街のイベント

【佃】あいおい古本まつり

 当初、予定されていました高齢者複合型介護施設「相生の里[あいおいのさと]」における「あいおい古本まつり」は規模を縮小し、東北地方太平洋沖地震チャリティーイベント「あいおい古本市」として開催されることになりました。(2011.3.26、27)
パンの販売と古本市は終日行われています(11時 - 17時)。
トークイベントは当日も受付しています。すでに申し込まれている方もプログラムの変更(時間・内容)がありますのでご注意下さい。
あいおい古本市
 
■ 東北地方太平洋沖地震チャリティーイベント「あいおい古本市
<http://aioibooklabo.blog.shinobi.jp/Entry/17/>
開催: 2011年 3/26(土)、27(日)
時間: 11:00 - 17:00
会場: 高齢者のための複合型介護施設「相生の里」
住所: 中央区佃 3-1-15
 

第4回 やねせん餅つき会

餅つき大会 千駄木にあります谷根千<記憶の蔵>谷根千工房映画保存教会)の隣、東京在宅看護協和会前において「第4回 やねせん餅つき会」が開催されました。(2011.3.13)
当初、「第4回 やねせん餅つき会とちいさな演奏会+上映会」でしたが、「東日本大震災」の影響により、映画上映と演奏会は延期され、企画を縮小して行われました。

第 27回 千駄木マラソン大会

不忍通り
 

 来月、桜咲く頃に晴海運河に架かる相生[あいおい]橋のたもとにあります、高齢者のための複合型介護施「相生[あいおい]の里」(中央区 佃)で、新しいブック・イベントが始まります。
■ 第 1回 あいおい古本まつり
<http://aioibooklabo.blog.shinobi.jp/Entry/4/>
開催: 2011年 3/26(土)、27(日)
時間: 11:00 - 18:00(27日: 11:00 - 17:00)
会場: 高齢者のための複合型介護施設「相生の里」
住所: 中央区佃 3-1-15
---
あいおい古本まつり」の開催にあたり組織されました「あいおいブックラボ」の運営委員会が集まり、あいおいブックラボが誕生した経緯と目的とするもの、今後の展望についてのトークイベントが開催されました。(2011.2.27)
■ プレイベント・トーク「あいおいブックラボは何をめざすのか?」
出演:
砂金 一平相生の里・あいおい文庫担当)
南陀楼 綾繁(編集者&ライター・不忍ブックストリート実行委員)
向井 透史(古書現世・わめぞ代表)
佃 由美子アニカ副代表)
開催: 2011年 2/27(日)
時間: 17:00 - 19:00(開場 16:30〜)
会場 相生の里 8階デイサービス 
あいおいブックラボは何をめざすのか?
 
関連リンク:
■ 2011-01-14 あいおいブックラボ、はじめます。古書現世店番日記
<http://d.hatena.ne.jp/sedoro/20110114>
■2011-01-24 あいおいと不忍ナンダロウアヤシゲな日々
<http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20110124>
 
トークの模様はインターネットで公開されています。詳細はそちらを試聴下さい。
■ Ustream - プレイベント・トーク「あいおいブックラボは何をめざすのか?
<http://www.ustream.tv/recorded/12991930>
---
聞き違いや思い込みがありますので、正確なやりとりは上の Ustreamを試聴して下さい。ざっと意訳してまとめますと・・・
砂金さんは、相生の里、あいおい文庫という空間を多くの人に知ってもらい、利用して欲しい。遊びに訪れてくれる方も、何か表現したい、発表したいという方たちにも利用して頂いて子供からお年寄りまでが気軽に立ち寄り、楽しい出会いがある空間にしたい、という想いが伝わりました。
向井さんは、古書店や古書市などのノウハウを提供し、営業として成立させたい。また一方で古書市とは違ったアプローチでのイベントの充実させたい。アイデアや企画はあるが、環境が見つからない人たちに協力できれば。古書の関わる新しい出会いやイベントの充実が、古書業界の活性になるのではないか、というプロの視点が見てとれました。
ナンダロウさんは、各地のブックイベントと不忍ブックストリートの一箱古本市を較べて、街をめぐり本とめぐりあう楽しみがあるけれども、一箇所に集中してイベントを出来る場所がない。本を探し、イベントを見て、余った時間に食事をして帰ってきたら、また別のイベントが見られる、といった一体感のあるイベントが出来ないだろうか、という想いがあったそうです。
また、途中で実行委員のひとりであります、アニカ副代表で『日本でいちばん小さな出版社』(晶文社)の著者・佃さんが、 あいおい古本まつり通じて、佃という街を知って欲しい、盛り上げたい、という気持ちが、佃まつりの半纏からも窺えました。
 
