音楽

KADOH LIVE 『カリスマ』

HIGURE17-15cas」にて、開催中の『カリスマ』〜羽鳥智裕・おわらないいけばな展〜(2011.1.8〜30)。
HALLEYこと、羽鳥 智宏[Hatori Tomohiro]さんの活け花によるアート・パフォーマンスKADOH LIVEの最終回(全 4回)が行われました。(2011.1.30)
4週目の KADOH LIVEは、ギリシャ・ギター奏者 Yoya[ヨーヤ]さんと、ソプラノ歌手 岡庭 矢宵[おかにわ やよい]さんを迎えてのライブ・パフォーマンスでした。
Hatori Tomohiro,Yoya Hatori Tomohiro,Yoya
 
共演者である、Yoyaさんや岡庭矢宵を花で飾り、パフォーマンスに引き込みながら、ハリーさんの舞踏と、ブズーキ(ギリシャ・ギター)、ヴォイス・パフォーマンスが絡み合います。
Hatori Tomohiro (Harry),Okaniwa yayoi
 
カリスマ 羽鳥智裕[Tomohiro Hatori] KADOH LIVE
Performer: 羽鳥智裕[Tomohiro Hatori]<http://tomohirohatori.blogspot.com/>
Bouzouki(μπουζούκι): Yoya[ヨーヤ]<http://www.yoya.xii.jp/>
Voice: 岡庭 矢宵[Okaniwa Yayoi]
開催: 2010年 1/29(土)
時間: 19:00 - 20:00
 
hatori Tomohiro (Harry),Okaniwa yayoi,Yoya 
 
『カリスマ』〜羽鳥智裕・おわらないいけばな展〜
<http://tomohirohatori.blogspot.com/2010/12/blog-post_31.html>
羽鳥智裕[Tomohiro Hatori]<http://tomohirohatori.blogspot.com/>
開催: 2010年 1/8(土)〜30(日)
開廊: 11:00 - 19:00
在廊: 毎週末(8.9.10.14.15.16.21.22.23.28.29.30)
* 在廊可能日: 12水.18火.19水.25火.
休廊: 月
場所: HIGURE17-15cas comtemporary art studio <http://higure1715cas.bufsiz.jp/>
住所: 荒川区西日暮里 3-17-15
 

吉上恭太 海外絵本の翻訳や書籍の編集に携わる吉上 恭太さんの演奏会『サウダージな夜』第6回です。吉上さんの選曲による、ブラジル音楽(ボサノヴァ)、日本の古いポップスなどを、古書店の営業を続けながら(ライブの間も捜し物、買い物 OK)、「古書ほうろう」奥のスペースで音楽を楽しむことが出来ます。
古書ほうろうに行く時は、三軒隣でビールを買って、恭太さんが奏でるギターを BGMにしながら、読むことがないであろう大量の本の背表紙をぼんやり眺めています。
 
■ 吉上恭太のサウダージな夜 第6回(古書ほうろうの日々録
<http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/20110128>


吉上恭太のサウダージな夜 第6回
<http://www.yanesen.net/horo/info/detail.php?id=67>
開催: 2011年 1/28(金)
時間: 20:00〜(約 1時間)
料金: 無料(投げ銭歓迎)
* 飲み物持込み可(三軒隣に酒屋あり)
HOST: 吉上恭太 <http://kyotakyota.exblog.jp/>
会場: 古書ほうろう <http://www.yanesen.net/horo/>
住所: 文京区千駄木 3-25-5
 
古書ほうろう, 吉上恭太のサウダージな夜

青秋部N古書ほうろう」で不定期開催されています『吉上恭太のサウダージな夜』。第 5回はクリスマス・ソングを揃えて『吉上恭太の サウダージなクリスマス・イブ』。ゲストはつい先日、『10年前に歌手として中国デビューしかけた』というエピソードを、当時録音されたデモCD持参でカミングアウトしました「不忍ブックストリート 青秋部」のNさんでした。
吉上恭太さんのギターに、美しい歌声でクリスマスソング歌う青秋部 Nさん。古書の森の聖なる夜に、新たな歌姫が誕生しました。

