at Work

錆びた包丁

9/23(金 祝)、24(土)には谷中クリニック前、25(日)には春木屋横と、よみせ通りに連休の三日間続けて出店された「刃研ぎ堂」さん。
刃研ぎ堂
 
ちょうど錆びた包丁が持ち込まれ、これを砥石のみで研ぎ直し、野菜がスパスパと切れるまでに直しているところに出会しました。

青のバリエーション

本妙院曇り空に、塗り替えられる本妙院の屋根。
ラピスラズリ(瑠璃色)からピーコックブルーへ。青のバリエーションが微妙に変わりました。


曇り空の底が塗り替わります。
本妙院
 

東京国際フォーラム 谷中なら「よみせ通り」。根津なら「赤札堂」裏。その他、谷根千界隈のイベント多数に参加されています「刃研ぎ堂」。
"わめぞ"メンバーとして、豊島区、文京区を中心に、北区、板橋区、練馬区などの路上や建物脇など活動範囲は広く、特定できません。ただ言えることは、「刃研ぎ堂」の仕事場は路上だったり建物脇だったり、大抵は空の下だということです。
今回はビジネス・ショウ『Living Wonderland[リビングワンダーランド]2010』(主催: 全国家庭用品卸商業協同組合)への招待参加として、東京ど真ん中「東京国際フォーラム」のホール内での刃研ぎ実演となりました。(2010.9.8、9)

刃研ぎ堂
 
『リビングワンダーランド 2010』は、ワイシャツ&ネクタイ、スーツ姿の人ばかりの中、あちらこちらで名刺交換や商談が飛び交っています。アウェイ感いっぱいの会場内で、刃研ぎ堂のブースでは菅野さんが、いつものペースで「シャッ、シャッ、シャッ」と刃磨ぎの音をさせながら気軽に質問に応じているのでした。・・・

軒端注連飾り

軒端注連飾り,のきはなしめかざり
 
 毎年 8月の第四週末は、諏方神社(西日暮里)の大祭があります。今年(2010)は、8/28(土)、29(日)です。
"お諏方様の祭"が十日後と近づき、よみせ通り沿い(台東区谷中側)の商店を、初四町会の鳶が年に一度の、軒先に飾られた注連縄を替えているところに出会しました。
リヤカー1 リバティ 鳶
 
軒端注連飾り[のきはなしめかざり]
のきはなしめかざり

Working Style

NEW OPEN(奥)と Renewal OPEN(手前)めざして・・・。
Work ware
 

"山谷玉三郎"の手先

水族館劇場の楽しみは一つや二つではありません。
物語のテーマ。見世物小屋かサーカスの如き大仕掛け。そして他の劇団ではお目にかかれない、様々な背景を抱えて水族館劇場へ辿り着いた、個性豊かな役者陣。
 
さすらい姉妹、あるいは水族館劇場公演の幕間に登場しては観客を魅了する、山谷玉三郎の舞。我流でありながら、台詞や流し目、指先の動きは、観る者から時間を奪います。
テント裏での練習時間に。
山谷の玉三郎
 

・・・<略>・・・
玉ちゃんの愛称で親しまれている山谷玉三郎。名物の踊りの場面では方々からかけ声が飛んでくる。しかし玉ちゃんはやすやすとかけ声に身を委ねない。得意の流し目で飛んできた声援をしらっと交わし、ちゃぶ台返しの如く観客に啖呵を切ってみせるのだ。
・・・<略>・・・
 
梅山いつき
『際に立つ人 -- 高山宏と水族館劇場の世界 --』 Fishbone vol.55 より

 

水邊の天蓋

午後遅く、光源寺へ行くと、"水邊の廢園"はおおよその骨組みを作り終え、天井にシートを貼っているところでした。一枚目のシートを貼り終え、二枚目のシートをつなぎ合わせる作業です。皺をよせず、歪みなく天井に固定し、重ね合わせる作業に大半の劇団員を投入していました。この作業を丁寧に終えなければ、強風や雨によって天井から雨水が漏れかねないそうです。
10043000.jpg
 
