その他の地域

さすらい姉妹 年末から年始にかけて、都内近郊の野宿者支援のための炊き出し現場のもとで「さすらい姉妹」による芝居が演じられています。水族館劇場の路上芝居ユニット「さすらい姉妹」寄せ場興業『風の吹く街
1月 2日は、14時から新宿中央公園(新宿区西新宿)ナイアガラの滝前で公演の後、18時半より東京都児童館前(渋谷区渋谷)広場で公演が行われました。
 昨年(〜2010)まで宮下公園で行われていた渋谷における越年・越冬活動は、宮下公園の封鎖により場所をを移して、東京都児童館前の公園内で行われていました。野宿者の数も昨年よりやや少ないようでした。

東京都児童館前は水銀灯も少なく暗い広場でした。発電機による照明の、わずかな光の中で芝居が始まりました。
東京都児童館
 

 年末から年始にかけて、都内近郊の野宿者支援のための炊き出し現場のもとで「さすらい姉妹」による芝居が演じられています。水族館劇場の路上芝居ユニット「さすらい姉妹」寄せ場興業『風の吹く街』。
1月 2日は、新宿中央公園(新宿区西新宿)の炊き出し(越年越冬事業)が行われる、ナイアガラの滝前「水の広場」階段前で開演されました。開演時には酒が振る舞われ、観客は階段に腰掛けて芝居を楽しみました。
 下記リンク先に動画がアップされています。動画はところどころ場面が抜け落ちていますので物語は伝わらないと思いますが、閲覧されると雰囲気がわかると思います。役者が観客と絡んだり、客席から現れたり去ったりします。また、観客が度々、登場人物に声をかける場面も聞こえると思います(#03『さすらい姉妹/風の吹く街』、6分 30秒付近では、客席に去っていく風兄さん演じるリリーを引き留めて話しかける客の姿が映されています)。
こうした役者と観客の垣根がほとんどない路上芝居に、伴奏として参加されている山本 紗由さんはTwitterでこうツイートされています。
 

・・・劇場で大人しく無害に演じられるものが芝居だと思っているのならば、是非観に来て欲しい。観客も役者も、きちんと向かい合うとはこういう事だとわたしは思うから。
miumiu333 紗由

 
新宿中央公園
 
関連リンク:
■ #01 水族館劇場:『さすらい姉妹/風の吹く街』01/01/2011(YouTube
<http://www.youtube.com/watch?v=0fWychzRQkI>
■ #02 水族館劇場:『さすらい姉妹/風の吹く街』01/01/2011(YouTube
<http://www.youtube.com/watch?v=4fkej8DFtsI>
■ #03 水族館劇場:『さすらい姉妹/風の吹く街』01/01/2011(YouTube
<http://www.youtube.com/watch?v=-XckP5Aaz40>
 

 毎年、年末から年始にかけて行われる都内近郊の、野宿者支援のための炊き出し現場のもとで「さすらい姉妹」による芝居が演じられています。水族館劇場の路上芝居ユニット「さすらい姉妹」寄せ場興業『風の吹く街』。
元日は、寿町(神奈川県横浜市)の炊き出し現場正面にあります横浜寿町生活館 4F娯楽室で行われました。
禁煙ルームが設けられていますが、普通に煙草の煙が漂います。観客はいつのまにか芝居の中にさまよいこみ、登場人物らに思わず励ましたり、罵声を浴びせかけたり、話しかけたりします。
演じられる芝居の舞台は、終戦直後の街ですが、観客が生きる現代の社会と芝居の中の世界にはまるで境界もなく、失われてしまった他人とのつながりとか、今も変わらぬ傷みや孤独が交錯して描かれていました。
喰うために自分を騙したり、他人に寄り添ったり。生きるために他人を傷つけたり、他人を助けたり。喰うために生きたり、生きるために並んだり。
さすらい姉妹
 
さすらい姉妹寄せ場興業2010→2011「風の吹く街
<http://suizokukangekijou.com/news/2010/12/2010-2011.html>
12/31 18:00~ 山谷センター前辻
1/1 16:00~ 横浜寿町生活館
1/2 14:00~ 新宿中央公園ナイアガラの滝前
1/2 18:30~ 渋谷宮下公園すぐそば東京都児童館前
1/3 13:00~ 上野公園噴水近辺
---
さすらい姉妹
役者:
千代次/鏡野有栖/臼井星絢/赫十牙/藤内正光/莎草小僧/七ツ森左門/山谷玉三郎/さくら夢羽奴/上山薫/増田千珠/進麻菜美/麝香姫/風兄宇内
作 演出: 桃山邑
 