今年は、結婚式も挙げ、古書ほうろうで披露パーティーを開いた青秋部 Nさん。
サウダージなクリスマスイブ
 
今夜のクリスマスケーキは、青秋部の結婚披露パーティーや小坂忠さんのライブでもお菓子を焼いた仰木ゆず子さんでした。
吉上恭太&ともこ吉上恭太の サウダージなクリスマス・イブ
<http://www.yanesen.net/horo/info/detail.php?id=62>
出演: 吉上恭太 <http://kyotakyota.exblog.jp/>
ゲスト: 青秋部 N <http://d.hatena.ne.jp/seishubu/>
クリスマスケーキ: 仰木 ゆず子
--
開催: 2010年 12/24(金)
時間: 20:00〜(約 1時間)
料金: 無料(投げ銭歓迎)
* 飲み物持込み可(三軒隣に酒屋あり)
会場: 古書ほうろう <http://www.yanesen.net/horo/>
住所: 文京区千駄木 3-25-5

Jazz & TapDance 路上ライブ

団子坂下交差点 千駄木、団子坂下交差点。イタリアン・レストラン「イルサーレ[IL SALE]」前にて、同ビル地下 1Fにあります、JazzClub「Django[ジャンゴ]」が仕掛ける、路上パフォーマンス。当日(2010.12.11)、ジャンゴに出演される、Jazz & TapDanceメンバーによるパフォーマンスは18時過ぎから始まりました。前回同様、近隣住民が通報し、警察が駆けつけるまでの 15~30分弱のゲリラ・ライブでした。

Jazz Club Django[ジャンゴ] <http://www.jazzclubdjango.com/>
住所: 文京区千駄木 3-36-1 B1
---
■ Jazz & TapDance
路上パフォーマンス: 18:00〜
開演: 19:00 -
料金: ¥2,500
メンバー:
大塚 レオナ (tap) <http://ameblo.jp/reonatap/>
柴 貴子 (viln) <http://ameblo.jp/violina0128/>
中根 一城 (gtr) <http://yaplog.jp/kazu-pino/>
田嶋 真佐雄 (b) <http://www.geocities.co.jp/MusicHall/9780/>
大森 ヒロ (ds) <http://ameblo.jp/jotaro1955/entry-10558163703.html>
大塚レオナ ,柴貴子 ,中根一城, 田嶋真佐雄 ,大森ヒロ
 

小坂忠、古書ほうろうで歌う

小坂忠、古書ほうろうで歌う 現在は牧師である、シンガーの小坂 忠さん、初のクリスマス・キャロル集『Christmas carol』(ミクタムレコード)発売記念ライブとして、『小坂忠、古書ほうろうで歌う</a>』が、千駄木の「古書ほうろう」にて開催されました。(2010.12.10)
■ 小坂忠、古書ほうろうで歌う(古書ほうろうからのお知らせ
<http://www.yanesen.net/horo/info/detail.php?id=58>


「古書ほうろう」の店名は、小坂忠さんの『ほうろう[HORO]』(1975)から名付けられています。
平成 10年(1998)、宮地さん、山﨑さん、ミカコさん、神原さんの 4人で「古書ほうろう」がオープンし、干支ならばちょうど一回りを迎える 12年目の今年(2010)。2月の「羽鳥書店まつり」に始まり、3月には『高山宏 meets 水族館劇場「古書の森の劇場」』、そして 5月には盟友である山崎さん、神原さんの「古書 信天翁[あほうどり]」の独立もありました。大きな転機ともいえる 2010年の 12月、今まで編み、拡げた、古書ほうろうに関わる方々の縁を辿って、小坂忠さんのライブが実現しました。
 
