西日暮里

黄昏の御殿坂

 谷根千に、人力俥「谷中 音羽屋」さんがやってきて丸五年が経ちました。現在では、日暮里駅から谷中銀座へ向かう御殿坂に、すっかり馴染んだ風景です。
御殿坂
 

バラック改築 2009年、8月に閉店しました「長命源 本舗」に、リニューアルのため、11/3を以ていったん閉店(閉店セール開催中、11/1の写真)しました「nuicoto[ヌイコト]」の建物です。二店舗を合わせて改築し、「nuicoto[ヌイコト]」店主のご家族が経営される雑貨卸問屋「松野屋」の直営店として生まれ変わる予定です。
現在、その改築工事を地元の工務店「坪井建築工事」が請け負われています。(先の「nuicoto[ヌイコト]」店舗の内装も坪井さんの仕事でした。)
建物はとても古く、終戦直後に建てられたバラック小屋ではないか、との話も噂では聞いていました。実際に坪井さんらが内装を外してみると、奥の一部は戦前〜遙か明治時代らしき(参照: ぬうこと あむこと >> 只今改装中)名残があり、手前の大部分は終戦前(戦時中)頃に建て増したバラック小屋だったようです。戦後60年以上修理・改築されながら生き残った建物を、取り壊さず、まだ修復しながら再生活用して店舗にされるそうです。

基礎は朽ちて土台を失いかけ、屋根は穴が開いて空が見え、壁は朽ちて風が入る・・・。戦時中に建てられたと思われます「バラック小屋」に、建築物としての歴史的価値とか民俗学的な意味は見出さないでしょう・・・。だって、こんな廃材を寄せ集め、とりあえず急場しのぎでこしらえた、天井です。しかしこの天井を眺めていると、国の将来もわからぬまま、食糧や物資が乏しい中でも雨風だけはしのごうとする、必死に生活された時代が見え隠れしているようです。
バラックは、解体して建て直した方がどんなに手間がかからず、安全なことか。家主さんにとっても、店子になられる松野屋さんにとっても、工事を請け負う坪井建さんにとっても、そんな思いもあるはずですが、あえて壊さず、直して使う。もちろん改築予算のこともあるのでしょうが、手間をかけて工夫をした方が、面白いじゃない?という様子でした。
バラック改築
 
天狗倶楽部と富士書房 そうそう、「坪井建築工事」の坪井さんらが、内装を壊していたら、「nuicoto」と「長命源 本舗」の外壁と内装の隙間の壁に、このような「看板」が出てきました。終戦前か後なのか、このバラックが建てられて初期に開いていたと思われる店舗らしき名称。「看板」といっても、漆喰の壁にペンキで文字が書かれているだけですが・・・

日課

 11月 3日文化の日。夏日を記録した 1日から二日経つと、すっかり冬の朝でした。冷え込んだ分だけ澄んだ青空。富士見坂からは白雪をかぶった富士山がよく見えました。祝日ですが、○○さんがいつものように富士見坂を掃き掃除していました。この長い坂を小一時間かけて、坂下から坂上まで片側を掃き、また坂上から坂下までもう片側をていねいに掃きながら下ります。舗道わきの猫に「ちょっと、どいてね。」と声かけながら。
富士見坂
 

TOKYOBIKEと伊藤製作所

トーキョーバイク ギャラリー[Tokyobike Gallery]」の自転車と、オリジナルTシャツと雑貨「戦うTシャツ屋 伊藤製作所 」。伊藤さんは完全な夜型のようで、七面坂沿いの工房兼ショップはいつも、夜中から朝方まで自転車が停まり、明かりが灯っています。
伊藤製作所
鮮やかなグリーンは2008年までのモデルで、現在はありません。
 

ポートレイト?

 地元の写真家・和田さんはマニアックなカメラ蒐集で有名で、同じ趣味のライターと一緒に、『オールドレンズ パラダイス EOS DIGITALとマウントアダプタで遊ぶ』や『GR DIGITAL カスタムブック クラシックカメラへと続くドレスアップの誘い』なんて本を監修していたりします。
その和田さんが、また時代物のカメラを超格安で手に入れたそうなので見に伺いました。
「Anthony[アンソニー]」という、スタジオ用の肖像写真専用カメラらしいのですが、動かないアンソニーがオークションで 、ン00円〜で見つけたものを冗談で落札した、との事でした。はじめオブジェとして飾るつもりだったらしいのですが、カメラを分解し修理し、真っ白なレンズを数日かけて研磨し直すと、なんと使えそうになってしまったそうです。・・・と、言っても全長 170cmサイズの"トイカメラ"としてですが(笑。
そんな訳で、何日もかけてレンズを磨き直したアンソニーで、テストに一枚、自画像写真を撮ってもらうことになりました。
肖像写真は PCに取り込み、明治時代辺りの写真風になりました。・・・自画像写真はさておき、そのアンソニーのレンズ "CHANEL-58"に写り込んだ自分を撮ってみたところです。
アンソニー