さすらい社中:
マディ山崎(音楽: Guitar)/田村優帆(音楽: Accordion)/山本紗由(音楽: Violin)/衣裳:鈴木景子(衣装)/上山正太郎(黒衣)/近藤ちはる(宣伝美術)/及部文人(舞台監督)
 
協力:
あうん山谷争議団寿日雇労働者組合寿支援者交流会新宿連絡会渋谷のじれん/入方祐子/DJ YOU/鈴木都/竹中英太郎記念館
 
風の吹く街
 

 年末から年始にかけて行われる水族館劇場の路上芝居ユニット「さすらい姉妹」寄せ場興業が始まりました。
大晦日は、山谷センター[城北労働・福祉センター](台東区日本堤)前の十字路にて、炊き出し終了後に芝居が開始されます。
 ここ何年かは原作を下敷きにした娯楽色の強い人情劇でしたが、今回は水族館劇場公演と同じ、桃山 邑さんによる作・演出で、終戦直後の焼け跡を舞台としたドラマチックな芝居になっています。
 
 山谷での辻芝居では、時に通行人が横切ったり、酔客が紛れ込んだり、後ろから前から野次も飛びます。山谷の街並みや客たちまでが舞台装置のようです。
さすらい姉妹「風の吹く街」
 
さすらい姉妹寄せ場興業2010→2011「風の吹く街
<http://suizokukangekijou.com/news/2010/12/2010-2011.html>
12/31 18:00~ 山谷センター前辻
1/1 16:00~ 横浜寿町生活館
1/2 14:00~ 新宿中央公園ナイアガラの滝前
1/2 18:30~ 渋谷宮下公園すぐそば東京都児童館前
1/3 13:00~ 上野公園噴水近辺
---
さすらい姉妹
役者:
千代次/鏡野有栖/臼井星絢/赫十牙/藤内正光/莎草小僧/七ツ森左門/山谷玉三郎/さくら夢羽奴/上山薫/増田千珠/進麻菜美/麝香姫/風兄宇内
作 演出: 桃山邑
 
さすらい社中:
マディ山崎(音楽: Guitar)/田村優帆(音楽: Accordion)/山本紗由(音楽: Violin)/衣裳:鈴木景子(衣装)/上山正太郎(黒衣)/近藤ちはる(宣伝美術)/及部文人(舞台監督)
 
協力:
あうん山谷争議団寿日雇労働者組合寿支援者交流会新宿連絡会渋谷のじれん/入方祐子/DJ YOU/鈴木都/竹中英太郎記念館
 

gris Headdress

 パーティーシーズンに合わせて作製されました、内山グリさんのオリジナルブランド "gris[グリ]"の、ヘッド・ドレスです。千駄木「C.A.G.[セー アー ジー]」では取り扱わず、恵比寿「I FIND EVERYTHING」でのみの取扱いです。
すべて一点もので、5型作られたヘッドドレスの中のひとつです。"gris[グリ]"の帽子は、技術にもデザインにも益々、磨きがかかり、フォルムの美しさに凄みさえ感じさせてくれます。
■ party party party!(I Find Everything DIARY
<http://ifindeverythingtokyo.com/diary/?p=632>
■ <I.F.E. exclusive!> CHAPEAUX 2010-11 A/W(chapeaux artisanaux de gris
<http://cadg.exblog.jp/14534541/>
 
Headdress,gris
 
■ I FIND EVERYTHING[アイ ファインド エブリシング]
<http://www.ifindeverythingtokyo.com/>
営業時間: 12:00 - 20:00
定休日: 月
住所: 渋谷区恵比寿南 1-14-12 #303
 

根古屋路地 穏やかに晴れた、秋のとある日曜日。鹿沼(栃木県鹿沼市)の「のらねこ大市」へ遊びに出かけました。
鹿沼にあります"根古屋路地[ネコヤろじ]には、「日光珈琲」のオーナー・風間さんが営むカフェ「CAFE 響茶庵[きょうちゃあん]」、「花蓮[ハナレ]」と、上村さんが営むフレンチ「AN-RIZ-LEAU[アンリロ]」があります。この三軒の店内と路地に、徒歩数分の場所にありますアンリロの姉妹店「Le Perican Rouge[ル ペリカン ルージュ]」店内を会場にして、毎月第一日曜日に開催される手作り市「ネコヤド大市」が開催されています。風間さん(響茶庵、花蓮、日光珈琲)、上村さん(アンリロル・ペリカンルージュ)、アユムさん(cocoloya)らを中心に実行委員スタッフが集まり、(主に栃木県近隣の店舗を持たない)作家のための展示販売を兼ねた市として「ネコヤド大市」は開催されています。
(神出鬼没のハト商店は、すでに何度も出店しています・・・。)