そんな意味深いイベントなのに、無謀にも私に撮影担当を依頼してくれた「古書ほうろう」店主の期待に応えて(?)、お見せできない大量の失敗写真を撮影しました。数少ないお気に入りの写真は、ライブ風景ではなく、ミカコさんが淹れる「萬福亭」コーヒーを、待ち遠しそうに見守っていた小坂忠さんの姿でした。
小坂忠、古書ほうろうで歌う
 
■ 小坂忠、古書ほうろうで歌う(古書ほうろうの日々録
<http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/20101231/p1>
■ みなさま、ありがとうございました。(萬福亭 「いつだって読み違いしている」
<http://d.hatena.ne.jp/mampuku-tei/20101231/p1>
 

CHU - KOSAKA in HORO 2010.12.10

 千駄木、「古書ほうろう」にて、店名の由来ともなった『ほうろう HORO』を歌われる、小坂 忠さんのライブがありました。(2010.12.10.Fri)
■ 小坂忠、古書ほうろうで歌う(古書ほうろうからのお知らせ
<http://www.yanesen.net/horo/info/detail.php?id=58>
---
リハーサル前の時間、ほうろう店内の書籍を眺める小坂 忠さん。
小坂忠,ほうろう
 
■ 小坂忠、古書ほうろうで歌う(古書ほうろうの日々録
<http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/20101231/p1>
■ みなさま、ありがとうございました。(萬福亭 「いつだって読み違いしている」
<http://d.hatena.ne.jp/mampuku-tei/20101231/p1>
 

「古書ほうろう」にて第 4回『吉上恭太のサウダージな夜』が開催されました。(2010.11.26)
古書ほうろう, 吉上恭太のサウダージな夜
 
吉上恭太 営業中の「古書ほうろう」奥に、ビールやおつまみが置かれ、ゆったりとした雰囲気の中でライブが始まりました。吉上さんは音楽遍歴を語りながら、(時々はオリジナル曲もはさみつつ)ブラジル音楽を中心にギター演奏と歌を披露しました。
ライブ後半にはゲストとして、不忍ブックストリート・一箱古本市実行委員でもあるトンブリンさんが、"口笛奏者"として参加しました。吉上さんのギターと達者な口笛伴奏で数曲を披露しました。

吉上恭太のサウダージな夜 第4回
<http://www.yanesen.net/horo/info/detail.php?id=57>
出演: 吉上恭太 <http://kyotakyota.exblog.jp/>
ゲスト: トンブリン
--
開催: 2010年 11/26(金)
時間: 20:00〜(約 1時間)
料金: 無料(投げ銭歓迎)
* 飲み物持込み可(三軒隣に酒屋あり)
会場: 古書ほうろう <http://www.yanesen.net/horo/>
住所: 文京区千駄木 3-25-5
 
tombrin
 

昭和歌謡とジャズの午後

昭和歌謡とジャズの午後 夕やけだんだん上、「古書 信天翁」では、芸工展 2010関連企画『唖々砂[アーサ]・バザール』が開催されています。(2010.10.9〜24)
「古書 信天翁」のロゴやイラスト看板をはじめ、『天山の巫女ソニン』(著:菅野 雪虫)や『中古民家主義』(著:眞鍋 じゅんこ/ 鴇田 康則 )などの挿絵やイラストなど、イラストレーター、グラフィックデザイナーとして活躍されるアーサさんの多才ぶりが垣間見える展覧会。絵、本、書、句・・・、そして歌も唄っていたというアーサさんがミニ・ライブを開催しました。題して『昭和歌謡とジャズの午後』。(2010.10.11)

二胡演奏の二胡演奏の井口 棐さん、ベースのベース奏者の井口 吾郎さん、ジャズ・キーボード奏者の清水 隆史さんをバックに、"昭和歌謡の部"と"JAZZの部"の2部構成で、9曲を熱唱しました。
井口棐,清水隆史,井口吾郎,アーサ
 
