日々のこと '10

Hampton's Virtual House

Jay Tsukimura[ジェイ・ツジムラ]さんの愛犬・ハンプトン[Hampton]。ハンプトンの名前の由来は人名でなく、ニューヨーク郊外の高級リゾート地"Hampton"からだそうです。
HAMPTON
 
谷中へ来る前は鎌倉に住んでいたジェイさんとハンプトン。七里ヶ浜の散歩は毎日の日課だったそうです。いつかハンプトン ビーチを散歩できると良いね。
 

■ ほうろう五号荘組よりごあいさつ(古書ほうろうからのお知らせ
<http://www.yanesen.net/horo/info/detail.php?id=35>
■ 飛び立つ「古書信天翁」と、「古書ほうろう」のこれから(古書ほうろうの日々録
<http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/20100602/>
---
古書 信天翁 6月 12(土)、13(日)のプレ・オープンを経て、見晴らしのよい夕やけだんだん上に「古書 信天翁[こしょ あほうどり]」が正式にオープンしました。(OPEN: 2010.6.18~)
 
店主・ヤマサキさんが被っている馬は、さすらい姉妹『鞍馬天狗』で使われた小道具。『水族館劇場、古書ほうろうに現る!』(2008.3.19)に登場した馬です(作: 真生 雲母)。立て看板も同じく水族館劇場からの開店祝い(作: 及部 文人)。後日、此の立て看板に、イラストレーター・アーサさんが、看板絵を描き上げます。

着くべき同じ約束の地を、違う道で辿るように、「古書ほうろう」の双生児店「古書 信天翁[あほうどり]」は兄弟と環境を変えて、少しずつ新しい個性を作り上げていくことと思います。
古書 信天翁
 
■ 2010-06-10 信天翁(あほうどり)の助走(ナンダロウアヤシゲな日々
<http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20100610>
■ 2010-06-17(しのばずくん便り
<http://d.hatena.ne.jp/shinobazukun/20100617>
夕やけだんだん
 

ちび

"ご近所さん"と勝手に呼んでいましたが、サッサさんに訊くとちび(<< Link: 谷中草庵日記)という名前だそうです。
相変わらず、塀に上ったり家の隙間に入ったり、近所の見廻り中でした。
ちび
 

六十三年

夕やけだんだん下、「大隈スポーツ」さん。63年間の営業を今月で終えるそうです。
大隈スポーツ
 
新刊書店、文房具店、洋品店、スポーツ用具店、...
小さな専門店が町から消えていきます。
 

信天翁の馬頭観音

「古書 信天翁[あほうどり]」オープン前日に現れた、馬頭観音。(撮影協力: 羽鳥書店
馬頭観音
 
馬頭観音・・・ではなくて、馬のかぶりものは、以前に「古書ほうろう」に於いて、水族館劇場・別ユニット「さすらい姉妹」による公演『鞍馬天狗』(2008.3.19 -「水族館劇場、古書ほうろうに現る!」)に使用された馬の頭。その後、近藤 十四郎さんのライブなどにも登場しています。(<< Link: ナンダロウアヤシゲな日々
 

光源寺のほおずき手拭い

光源寺では毎週の水曜日、午前中を中心に「親子でどんぶらこ ♪」の活動が行われています。台東区社会教育団体「親子でどんぶらこ ♪」は、"親子で遊び・育ち・つながる"を合い言葉に、乳幼児家庭教育を実践しています。簡単に言えば、子供たちと遊び、ときどき保護者らが学ぶ親子の集まりです。
 
この日は、光源寺で毎年 7月 9、10日に開催されます「駒込大観音[こまごめおおがんのん] 四万六千日[しまんろくせんにち] ほおずき千成り市[せんなりいち]」のお手伝いをされていました。
子供たちを傍らで遊ばせながら、おかあさん方は「ほおずき市」の飲食コーナー"萬福食堂"の担当やお手伝いが頭や首に巻く、手拭いの染めと柄入れをされていました。
ほおずき市の手拭い
 
はしゃぎ回ったり、まとわりついたりする子供たちを上手にいなしながら、朱に染められた手拭いに、絵付けを施していました。・・・母強し!
絵付け 絵付け
 

光源寺の紫陽花

水族館劇場の撤去もあと数日のうちに終了しそうです。撤去作業と並行して「駒込大観音 四万六千日 ほおずき千成り市」の飲食コーナー「萬福食堂」のテント建て込み作業もしています。
 
光源寺の片隅では紫陽花が色付きはじめました。
光源寺のアジサイ
 

全面ガラス張りだったアラン ウエスト[Allan West]さんのアトリエが寺社風に変わりました。アトリエ アラン ウエストは、3月より改装中でしたが、外装はほぼ終わりました。
Atelier Alan West
 

白バラの咲く階段

白ばら階段を、買い物袋を提げて上っていくのは、年の離れた老夫婦か親子でしょうか。
バラのある風景は初夏の気配を漂わせます。
白バラ
 
 

五月のあいぞら

まめわぞ&あいぞら
 
アトリエ・まめわぞ」の『うとあさこ カバン展』に合わせて、長屋のお隣、チベット雑貨「あいぞら」も四日間の開店をしました。(2010.5.14~17)
定番のフェルト・シューズや、初夏に相応しい、チベット藍染の Tシャツ、チベット香、うつわなど揃えての開店です。今回も店主の留守を預かる"善人ズ"の皆さんが日替わりで接客されていました。
あいぞら
 
6月には店主、渡辺 香織さんが、ネパールから素敵な雑貨を抱えて一時帰国されるそうですよ。
 

2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日々のこと '10カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日々のこと '11です。

次のカテゴリは日々のこと '09です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築