千駄木

或る週末の千駄木文庫

千駄木文庫Ume1913
 
千駄木文庫 動坂上にある週末だけ営業のカフェ「千駄木文庫 Ume1913」があります。"梅、1913"とは店主の、祖父の名の一文字と生年だとか。普段は閑静で、音を絞ったBGMに、窓の外から自転車や自動車が通り抜ける音が聞こえてきます。コーヒーもケーキも、販売されている小物や雑貨も、奇を衒わず、押しつけがましいところがひとつもなく、シンプルでいて、それなのにとてもセンスが良く感じます。店主の商売っ気が薄いのか、値段も良心的です。飾られたアンティークの小物や置かれた古本、販売されている作家の雑貨やアクセサリー、店主が作られた小物。使われる食器のひとつひとつに店主のバランスの良さを感じます。オーガニックに依らず、デザインに依らず、そのものが持つ、あるがままの良さをそっと伝えてくれます。
 休日で賑わう谷根千からすこし離れ、ひとり読書を愉しむ人や、近所から珈琲を呑みながら一服つかれる人、散策の途中に気の置けない友人や恋人と話をしに来られる方もいます。千駄木文庫は、訪れる人たちにとって居心地のいい居間のようです。店主は手が空くと、カウンターの奥で読書をしています。彼女にとっても居心地のいい書斎のようであり、図書館のような空間なのでしょう。

 平日に店の前を歩くことは数多くありましたが、店内でコーヒーを飲んだのは、両手で数えられるくらいでした。わずかな期間でしたが、千駄木文庫にはとても良質な時間を頂きました。このカフェを思う時、頭にはいろいろなイメージがつながっては浮かびます。千駄木の街並みとか、動坂の風景とか、カメラや散歩のこととか。珈琲、雑貨、ときどきマンガとか・・・。
千駄木文庫
 
2010年 11月 23日をもって、「千駄木文庫 Ume1913」は店を閉じられます。
■ 重要なお知らせ!(千 駄 木 文 庫 U m e 1 9 1 3
<http://sendagi-bunko.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-7979.html>
 

檸檬の実 千駄木、団子坂の路地に、総菜&食堂「檸檬[れもん]の実」が、プレ・オープンしました。(pre OPEN: 2010.11.19〜)
団子坂の途中におにぎりや「米ど」があります。おにぎりやの手前の路地を入って二軒目、民家を改装した店が、イダマイコさんの食堂「檸檬の実」です。(改装に携わったのは、ナカニシさんと彼の友人たちでした)
プレ・オープン期間中は、テイクアウトの総菜とスイーツの販売のみになります。12月からの正式オープンの際には、カウンターでの食事が用意されます。

檸檬の実

離れた距離であっても、警戒心が強い猫は逃亡態勢に入ります。でも今回は、逃げ道がなく、猫の通り道に私がいます。カメラを構え、腰をかがめて、じりじりと近寄りますが、耳が動く度にこちらは息を止め固まります。
でも、やっぱり猫が堪えきれず、全速力で強行突破。窮鼠ならぬ窮猫が突進しました。よっぽど帰りを急いでいたのでしょうね。
窮猫
 
だけど、5年前と較べるとふっくらしましたねえ・・・。
 

藍ら[aira]

藍ら 千駄木、不忍通り沿いに、四国作家の手作りのお店「藍ら[aira]」がオープンしました。(OPEN: 2010.11.7〜)
オリジナルブランド「aira」の婦人服を企画・デザインし、地元の四国(徳島県)でブティックを経営されているオーナーの真鍋さんが、四国在住の作家を紹介し、展示販売するための店を開店されました。
真鍋さんが趣味で学んでこられた藍染や織り、油絵を通して知り合われた四国の手作り作家たちの魅力ある作品を、東京で紹介されるための"アンテナ・ショップ"です。物産展などではどうしても食品を中心に紹介されがちですし、四国から離れた都内での展示会では期間も短く費用がかかります。そうした紹介されにくい、四国で作り続ける素晴らしい作家を東京に暮らす人たちへつなぐ橋渡しとしての場所として「藍ら[aira]」はオープンしました。
『流行に左右されず、飽きのこないもの。天然素材のこだわった使い易いもの。』をコンセプトに、四国の気候や風土の中で、伝統や技術を引き継いできた作品を展示販売していくそうです。

■ 藍ら[aira]
<http://www.rakuten.co.jp/ai-ra/>
営業時間: 12:00 - 19:00
定休日: 火
住所: 文京区千駄木 3-42-5
藍ら
 
