千駄木

パリットフワット,nakamura 谷中での同居店であった「いろはに木工所」山下さん(1F: いろはに木工所/2F: nakamura)と「パリットフワット」ですれ違いました。Original shoes & Sandals「nakamuraの中村 民さんの好物が「パリットフワット」のパンということで、お祝いの品が被ってしまいましたが、別々の種類を持って「nakamura」さんへ。
パリットフワット」では、事前に相談されると、オリジナル・お祝い用のパンも作ってくれますよ。

「nakamura」の中村 隆司さん&民さん夫妻と「いろはに木工所」の山下 純子さん


「nakamura」さんのアドバイスを頂きながらつくられた「いろはに木工所」の木の靴べらは、shop nakamuraにて購入できます。
木の靴べら
 
 

BUNKS!!

 千駄木、養源寺の"BUN[文]"四兄弟の三男であり、よみせ通り沿い、スケボーショップ「BUMBRICH[バムリッチ]」とは兄弟店であり、活動休止中の「Yanesen-Boyz[ヤネセンボーイズ]」メンバー(Base)でもある、山田 紹文さんがリサイクル・ショップをオープンしました。
動坂上の Selected Recycle「BUNKS[バンクス]」です。(OPEN: 2010.12〜)
 
Tシャツ、シューズ、楽器、AV機器など、ストリートファッションや音楽を中心に日用雑貨まで、幅広く買い取り&販売しています。
BUNKS
 
■ Selected Recycle BUNKS[バンクス]
営業時間: 13:00頃 - 20:00頃
定休日; 不定休
住所; 文京区千駄木 5-38-9 1F
問い合わせ: 070-5080-4397
千駄木 BUNKS
 
BUNKS」の"BUNK"は、わが町、文京区へのリスペクトだそうだ。
 

一籠CD市

 夕やけだんだん上にあります西日暮里の「古書 信天翁[あほうどり]」と、不忍通り沿いにあります千駄木の「古書ほうろう」にて、『一籠CD市』が開催されています。(2011.2.10〜20)
一籠CD市は、一般応募で申し込まれた 16組の店主が、一店一籠(約 40枚)のコーナーを設け、CDを販売します。
店主は一人であったり、チームであったり。テーマを考えた品揃えもありますし、不要になった CDを処分するだけという理由だとしても、店主それぞれの嗜好や趣味が反映された個性的な品揃えになっていました。値段も一般の中古CDショップよりリーズナブルだと思います。
不忍ブックストリート」の古書店 2店が共催する、音楽版・一箱古本市『一籠CD市』、開催期間は 10日間。店主によっては随時、補充もされるそうです。
 
一籠CD市
<http://booksalba.exblog.jp/14705738/>
開催期間: 2011年 2/10(木)〜20(日)
営業時間: 古書信天翁 12:00 - 22:00/ 古書ほうろう 12:00 - 23:00
定休日:
主催:
古書 信天翁 <http://www.books-albatross.org/>
古書ほうろう <http://www.yanesen.net/horo/>
住所: <一籠CD市・地図>
---
一籠CD市イベント
古書信天翁: サタデーナイトDJ(仮)2/12(土)18:00 - 22:00
古書ほうろう: フライデーDJナイト(仮) 2/18(金) 18:00 - 22:00
---
 
古書 信天翁 12籠
「一籠CD市」出店者のご紹介 <http://booksalba.exblog.jp/14890871/>
古書信天翁
 
■ 古書ほうろう 4籠
一籠CD市 <http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/20110209/>
古書ほうろう
 

美容室ハセガワ前にて

千駄木の路地奥。「ハセガワ美容室」の前にて。
黒ネコ
 

千駄木喫茶 ギャリコ

千駄木喫茶 ギャリコ千駄木、動坂上にオープンしました、ショコラが自慢のカフェ「千駄木喫茶 ギャリコ」です。(OPEN: 2011.1.21〜)
席は 7席。一人、読書をしたい方や二人で話すのに向いています。
店名は『猫語の教科書 』の作者 ポール・ギャリコ[Paul Gallico]から名付けられました。


