谷中

朝の初音そば

谷中銀座」の朝。4時を過ぎた頃「肉のスズキ」の灯りがつきます。1年ほど前から先代に代わり、息子さんがメンチの仕込みを始めています。それから「武蔵屋豆腐店」から湯気が立ち上ります。天ぷら「初音家」さんも仕込みが早く始まります。
4時 30分日暮里駅着の京浜東北線始発に乗って初音そば店主が現れます。5時前から 6時過ぎまで仕込みを済ませ、6時半には店を開きます。
八十過ぎの店主は谷中銀座で蕎麦屋を初めて約 35年になるそうです。
初音そば
 
いつも同じ話をしてくれるのだけれど、話し相手によって、端折ったり、適当に受け流すので、年数や体験が微妙に変わります。タクシーの運転手のスポーツの試合結果や近所同士の天気の話と同じく、他愛のない会話は挨拶のようなもので、内容はあまりないようでいて、大切なやりとりの気もします。まあ、いつもそんな話に突っ込んだり笑ったりしながら、蕎麦をすするのでした。
きつね
 

 以前は 1月 15日まで開催されていた「谷中七福神めぐり」は、2010年より1月 10日までと期間が縮まりました。ですが、アラン・ウエスト[Alan West]さんが描いた七福神の絵馬は、もうしばらく眺められそうです。
ALAN WEST
 
ALAN WEST オフィシャルホームページ
<http://www.allanwest.jp/>
 

旅ベーグルで七草がゆ

七草がゆ旅ベーグル」で七草がゆを食べるのは三年目だそうです。一、二年前は偶然通りかかってご馳走になったのですが、「来年も用意しておくから必ず来なよ」と声をかけて頂き、その言葉だけを支えに今日まで生きてきたのでした(涙)。今年、ベーグル屋のふたりは定休日の金曜なのに「七草粥のため(か、どうかはわかりませんが)、店を開けていますよ」と昨年末に聞いていましたので、今日は午前に仕事を終えると、一目散にへび道を訪ねました。
一目散に・・・、というのは嘘でした。遊庵「ねこじゃらし」で七草粥を食べた帰りのことでした。
後から「Negla」のカジさんも合流。


■ 幸せの突き当たり(日々の泡
<http://www.tabibagel.net/days/?eid=422>
■ 七草粥ごちそうさま(ねぐら日誌
<http://blog.negla.net/?eid=223>
 
この一年間、無病息災でいられたのは、東都六地蔵(第二番)と、旅ベーグルのおふたりのお陰です。嗚呼ー有り難や、神様、お地蔵様、旅ベーグル様っ!!
旅ベーグル
 
三年目の七草粥ということは、約一ヶ月後に、旅--ベーグルは三年目ということですか。長いような,あっという間のような。今年もよろしくお願いします。
 

人日の猫

1月 7日は"人日[じんじつ]"というそうです。
妙行寺
 
鐘のある寺で飼われている数匹の猫は、とても警戒心が強くて近寄らせてくれません。
写真はふいに下を覗いたところですが、案の定、すぐに顔を引っ込めて姿を消してしまいました。
妙行寺
 

初音町マラソン第 37回 初音町周辺 元旦マラソン大会
よみせ通り〜三崎坂〜六阿弥陀道〜道灌山通り〜よみせ通りと、初音町(いまの谷中初四町会地域)を一周しますと、約 1.8km。信号に遮られることなく走れます。
6周組(約 10.8km)、3周組(約 5.4km)、1周組と(約 1.8km)と分かれて走るのだそうです。

谷中初音町マラソン大会
 

こども火の用心 師走に入りますと、谷中、根津、千駄木界隈では町会ごとに夜の見廻りが始まります。夜更けに街の通りや路地から「火の用心」の声と拍子木が鳴り響きます。
 そして町会のいくつかは、冬休み開始の前後に『こども火の用心』が行われます。27日は谷中初四町会と上野桜木町会でも行われたようです。(2010.12.27)
谷中初四町会の「こども火の用心」にお供させて頂きました。南北に走る六阿弥陀道とよみせ通りの間の地域が谷中初四町会の区域です。(谷中銀座も含まれます)