何故か半纏姿のチャキチャキ"姐さん" 佃由美子さん。髪型について突っ込まれ続けた砂金一平さん。あいおいブックラボに至る経緯や想いを明瞭に語るわめぞの向井さんと不忍の南陀楼さん。
佃由美子 11022705.jpg 古書現世,向井透史 南陀楼綾繁
 
向井さんが話していましたが、昨年の「羽鳥書店まつり」に於いて、わめぞと不忍ブックストリートのメンバーが共にイベントに協力したときの楽しさが念頭にあったそうです。地域を越えて古本仲間が集い、スタッフとして、出演者として、客として交流が生まれ、また新たな可能性が生まれるイベントとして「あいおいブックラボ」は始まります。
あいおい古本まつり」にはいくつものプログラムが用意されて予約が必要なものに関しては、すでに予約受付中です。もちろん、佃・月島散策ついでに、ぶらりと立ち寄って古本市も楽しめます。
■ あいおい古本まつり・プログラム一覧
<http://www.anika.jp/pages/booklabo.html>
あいおいブックラボ
 
 会場となります「相生の里」は、晴海運河に架かる相生橋のたもとにあります。(地図>> 中央区佃 3-1-15
上流には永代橋が架かる隅田川から晴海運河に代わり、運河は枝分かれしていきます。"相生[あいおい]"とは、一つの根元から二つ幹が分かれて伸びることだそうです。また、 一緒に生育するという意味もあるそうです。相生橋から名付けられた「相生の里」ですが、あいおいブックラボは、人が出会い、新たな芽を出し枝葉を伸ばしていく、その種となりそうです。
晴海運河沿い、右端に見えるのが「相生の里」。『あいおい古本まつり』が開催される 3月 26(土)、27(日)の頃は、晴海運河沿いに桜も咲くうららかな春です。通りの向こうには「もんじゃ焼き」で有名な月島もあります。一ヶ月後、どうぞ『あいおい古本まつりを、あなたの予定の片隅に・・・。
相生橋
 

一籠CD市

 夕やけだんだん上にあります西日暮里の「古書 信天翁[あほうどり]」と、不忍通り沿いにあります千駄木の「古書ほうろう」にて、『一籠CD市』が開催されています。(2011.2.10〜20)
一籠CD市は、一般応募で申し込まれた 16組の店主が、一店一籠(約 40枚)のコーナーを設け、CDを販売します。
店主は一人であったり、チームであったり。テーマを考えた品揃えもありますし、不要になった CDを処分するだけという理由だとしても、店主それぞれの嗜好や趣味が反映された個性的な品揃えになっていました。値段も一般の中古CDショップよりリーズナブルだと思います。
不忍ブックストリート」の古書店 2店が共催する、音楽版・一箱古本市『一籠CD市』、開催期間は 10日間。店主によっては随時、補充もされるそうです。
 
一籠CD市
<http://booksalba.exblog.jp/14705738/>
開催期間: 2011年 2/10(木)〜20(日)
営業時間: 古書信天翁 12:00 - 22:00/ 古書ほうろう 12:00 - 23:00
定休日:
主催:
古書 信天翁 <http://www.books-albatross.org/>
古書ほうろう <http://www.yanesen.net/horo/>
住所: <一籠CD市・地図>
---
一籠CD市イベント
古書信天翁: サタデーナイトDJ(仮)2/12(土)18:00 - 22:00
古書ほうろう: フライデーDJナイト(仮) 2/18(金) 18:00 - 22:00
---
 
古書 信天翁 12籠
「一籠CD市」出店者のご紹介 <http://booksalba.exblog.jp/14890871/>
古書信天翁
 
■ 古書ほうろう 4籠
一籠CD市 <http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/20110209/>
古書ほうろう
 

HARRY[ハリー]こと羽鳥 智裕[Hatori Tomohiro]さんのエキシビション『『カリスマ』〜羽鳥智裕・おわらないいけばな展〜』の最終日。
HIGURE 17-15 cas contemporary art studio」1Fでは、冬期営業休業中の ながれのかばんや えいえもんが、定番商品に新作を加えて臨時開店しました。
■ 明日の販売準備満了!(えいえもん日記
<http://ittetsudo.exblog.jp/15837772/>
えいえもん
 