ギャリコ
焼き菓子と、それに合ったドリンクが豊富です。店主がショコラ専門店で働かれていたこともあり、、とくにガトーショコラ、チョコレートブラウニーなど、チョコにこだわりが感じられます。コーヒーや紅茶の他にチョコを使用したホットドリンク「ショコラ ショー[ Choc-o-lait]」が各種あります。
猫語の教科書 ショコラショー
 
手作りの焼き菓子やジンジャーシロップ、キャラメルクリームは、テイクアウト用の販売もしています。
ギャリネコ ジャム
 
千駄木喫茶 ギャリコ
<http://chocokissa.exblog.jp/>
営業時間: 12:00 - 19:00
定休日: 月・火(予定)
住所: 文京区千駄木 5-38-6
千駄木喫茶 ギャリコ
 

鬼ごっこ

今日は節分。春の兆しを思わせる穏やかな昼でした。
福は内。鬼は外。猫もこたつから抜け出して、街を駆けまわります。
おばけだんだん
 

吉上恭太 海外絵本の翻訳や書籍の編集に携わる吉上 恭太さんの演奏会『サウダージな夜』第6回です。吉上さんの選曲による、ブラジル音楽(ボサノヴァ)、日本の古いポップスなどを、古書店の営業を続けながら(ライブの間も捜し物、買い物 OK)、「古書ほうろう」奥のスペースで音楽を楽しむことが出来ます。
古書ほうろうに行く時は、三軒隣でビールを買って、恭太さんが奏でるギターを BGMにしながら、読むことがないであろう大量の本の背表紙をぼんやり眺めています。
 
■ 吉上恭太のサウダージな夜 第6回(古書ほうろうの日々録
<http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/20110128>


吉上恭太のサウダージな夜 第6回
<http://www.yanesen.net/horo/info/detail.php?id=67>
開催: 2011年 1/28(金)
時間: 20:00〜(約 1時間)
料金: 無料(投げ銭歓迎)
* 飲み物持込み可(三軒隣に酒屋あり)
HOST: 吉上恭太 <http://kyotakyota.exblog.jp/>
会場: 古書ほうろう <http://www.yanesen.net/horo/>
住所: 文京区千駄木 3-25-5
 
古書ほうろう, 吉上恭太のサウダージな夜

8th Update

8回目の契約更新をしました。
この 16年間に、大家さんは代替わりし、アパートでは一番の古株になってしまいました。
更新
 
もうしばらくこの街にとどまります。
 

 古書ほうろうにて『古書ほうろうで初笑い!? 坂本頼光・三遊亭きつつき 二人会』が開催されました。(2011.1.14)
坂本 頼光[Sakamoto Raiko]さんは西日暮里出身の活動弁士です。全国で活躍されていますが、地元(西日暮里 谷中 根津 千駄木界隈)のイベントへも積極的に参加されています。
落語家の三遊亭 きつつきさんは根津在住の落語家です。三遊亭きつつきさんは、若手落語家が集まり定期的に開催される『やねせん亭』にも参加されています。
お二方とも「古書ほうろう」へ客として通われていましたが、本職で「古書ほうろう」においてイベントを開催されるのは初めてだそうです。
坂本頼光さんの活弁は何度聞いても楽しめます。三遊亭きつつきさんは初めて噺を聞きましたが、表情が豊かな人でした。
<古書ほうろう
 
新春・初笑いとあって「古書ほうろう」からは、美味しい甘酒も振る舞われました。
甘酒■ 古書ほうろうで初笑い!? 坂本頼光三遊亭きつつき 二人会
<http://www.yanesen.net/horo/info/detail.php?id=63>
坂本 頼光(活弁) <http://nunch.fc2web.com/benshi/>
三遊亭きつつき(落語) <http://sanyutei-kitutuki.com/>
開催: 2011年 1/14(金)
時間: 19:00〜
木戸銭: ¥ 2,000 * 飲み物・軽食持ち込み可
会場: 古書ほうろう <http://www.yanesen.net/horo/>

HOLD UP NEW YEAR!

 休廊中の「ギャラリー KINGYO」を通りかかると、ガラス越しにクロウサギに狙われました。
大石真央,寺島夕季
 
 2011年、「ギャラリー KINGYO」で個展を予定している二人の作品で、"黒ウサギ"は大石 真央さんの作品、平面は日本画の寺島 夕季さんの作品だそうです。
 

3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち千駄木カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは根津です。

次のカテゴリは西日暮里です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築