緑のシートを通して、地面には柔らかな光を落としていました。・・・なんてまったりしている場合ではありません。日が暮れる前に二枚目のシートを貼り合わせ、固定しなければなりません。
水辺の廃園
 
安全を確保しつつ、ゆっくりと着実に作業が進められます。
天蓋
 
ゆっくりと、ゆっくりと、天の裂け目は蓋を閉じていきます。
水族館劇場

フレーム・クライミング

光源寺 駒込大観音境内では『NOMAD 恋する虜』(水族館劇場)特設 蜃気楼劇場"水邊の廢園"の建て込み作業が続いています。
この日も朝から屋根部分の骨組みを作り、一両日中には天井のシートを張れそうなところまで差し掛かっていました。29日の昼前に撮影した写真です。
水族館劇場
 
この日の午後には、 masaさんが全体写真を撮影して下さっています。
■ 水族館劇場 2010 (8)(Kai-Wai 散策
<http://kai-wai.jp/2010/04/-2010-8.html>
 

水族館劇場
 
一番奥の音楽監督は鳶職。中央の役者兼舞台設営は伊勢神楽の太夫。手前は舞台監督。
本来は見せるための作業ではないので、当然ながら近寄れませんし、地道で真剣です。
ですが、光も影も、人も道具も、生活感があって見飽きないのです。
水族館劇場
 
これから約一ヶ月後にはスペクタクルな芝居が観られるのです。
 

羽鳥書店まつりと羽鳥書店

羽鳥書店 2009年、千駄木に小さな出版社が出来ました。団子坂上を、保健所通りに曲がってすぐにあります「羽鳥書店」です。
羽鳥書店の紹介は『羽鳥書店まつり』の案内にありますが、地域雑誌『谷中根津千駄木』94号でも、羽鳥書店の社長であります羽鳥 和芳さんの記事があります。
『羽鳥書店まつり』では、羽鳥書店のブースが出ます。こちらブースのみ、古本ではなく、羽鳥書店・東京大学出版会の新刊、『谷中 根津 千駄木』のバックナンバーを取り扱います。

10021006.jpgご自宅では"本の山"と化し、過去に読まれた書籍を再読することもままならなかった羽鳥和芳さん。「古書ほうろう」さんの仕分けによって、むかし読まれた本との再会です。
何百冊かが再び、羽鳥さんのもとへ帰り、あと十数時間後には、残り約一万冊は新たな読者のもとへと還っていきます。
---
 
■ 羽鳥書店まつり
http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/20100112/
開催期間: 2010年 2/11(木 祝)〜14(日)
開催時間: 11:00 - 16:00(小雨・小雪決行)
主催; 古書ほうろう <http://www.yanesen.net/horo/>
協力; 往来堂書店 <http://www.ohraido.com/> / 駒込大観音 光源寺 <http://www.hpmix.com/home/kougenji/>
/ 羽鳥書店 <http://www.hatorishoten.co.jp/>
後援: 不忍ブックストリート <http://sbs.yanesen.org/>
場所: 駒込大観音光源寺境内
住所; 文京区向丘 2-38-22
交通: <http://www.hpmix.com/home/kougenji/E4.htm>
東京メトロ南北線「本駒込」駅より徒歩 3分
東京メトロ千代田線「千駄木」駅より徒歩 10分
都営三田線「白山」駅より徒歩 8分
* 文京区コミュニティバス「Bーぐる」、「13番:白山上」下車 3分
 
---
 
Twitter アカウント
主催; 古書ほうろう <http://twitter.com/legrandsnes>
協力; 往来堂書店 <http://twitter.com/ohraido> / 駒込大観音 光源寺
/ 羽鳥書店 <http://twitter.com/hatori_press>
後援: 不忍ブックストリート <http://twitter.com/hitohako>


 

1  2  3  4  5

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちat Workカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはワークショップです。

次のカテゴリは子供たちです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築