山手線内と周辺

ホエールウォッチング(2)

 谷根千から離れますが、"上野公園の鯨"繋がりということで紹介します。

 人形町の街角に設置されたクジラ像。
人形町の鯨

 鯨と海と人形町 (作: 松橋 博/中田 浩嗣)
 あやつり人形のバネは今でも鯨ヒゲが使われています。特に人形浄瑠璃から伝承された文楽人形の命とも言える精妙な首の動きは、弾力に富んだ鯨ヒゲでなければ出せないそうです。
 ここ人形町一帯は寛永十年(1633)頃から、江戸歌舞伎の「市村座」「中村座」、人形浄瑠璃の糸あやつり人形結城座、手あやつり人形の薩摩座などの小屋が集まり、江戸町民の芝居見物が盛んでした。
そして、それらの人形を作る人形師や雛人形、手遊物などを商う店がたくさん立ち並んでいたところから昭和8年、正式に人形町という地名になりました。

 (2002年7月)
1

イベント・レポート

最近のブログ記事

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち山手線内と周辺カテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築