹公園
1/3 13:00~ 上野公園東京文化会館裏グラウンド前

新宿中央公園
 
さすらい姉妹寄せ場興業2011→2012
― ロストノスタルジア ― 螢の残存
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/12/20112012.html>
12/31 18:00~ 山谷センター前辻
1/1 16:00~ 横浜寿町生活館4F
1/2 14:00~ 新宿中央公園ナイアガラの滝広場
1/2 18:30~ 渋谷東京都児童会館脇美竹公園
1/3 13:00~ 上野公園東京文化会館裏グラウンド前

 水族館劇場 路上芝居ユニット「さすらい姉妹」寄せ場興行2011→2012 『―ロストノスタルジア― 螢の残存』、元旦は横浜寿町生活館4F(神奈川県横浜市中区)で開演しました。(2012.1.1)
寿町は寄せ場興行唯一の室内での芝居です。
寿町生活館4F

さすらい姉妹
 
さすらい姉妹 水族館劇場 路上芝居ユニット「さすらい姉妹」寄せ場興行2011→2012 が始まりました。(2011.12.31〜2012.1.3)
―ロストノスタルジア― 螢の残存』は、水族館劇場2011秋移動公演『公然たる敵 ―ロストノスタルジア―』の物語と登場人物(配役は少し違います)をちりばめ、再構成された新たな作品です。続編のようでもあり、新作としても楽しめます。震災前の昨年末の公演から一貫して"故郷喪失"をテーマとした物語は、寄せ場に寄り添い続ける"さすらい姉妹"の宿命かもしれません。

さすらい姉妹寄せ場興業2011→2012「―ロストノスタルジア― 螢の残存
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/12/20112012.html>
12/31 18:00~ 山谷センター前辻
1/1 16:00~ 横浜寿町生活館4F
1/2 14:00~ 新宿中央公園ナイアガラの滝広場
1/2 18:30~ 渋谷東京都児童会館脇美竹公園
1/3 13:00~ 上野公園東京文化会館裏グラウンド前
山谷玉三郎
 

鉱石の夢展

津田三朗 古書ほうろうにて水族館劇場にかかわる人たちの展覧会「鉱石の夢展」が開催されています。(2011.11.26〜12.3)
ライブトーク『水の劇場をいろどる千里眼たち』(2011.11.26) にも参加された、中原蒼二さん(制作)、近藤ちはるさん(宣伝)、津田三朗さん(美術)の三人の展示です。
 
ウインドウに飾られたのは津田三朗さんが水族館劇場公演のために作られた小道具や美術。いずれも発注から納品まで数日のうちに作られたとは思えない仕事です。

店内のそこかしこに飾られたのは、中原蒼二さんが撮り続けた水族館劇場の写真。中原さんの写真にはそこはかとなくセンチメンタリズムが漂います。
そして近藤ちはるさんのアートワークは、モザイクのように再構成されて三角旗として飾られました。
鉱石の夢展,中原蒼二
 
水族館劇場「鉱石の夢」展 12月3日まで古書ほうろうの日々録
<http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/20111129/>
鉱石の夢展,近藤ちはる

公然たる敵 -ロストノスタルジア-
世界の運命に流される人々
  
がら(千代次)/姫草ユリ(鏡野有栖)
千代次 鏡野有栖
 
蛍(南瑞穂)/糸姫モヨコ(山本紗由)
南瑞穂 山本紗由
 
犬神チイ(上山薫)/菊池サヨコ(増田千珠)/ないしょさん(夕暮半蔵門)
上山薫 増田千珠 夕暮半蔵門
 
大黒天煙之助(杉浦康博)/空気先生(臼井星絢)
杉浦康博 臼井星絢
 
呉一郎(藤内正光)/殺し屋五郎(七ツ森左門)
藤内正光 七ツ森左門
 
面黒楼万児(赫十牙)
赫十牙
 
中島鉄子(麝香姫)/ぴかどん(風兄宇内)
麝香姫 風兄宇内
 

古書ほうろう 水族館劇場2011秋移動公演『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』が古書ほうろうにて開演しました。(2011.11.26)

芝居に先立ち、水族館劇場旗揚げ公演の筑豊を大八車で巡業する映像が長く映し出されました。その後、水族館劇場の側面(或いは裏)から支え、見つめてきた協力者によるトークライブが行われました。題して『水の劇場をいろどる千里眼たち
梅山いつきさんを進行に、美術制作から役者までこなされる津田三朗さん。アートワーク全般を引き受ける近藤ちはるさん。永年、制作に関わり、写真も撮られれている中原蒼二さん。後から水族館劇場 座長の桃山邑さんが加わり、水族館劇場との関わりから魅力を語りました。
梅山いつき 津田三朗 桃山邑 近藤ちはる 中原蒼二
 
梅山さんが演劇の流れを俯瞰しつつ解説、津田さんは、水族館の魅力から近藤ちはるさんのアートワークについてクリエイターの眼を通して語りました。近藤ちはるさんは水族館劇場との出会いを。中原さんは初期から現在に至る水族館劇場の話を交えつつ、近藤さんの魅力についても語りました。
水の劇場をいろどる千里眼たち
 

水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」<彗星ノ箱>『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』は古書 信天翁にて開催されました。古書 信天翁では開催中の『故郷喪失展』(2011.11.20〜26)に合わせて、水族館劇場2011秋移動公演『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』が古書信天翁(2F)を受付にして同ビル、Blue cat 写真スタジオ(3F)にて開演しました。(2011.11.24)

水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」@日暮里 古書信天翁Mの日記@古本T
「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」信天翁へ!水族館劇場NEWS
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/11/post-55.html>
<http://tmasasa.exblog.jp/17080101/>
水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」
 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち水族館劇場カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは谷根千動物園です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築