■ 昭和歌謡とジャズの午後
<http://booksalba.exblog.jp/14187087/>
開催: 2010年 10/11(月 祝)
時間: 開場 14:00 開演 14:30 - 16:30頃
木戸銭: ¥ 1,000(1ドリンク付)
Vocal:アーサ / 二胡:井口 栞 / Bass:井口 吾郎 / Keyboard 清水隆史
会場: 古書 信天翁[あほうどり]<http://www.books-albatross.org/>
住所: 荒川区西日暮里 3-14-13
 
古書 信天翁

Secret Thank you LIVE

永山マキモダーン今夜」のメンバーでもあるヴォーカリストの永山 マキさんと、ギタリストのイシイ タカユキさんによるシークレット・ライブが地元・谷根千のご友人(mio*nene)の企画によって実現しました。
永山 マキさんの産休前最後の"臨月ライブ"です。ゲストにはこれまた谷中在住の友人、ナーゴ(Takanori Nagai)さんです。
根津のギャラリーLIBRE[リブレ]、以前にもオープニング・パーティーなどのライブは行われていました。本格的なライブでの使用は初めてだそうです。ギャラリー奥が二階へと吹き抜けになっていて、音がいい感じに響きます。永山マキさんのあたたかな歌声、イシイタカユキさん、ナーゴさんのギターの耳障りの良い音色が響き渡ります。
名残惜しくも一部のみを聴いて、会場を後にしました。
素敵な音楽を聴かせてくれた永山マキさん、イシイタカユキさん、ナーゴさん。企画をされたミホさん、アキバさん、LIBREオーナーの中島さん、シークレット・ライブにお声をかけて頂きありがとうございました。

 

ゆや 千駄木の「ギャラリー Kingyo」にて開催されています、齊藤 江湖[さいとう こうこ][Saito Kouko]さんの展覧会『はんこ職人の仕事と書 展』。(2010.9.10〜12)
9/11(土)には、京都を中心に活動されているゆやさんがこのパフォーマンスのためだけに東上され、斎藤 江湖さんとともに「書」×「歌」のライブパフォーマンスが行われました。江湖さんが書を描き始める前に、アコーディオンのみで数曲を披露してくれました。緩やかで穏やかな音楽は、谷根千界隈の街並みに似合う、やさしい歌声でした。
 
■ yuya in Gallery Kingyo - 2010.09.11.(一人琴
<http://blog.goo.ne.jp/binga-uta/e/b6016de98f761d3e72b4c996b2bc1a98>
---
関連リンク:
■ yuya(YouTube
<http://www.youtube.com/user/yuya01yuya>
■ Yuya(MySpace
<http://www.myspace.com/yuyayori>


「書」×「歌」のライブパフォーマンスでは、『曼珠沙華[まんじゅしゃげ]』を主題に行われました。
ゆや,斎藤江湖
 
■ 「書」×「歌」のライブパフォーマンス
<http://sd602kingyo.blog67.fc2.com/blog-entry-589.html>(ギャラリーKINGYOローカル日記
2010年 9/11(土) 17:30〜(約 15分)
歌 + アコーディオン: ゆや <http://blog.goo.ne.jp/binga-uta>
書: 齊藤 江湖 <http://www.koukoan.com/>
 
■ 齊藤江湖『はんこ職人の仕事と書展』
<http://www13.plala.or.jp/sd602kingyo/exhibition/2010/0910.html>
開催: 2010年 9/10(金)〜-12(日)
時間: 12:00 - 19:00(最終日: 17:00迄)
場所: ギャラリー Kingyo <http://www13.plala.or.jp/sd602kingyo/>
住所:文京区千駄木 2-49-10

1  2  3  4  5  6  7  8  9

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち音楽カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは秋のアート展です。

次のカテゴリは演劇芝居です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築