日々のこと '10

表裏

シートで覆われるのも、もう直です。続続と大道具スタッフや役者さん達が合流し始めています。最終チラシとポスターも完成したようです。一箱古本市も参加します。
水族館劇場
 
■ NOMAD 恋する虜 ~ 此の世の外まで一網打尽! ~
作/演出: 桃山邑
<http://www.yanesen.net/horo/info/detail.php?id=33>
--
序幕  魔都に眠るユリシーズ
壹の歌 鐵と煙と硝子の丗紀   
貳の歌 機械仕掛けの水姫     
參の歌 無縁の森の少女人形        
終幕  忘れられた夙の神   
--
木戸錢: 前売 3,500円 当日 4,000円 中高生 2,500円
 
前売り券:
お名前、ご住所、観劇希望日時、人数(枚数)を記入してチケット専用窓口ticket@suizokukangekijou.comまで。
 
取り扱い店舗:
・古書ほうろう <http://www.yanesen.net/horo/>
・パリットフワット <http://parifuwanet.web.fc2.com/>
・バンバンバザール
-- 
公演日:2010年
5月
21(金)、22(土)、23(日)
28(金)、29(土)、30(日)
6月
1(火)、2(水)、3(木)、4(金)、5(土)、6(日)、7(月)
--
入場整理券引き替え: 17:00~
開演: 19:00~
--
全公演: 桟敷自由席
* 公演はすべて期日指定です。
* 入場整理券は全公演、毎夕5時から当日券・前売り券の区別なく先着順に配布します。
* 当日券も若干ご用意しますが、確実にご覧になりたい方は前売券をお求めください。
また、最終週は混雑緩和のために、ある程度座席を制限します。予めご了承ください。
* 中・高校生割引券 2,500円は劇団に予約のうえ、当日ご本人に窓口で販売となります。
主宰: 水族館劇場 <http://suizokukangekijou.com/>
企画製作: Koola Lobitos
会場: 駒込大観音境内特設蜃気楼劇場 水邊の廢園
場所: 光源寺駒込大観音
住所: 文京区向丘 2-38-22
交通:
東京メトロ南北線 本駒込駅下車 徒歩 3分
都営三田線 白山駅下車 徒歩5分
東京メトロ千代田線 千駄木駅下車 徒歩 7分
 

幟がかかる

5月に入りました。外観はシートに覆われ始め、テントらしくなり、幟がかけられました。
水族館劇場 2010年公演『NOMAD 恋する虜』初日まで、あと 3週間。
NOMAD
 

谷根千エンジョイ行進

谷根千エンジョイ行進 現在、千駄木に二つのビルに対する建設反対運動があります。コンピューターサーバービルとマンションなのですが、そのいずれもが NTTが関わり、不誠実な対応に近隣住民は大変、不安と不信感を抱いています。近隣保育園や小学校に子どもを通わせる保護者たちで作られたのが「谷根千の町と子どもを守る会」です。
谷根千の町と子どもを守る会」が主催し、『谷根千エンジョイ行進』が開催されました。

行進は黄色いリボンを付け、風船を持ち、バイオリンや笛や太鼓が音楽を鳴らしながら、谷中~根津~千駄木の街を署名活動をしながら行進しました。
谷根千エンジョイ行進
 
関連リンク:
・千駄木駅の前にNTTがでっかいビルを建てようとしてますよ(古書ほうろうの日々録)<http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/20080806/p1>
・「青鞜」創刊の地のマンション騒動(あらたにす)<http://allatanys.jp/B001/UGC020005020100104COK00457.html>
・谷根千の町とこどもを守る会 <http://yanesenmamoro.jugem.jp/>
・NTTサーバービル反対で行進(浅田やすおの文京日記)<http://blogs.yahoo.co.jp/asadayasuo/36067010.html>
・建設委員会でNTT駒込第2ビルを質問(浅田やすおの文京日記)<http://blogs.yahoo.co.jp/asadayasuo/35629273.html>
 

ホーム & アウェー

よみせ通り。左の人だかりは、「ながれのかばんや えいえもん」さん。右で電話をかけているフリをしているのは「刃研ぎ堂」さん。
よみせ通り
 
調子の良い時もあれば、悪い時もあります。人生は上がったり、下がったり。
えいえもんさんも刃研ぎ堂さんも、お疲れさまです。
 

隙間の桜吹雪

真島町の坂上に咲く八重桜の花弁が、風に舞い、坂下の家の隙間に降り注いでいました。
八重桜吹雪
 

この日、午前中は雨が降っていましたが、午後からは雨が上がりました。
光源寺 駒込大観音境内では『NOMAD 恋する虜』(水族館劇場)特設 蜃気楼劇場"水邊の廢園"の建て込みが続きました。
 
水たまりに浮かび上がる未完成の水邊の廢園。
水邊の廢園
 
あと何週間のうちに、"水邊の廢園"は全貌を現します。
 

水族館劇場
 
一番奥の音楽監督は鳶職。中央の役者兼舞台設営は伊勢神楽の太夫。手前は舞台監督。
本来は見せるための作業ではないので、当然ながら近寄れませんし、地道で真剣です。
ですが、光も影も、人も道具も、生活感があって見飽きないのです。
水族館劇場
 
これから約一ヶ月後にはスペクタクルな芝居が観られるのです。
 

地に働けば影が建つ

水族館劇場NOMAD 恋する虜』(2010.5.21~全 13公演)。
光源寺 駒込大観音境内に建設中の特設・蜃気楼劇場「水邊の廢園」。強い光に、設営作業を続ける劇団員とテントの骨組みが影を落として、地面に映し出されます。

光源寺
 
蜃気楼劇場
 

梅が実り始める

とても寒い雨の日だったり、汗ばむほどの陽気だったり。春はは絶え間なく変化しながら、木々や花々を育てます。
水族館劇場『NOMAD 恋する虜』、駒込大観音境内特設 蜃気楼劇場"水邊の廢園"の建て込みが続けられる光源寺では、梅の実がつきはじめました。
光源寺の梅
 

朝帰り

日曜の午前 5時。
夜通し遊んできたのでしょうか・・・。楽しげに話をしながら日暮里駅から七面坂を下りてくる、若い二人。
朝焼け
 
私にはまぶしすぎます。・・・"若さ"も、"朝焼け"も。
 

4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日々のこと '10カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日々のこと '11です。

次のカテゴリは日々のこと '09です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築