空の洗濯

台風一過。スモッグと湿度で淀んでいた空気は洗われて、西の空が9月より澄みました。
富士見坂

 
秋が深まるにつれ、少しずつ茜色の濃さを増していきます。
富士山
 

eje [エヘ]

 2009年 4月から「HIGURE[ヒグレ] 17-15 cas」地下室で始まった、gÖ[ゴー]さんのソロユニット「eje (エヘ)」としてのライブ『eje 室』。今回は artLinkとの絡みもあって、1Fギャラリーでのライブパフォーマンスでした。
 
■ eje [エヘ]
<http://jellyfish-lab.com/eje/>
開催: 2009年 9/26(土)
時間: 18:00〜
主宰: gÖ <http://jellyfish-lab.com/go/>
場所: HIGURE[ヒグレ] 17-15 cas <http://higure1715cas.bufsiz.jp/>
住所: 荒川区西日暮里 3-17-15
HIGURE[ヒグレ] 17-15 cas

 
gÖ メトロノームの音。木の葉を揺らしたり、携帯電話の効果音を鳴らしたり、ビー玉を落としたり。繰り返される音に紡ぎ出されるギターと声。
gO[ゴウ]さんの音楽は、ノイズミュージックとかアンビエント(環境音楽)というジャンルになるのかも知れませんが、表現豊かな音楽は決してわかりにくいものではなく、とてもドラマチックで美しい音楽です。『こんなにヌメヌメした音楽は聴いた事がない(坂本龍一)』と評されたように、なんだか生きものような音とパフォーマンスです。とても生々しくて情緒的なのに、表現はいたってクールでエレガント。
とても美しい音を体験できた貴重な時間でした。

gO
 
gO[ゴー]さんの音楽は幅広いジャンルで使われています。gOさんは現在、谷中在住。谷根千界隈での活動としては、「HIGURE[ヒグレ] 17-15 cas」(西日暮里)にて定期的にライブパフォーマンスを行っています。CDは「C.A.G.[セー アー ジー]」(千駄木)で取り扱っています。
 

09092600.jpg 地域ねこが多く暮らすことで有名になってしまった「夕やけだんだん」と谷中銀座。その谷中銀座に現れたのは、一見クマのような、実はオオカミのぬいぐるみを被った、しかし「JON[ジョン]」と言う名の、犬。そんなユルいキャラ作りのミュージシャン・JON(犬)が、足踏みオルガンの弾き語りをするらしいです。

本日(2009/9/26〜)より「art-Link 上野-谷中 2009」が、上野公園周辺と谷根千界隈で始まります。その中のプロジェクトの一つにライブイベント『LOVE! LIVE』があります。谷根千界隈の様々な場所で、"音楽"にまつわるパフォーマンスを集めたプロジェクトです。その第一回がHIGURE 17-15 casで開演される『ゆうやけだんだん犬わんわん』でした。
JON(犬)

あどけない空の話

『東京に空が無い』と、智恵子がかつて嘆いたという空の現在。
高村智恵子(1886 - 1938)は、この富士見坂から数百m北に今もある太平洋画会研究所で画を学び、富士見坂から見てほぼ正面 1〜2km先の、不忍通りを挟んだ 千駄木に、高村光太郎と暮らしました。
百年近い前の空ならば、屋根は低く、富士山もよく見えたのでしょうが、『阿多多羅山の山の上に毎日出てゐる青い空』には遠く及ばなかったのでしょう。
富士見坂

 
富士見坂通信で、2009年 11月のダイヤモンド富士のシミュレーションが発表されました。
■ ダイヤモンド富士
月日: 2009年 11/11(水)〜13(金)
時間: 16:20前後
 
---
 
「また来てるの?」って、左手から覗かれちゃいました。
富士見坂
 

富士見坂 よく晴れた、お彼岸(2009/9/20)の富士見坂。肉眼でなんとかシルエットが確認できるくらいの富士山が見えました。
これから寒くなって空気が澄んでくるともっとハッキリと富士山が見える日が増えてくるでしょう。

それにしても気になるのは富士山手前に見えますクレーンの影です。
富士山

 
日が落ちる直前にも富士山のシルエット。
富士山
 

3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち西日暮里カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは千駄木です。

次のカテゴリは上野桜木です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築