 19時頃から、父兄や町会の大人たちに連れられ、20名近い子供たちが町内を歩きます。途中、消防車との記念撮影もありました。見廻りを終えると袋一杯のお菓子をもらって解散です。
こども火の用心
 
谷中初四町会
 

青空 池内写真館

 谷中の貸しはらっぱ「音地[ondi]」にて、フォトグラファー・池内 功和[Kowa Ikeuchi]さんが不定期ではじめられた青空写真館です。
貸しはらっぱ「音地」
 
雑誌の仕事や展覧会で作品を発表されています池内功和さんが、ポートフォリオを撮影します。自転車に乗ってきて、そのまま普段着の格好を撮影でもいいし、お気に入りの服を着てオシャレしてきても構わない。池内さんが、自然の光で、自然の表情を捉えます。
今後も一〜二ヶ月に一回程度、穏やかに晴れた穏やかな週末にオープンする予定です。
 
関連リンク:
■ 先週末の谷根千界隈イベントにて(Mの日記@古本T「たまにはストレート・ノー・チェイサー」
<http://tmasasa.exblog.jp/14500543/>
池内功和,青空写真館
 
■ 青空池内写真館
<http://ondi.exblog.jp/12372736/>
池内 功和[Kowa Ikeuchi]<http://gallery.me.com/kowanofsky>
開催: 2010年 12/23(祝 木)、25(土)、26(日)
* 雨天、強風は中止です
時間: 10:00 - 夕方まで
場所: 貸はらっぱ 音地 <http://ondi.exblog.jp/>
住所: 台東区谷中 7-17-6
 

 よみせ通りから三崎坂を跨いでへび道に入るところ、今年も約一ヶ月前から JAY TSUJIMURA[ジェイ ツジムラ]さんのアトリエ&ショップに、イルミネーションが灯りました。
 よみせ通りから三崎坂下にぶるかると、朝日湯、お好み焼き「やま」、靴「SONOMITSU[そのみつ]」、中華「砺波[となみ]」、へび道、カフェ&バー「ペチコートレーン」(2F: 不思議[はてな])が並びます。へび道の入り口に見えるのが 「 JAY TSUJIMURA[ジェイ ツジムラ]」。
へび道
 
アトリエ内は、「JAY TSUJIMURA[ジェイ ツジムラ]」のシルバー・ジュエリーと、慧[kei]さん(manifica[マニフィカ])が立ち上げたオリジナル・メンズ下着 「TOKYO BOYZ[トーキョーボーイズ]」、輸入メンズ下着が並び、男の遊び心と色気が立ちこめるアトリエになっています。
JAY TSUJIMURA
 

オメデトウ Leprotto 5th

 谷中の手縫い革小物「Leprotto[レプロット]」が、2010年 12月 12日をもって開店 5周年を迎えられました。(2010.12.12)
旅ベーグル」副社長が作ってくれた首飾りを自慢する店主・高橋さん。
レプロット
 

 谷中の貸しはらっぱ「音地[ondi]」に現れたドーム上のテント。モンゴルの遊牧民が暮らす"ゲル"と呼ばれる移動式住居です。折りたたみ式ゲルをはらっぱに持ち込み、都市でのキャンプを実践するイベントだそうです。(2010.12.11〜12)
■ 都市遊牧実験-モンゴルゲルでキャンプ
<http://www.rboard.jp/modules/gnavi/index.php?lid=580&cid=5>
ゲル
 
アーバンキャンプゲル@音地貸はらっぱ 音地[おんぢ]ONDI
<http://ondi.exblog.jp/12213351/>

4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち谷中カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは根津です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築