ギャラリーの 2Fでは、15:30〜 根津「あるたい」のママさん・鶴岡 美直子さんのポエトリー・リーディングがありました。写真はポエトリー・リーディング準備中の、あるたい・鶴岡さんとエイジさん、HALLEYさん。
あるたいママ
 
『カリスマ』〜羽鳥智裕・おわらないいけばな展〜
<http://tomohirohatori.blogspot.com/2010/12/blog-post_31.html>
羽鳥智裕[Tomohiro Hatori]<http://tomohirohatori.blogspot.com/>
開催: 2010年 1/8(土)〜30(日)
開廊: 11:00 - 19:00
在廊: 毎週末(8.9.10.14.15.16.21.22.23.28.29.30)
* 在廊可能日: 12水.18火.19水.25火.
休廊: 月
場所: HIGURE17-15cas comtemporary art studio <http://higure1715cas.bufsiz.jp/>
住所: 荒川区西日暮里 3-17-15
 
HIGURE
 

【あ】
・・・は、「赤い」の「あ」。
・・・は、「暖かい」「温かい」の「あ」。
赤くてあたたかいのは、料理に入れた唐辛子。火鉢にくべた炭火の暖。
---
 
第2回「一日火鉢カフェ」が開催された、根津藍染め長屋。11時過ぎに伺った時は、澤田さんは外出中、火鉢カフェは準備中でした。澤田さん宅には唐辛子が干してありました。
唐辛子
 
一日火鉢カフェ(第二回)〜火鉢で節分の豆を炒る〜
<http://hibachiclub.blogspot.com/2011/01/blog-post_22.html>
ほんだらほだらだ 火鉢クラブ <http://hibachiclub.blogspot.com/>
開催: 2011年 1/31(日)
時間: 11:00 - 19:00
料金: ¥500(炭チャージとして)豆代 ¥100 * 抹茶、ほうじ茶はフリー
場所: 根津藍染め長屋 澤田さん
 

あらぼー

西日暮里公園 あらぼーとは、毎月第二日曜に西日暮里公園で開催されています「あらかわ冒険あそび」のことです。こどもと親(おとな)たちが、(自己責任の下で、)泥だらけになったり、工夫して遊びながら、西日暮里公園を存続させよう、という月いちイベントです。(毎月第二日曜、雨天中止)
2011年 1月は、公園中の木を気と機で結ぶ『新春ロープ結び大会』ということで、公園のあちらこちらにロープを張る大人と、ロープで遊ぶ子供たちが見られました。

あらかわ冒険あそび
<http://arakawabouken.blog.shinobi.jp/>
開催: 毎月第二日曜日(季節や天候で中止や変更の場合アリ)
場所: 西日暮里公園(JR西日暮里駅ホームの南側にそびえる丘の上)
* 参加費無料。参加人数を知るための受付があります。
---
関連リンク:
■ 谷根千青空自主保育の会「たねっこ」
<http://tanekko.jugem.jp/>
 
あらかわぼうけんまつり
 

初音町マラソン第 37回 初音町周辺 元旦マラソン大会
よみせ通り〜三崎坂〜六阿弥陀道〜道灌山通り〜よみせ通りと、初音町(いまの谷中初四町会地域)を一周しますと、約 1.8km。信号に遮られることなく走れます。
6周組(約 10.8km)、3周組(約 5.4km)、1周組と(約 1.8km)と分かれて走るのだそうです。

谷中初音町マラソン大会
 

こども火の用心 師走に入りますと、谷中、根津、千駄木界隈では町会ごとに夜の見廻りが始まります。夜更けに街の通りや路地から「火の用心」の声と拍子木が鳴り響きます。
 そして町会のいくつかは、冬休み開始の前後に『こども火の用心』が行われます。27日は谷中初四町会と上野桜木町会でも行われたようです。(2010.12.27)
谷中初四町会の「こども火の用心」にお供させて頂きました。南北に走る六阿弥陀道とよみせ通りの間の地域が谷中初四町会の区域です。(谷中銀座も含まれます)

 19時頃から、父兄や町会の大人たちに連れられ、20名近い子供たちが町内を歩きます。途中、消防車との記念撮影もありました。見廻りを終えると袋一杯のお菓子をもらって解散です。
こども火の用心
 
谷中初四町会
 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち街のイベントカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは季節の行事・祭りです。

次のカテゴリはショップイベントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築