---

C.A.Green Xmas Wreath Order

C.A.G.198 Queen st. KingstonC.A.Green
CAGreen 千駄木のセミオーダー帽子「C.A.G.[セーアージー]」店頭にて毎月二日間のみオープンする期間限定花屋「198 Queen st. Kingston」、名付けて『C.A.Green[セーアーグリーン]』。今回は普段の生花、ドライフラワー、鉢ものに加えて、クリスマス リースの受注会を行っています。個性的で手の込んだ10種以上のサンプルの中から、選んで予約注文できます。

■ C.A.Green『クリスマス リース受注会 2010』
<http://blog.198qstk.com/?eid=1414689>
開催: 2010年 11/6(土)、7(日)  
時間: 13:00頃 - 17:00頃
主催:
C.A.G.[セーアージー]<http://www.gris-hat.com/>
198 Queen st.Kingston <http://www.198qstk.com/>
場所: C.A.G.[セーアージー]
住所: 文京区千駄木 2-39-5
 
CAGreen
 
関連リンク: 主なサンプル写真は「C.A.G.」のブログに。
■ X'mas wreath(chapeaux artisanaux de gris
<http://cadg.exblog.jp/14359349/>
198 Queen st. Kingston,CAG
 

人生っちゃ、こういうものよ

「谷中菊まつり」、「圓朝まつり」を始め、谷中五重塔の再興運動や高層マンション建設計画の変更に関わり、雑誌『谷中 根津 千駄木』の創刊から、最近では「谷根千おしょくじ」など新しい世代の活動を応援し、谷中を盛り上げるために精力的に活動を続ける"信州生まれの江戸っ子"、「すし乃池」の店主・野池幸三さんの一代記が上梓されました。(2010.10.25)
人生っちゃ、こういうものよ
 
往来堂書店」レジ横に絶賛平積み中です。
 

林 雅子 展

 "はやす"こと、林 雅子さんがアトリエとして使用している、千駄木の小さなマンションの一室にて、「林 雅子 展[Masako Hayashi Exhibition]」が開催されました。(2010.10.16、17)
真っ白いキューブ上の部屋に展示された新作の平面画 5点。
マクロとミクロ、静謐と躍動、無機と有機、具象と抽象...。
林雅子さんの絵画は、いつも相反するイメージを内包して、見る物へさまざまな問いかけをしてきます。
林雅子
 
■ 林 雅子 展 Masako Hayashi Exhibition
<http://hhm3.info/>
期間: 2010年 10/16(土)、17(日)
時間: 11:00 - 16:00
 

アナログ・ツイッター

「僕はコレでつぶやきますよ。」と「不思議(はてな)」の店主。黒板にチョークで"本日のつぶやき"。
はてな
 

それぞれの道をゆく

同じ場所、同じ日に産まれたとしても、
迷ったり、躓いたり、他と較べて落ち込んだりして、
いつのまにか、それぞれの道を歩き続けているんだよ。
それぞれの道
 

谷中看板プロジェクト 2010

谷中看板プロジェクト 専門学校「中央工学校」工芸デザイン科の学生が、谷根千界隈の店舗に直接出向いて、交渉し、話し合いながら、約半年(5月〜10月)をかけて、"店の看板を作製する"という課外実践授業、その名も「谷中看板プロジェクト」。
今年(2010)でかれこれ 9回を迎えた名物授業。現在ではあちらこちらで「谷中看板プロジェクト」が作った看板を掲げる店を見つけることが出来ます。
毎年、新しい看板は「芸工展」の時期に完成させてお披露目となります。(芸工展 2010ガイドブック(¥100)を入手されましたら、地図面で赤い旗印(企画 NO.31)をみて頂くと「谷中看板プロジェクト 2010」参加店 9店舗がわかります。)

そして本日が、先生や生徒らによる講評会の日でした。(2010.10.8)
各店舗にて設置された看板を前に、担当学生によるプレゼンテーション、先生方の講評、そして店主の感想が話されます。
 
講評会の最終地は、奇しくも並んて営業される二店舗、セミオーダー帽子「C.A.G.[セー アー ジー]」と、古道具「Negla[ネグラ]」でした。
谷中看板プロジェクト
 
これから新しい店の貌となります、「C.A.G.」と「Negla」の看板です。
■ 井上さん(chapeaux artisanaux de gris
<http://cadg.exblog.jp/14142653/>
■ 看板がついた(ねぐら日誌
<http://blog.negla.net/?eid=181>
谷中看板プロジェクト 谷中看板プロジェクト
 

6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち千駄木カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは根津です。

次のカテゴリは西日暮里です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築