西日暮里

失われた時を求めて

地元で生まれ育った写真家・和田 高広さんの撮影スタジオ「LIGHT & PLACE[ライトアンドプレイス]」が期間限定ギャラリーとして、芸工展2011参加企画『失われた時を求めて』が開催されます。(2011.10.8,9,10.15,16,21,23)
和田高広さんが写真学校時代(1980年前後の2年間)に、学校の課題で撮影されたフィルムを現像する前に、残りフィルム数枚を消費するために撮られた谷根千近辺の、"名所でも知られた場所でもない、日常の場所"。それらの場所を2011年に訪ねて比較した写真たち。テーマもなく無為に撮影した、"どうでもいい谷根千の風景"は、あえて"写真展"ではなく、"ファンシーグッズ"して、水玉模様の布に印刷し、安価な木箱に貼り付けられて展示されいます。
芸工展期間中の週末、11時〜20時迄の開催です。
失われた時を求めて
 
失われた時を求めて
<http://blog.lightandplace.com/?eid=1221407>
開催: 2011年 10/8(金)〜10(月 祝),15(土),16(日),21(金),23(日)
時間: 11:00 - 20:00
主宰: LIGHT & PLACE[ライトアンドプレイス] <http://www.lightandplace.com/>
 
Light & Space
 

回文Bar 蝉の店

蝉の店本が好き、本も好き、回文だって好き好き!不忍ブックストリート秋も一箱古本市 2011」プレイベント『回文Bar 蝉の店』が古書 信天翁[あほうどり]で開店?開催?されました。(2011.10.2)
---
不忍ブックストリート「秋も一箱古本市 2011」プレイベント
回文Bar 蝉の店
<http://d.hatena.ne.jp/oto-kitchen/20110912>
日時: 2011年 10/2(日)日没後
木戸銭: ¥300(回文エントリー +α)* 通常営業もしています。
場所: 古書 信天翁[あほうどり]<http://www.books-albatross.org/>
住所: 荒川区西日暮里 3−14−13(夕やけだんだん上)
---

駱駝の向こう・・・

夕やけだんだんの下に移転してから初めて入った中東料理店「ZAKURO[ザクロ]」で、とうとう民族衣装を着せられてしまいました。疲労でボルテージの下がったアリさんも初めて見ました。それでも客が入り出すと、客いじりを始め出すエンターテイメント魂には恐れ入りました。
食べきれないコース(お1人 ¥2,000)」は相変わらず食べきれず。TVの取材クルーが現れる前に、デザートは食べずに退散です。異国情緒満載な、食のアミューズメント・パークは健在でありました。(楽しいけどシンドいわ・・・)
ザクロ
 
ZAKURO[ザクロ]
<http://zakuro.oops.jp/>
住所: 荒川区西日暮里3-13-2

深圳、営業再開

4月下旬より、約一ヶ月の休業をしていました、夕やけだんだん上の中華飯「深圳[シンセン]」が6月 1日より再開します。
営業再開の準備に余念のない店主のお母さんも相変わらずの素敵な笑顔でした。
深圳,古書信天翁

谷中銀座より

伐採悪天候のために予定より一日遅れで伐採された、夕やけだんだん上のオオシマザクラ。樹木医のいわれていた通り、切り株を見ますと、年輪の中心は茶色く変色して死んでいるようです。
切られた桜の木はノコギリで小分けされて欲しい方に配布されました。
道路にはみ出して伸びる桜の倒壊防止と障害物注意を促す目的で建てられた「夕やけだんだん」の表札も役目を終えました。夕やけだんだんは 20mほど西にあります。


谷中銀座側から見上げた風景。
2011年、4/12 朝の夕やけだんだん(左)と、5/31 昼の夕やけだんだん。
4/12朝 夕やけだんだん上
 

もう一日

 夕やけだんだん上のオオシマザクラを伐採する話が持ち上がったのは昨年のことでした。オオシマザクラの周辺住民を中心に伐採反対の署名活動の後、改めて植物医師の診断を経て伐採の必要性(傾いての伸びたことや老齢による幹内部の損傷)が確認されました。そして地元住民の要望を受けて、今春の開花が終わるまで伐採は延期され、事故がないように支柱による補強作業も行われました。
最後の花見を楽しみ、桜は散り終わり、新緑に覆われたオオシマザクラの伐採は、5月 30日に決まりましたが、季節外れの台風のお陰で、伐採はもう一日延期されることになりました。
夕やけだんだん上
 

始発電車を待つ間

JR日暮里駅ホームに、一日で最初に入ってくる電車は 4:31発 大船行きの京浜東北線です。4月には肌寒く暗かった東の空が4時半には明るくなり始めました。
日暮里駅
 

めぐちゃんの帽子屋さん

夕やけだんだん上、休業中の「深圳[しんせん]」前で開催されています日替わり青空市「深圳プロジェクト」に、『めぐちゃんの帽子屋さん』が出店しました。めぐちゃんは 十年も前に「古書ほうろう」で写真展を開催もしている多才な女性ですが、お子さんの誕生をきっかけに帽子作りを始めました。子供用の帽子をメインに大人用の帽子も制作されますが、いずれもユニークで可愛いデザインです。写真カタログは根津のギャラリー・カフェ「りんごや」にも置かれています。
 
めぐちゃんの帽子屋さん深圳プロジェクト
<http://www.yanesen.net/topics/detail.html?id=339>
開催日: 2011年 5/8(日)
時間: 11:00頃 - 17:00頃(雨天中止)* 帽子屋は13:00 - 15:00頃
場所: 夕やけだんだん上、中華飯店「深圳[しんせん]」前
住所: 荒川区西日暮里 3-14-13
 
めぐちゃんの帽子屋
 

要塞

HIGURE 17-15 cas」のオーナー・小澤さんは野良猫(地域猫)の世話をしています。ギャラリー内の工具(現在はDMや芳名帳が置かれるテーブル代わり)がいつのまにか地域猫の住み処になっていたりします。
HIGURE 17-15 cas contemporary art studio
 
 

純血四姉妹

美学校出身の美人 4人のアート・ユニット「純血四姉妹」の展覧会が 「ヒグレなんちゃら」(HIGURE 17-15 cas contemporary art studio)で開催されました。
結成 3年目となる「純血四姉妹」。イラストレーション、アートパフォーマンス、インスタレーションあり、お笑いあり、お色気あり、の面白い展覧会でした。(2011.4.26〜5.1)
二女のインスタレーションが参加型だったので、それを中心に紹介します。
---
ギャラリーに入ると奥に三女のエッチなパフォーマンスの映像と写真展示。手前にはヘリウムガス入り風船で浮かんだ魚のオブジェにTバックティー・バッグ。これを選んでお湯のコップに浸してお茶を頂きます。
純血四姉妹 純血四姉妹

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち西日暮里カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは千駄木です。

次のカテゴリは上野桜木です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築