今回(2010.11.7)は「ネコヤド大市」のスペシャル・バージョンとして、通常のネコヤド大市参加者に加えて、他県で活動している作家や店主を招いて「のらねこ大市」が開催されることになりました。
関連リンク
■ のらねこ大市2010年11月球根太郎編
<http://picasaweb.google.com/nekoyadoreport/201011#>
---
 
のらねこ大市(ネコヤド大市 Special Version)
ネコヤド大市
開催: 2010年 11/7(日)
時間: 11:30 - 16:00
会場: CAFE 饗茶庵[きょうちゃあん] / 花蓮[ハナレ] / アンリロ[AN-RIZ-LEAU]ル・ペリカン ルージュ[Le Perican Rouge]
住所: 栃木県鹿沼市上材木町 1684
主催: アンリロ[AN-RIZ-LEAU]<http://www.an-riz-leau.org/>
カフェ 饗茶庵[Cafe kyo-cha-an]<http://www.kyochaan.com/>
協力: cocoloya[ココロヤ]<http://homepage3.nifty.com/cocoloya/>
---

東京国際フォーラム 谷中なら「よみせ通り」。根津なら「赤札堂」裏。その他、谷根千界隈のイベント多数に参加されています「刃研ぎ堂」。
"わめぞ"メンバーとして、豊島区、文京区を中心に、北区、板橋区、練馬区などの路上や建物脇など活動範囲は広く、特定できません。ただ言えることは、「刃研ぎ堂」の仕事場は路上だったり建物脇だったり、大抵は空の下だということです。
今回はビジネス・ショウ『Living Wonderland[リビングワンダーランド]2010』(主催: 全国家庭用品卸商業協同組合)への招待参加として、東京ど真ん中「東京国際フォーラム」のホール内での刃研ぎ実演となりました。(2010.9.8、9)

刃研ぎ堂
 
『リビングワンダーランド 2010』は、ワイシャツ&ネクタイ、スーツ姿の人ばかりの中、あちらこちらで名刺交換や商談が飛び交っています。アウェイ感いっぱいの会場内で、刃研ぎ堂のブースでは菅野さんが、いつものペースで「シャッ、シャッ、シャッ」と刃磨ぎの音をさせながら気軽に質問に応じているのでした。・・・

はと 10月(2010.10.2〜11.23)に会津若松(福島県)で開催される『会津・漆の芸術祭』(福島県立博物館)に、約 2,000個の起き上がり小法師[おきあがりこぼし]を制作し、出品するはとさん。小石川のギャラリー&カフェ「橙灯[だいだい] daidai galerie cafe」にて、オリジナル・うるしこぼし(起き上がり小法師)制作の手伝い兼ワークショップを開催しました。
"起き上がり小法師[おきあがりこぼし]"とは、福島県会津地方に約 400年前からある民芸品です。

■ うるしのこぼしさんぬりぬりお手伝い会&ハト商店
<http://hatopo.mo-blog.jp/blog/2010/08/post_65b3.html>
開催: 2010年 9/3(金)、4(土) 
時間: 13:00 - 20:00 * 好きな時間にお越し下さい。
料金: 無料・申込み不要 参加者には粗品進呈!
* 1オーダーお願いします。
--
漆を使用します。かぶれを防ぐため、なるべく露出の少ない服装でお越し下さい。漆アレルギーをお持ちの方はご注意ください。
--
協力: oraho
場所: 橙灯[だいだい] daidai galerie cafe <http://www.geocities.jp/daidai_galerie_cafe/>
定休日: 不定休
住所: 文京区小石川 5-34-10 2F
 
橙灯

【恵比寿】 I FIND EVERYTHING

I FIND EVERYTHING ヨーロッパを中心とした世界のギャラリー&ミュージアムで取り扱われる現代作家のクラフトやアート作品をWEBで紹介、販売をされている「ARTAM[アートアム]」主宰の村上 真夏さんと、千駄木のセミオーダー帽子「C.A.G.[セー アー ジー]」の内山グリさんが、素敵なショップを恵比寿に開きました。
昨年(2009.12.)、「C.A.G.[セー アー ジー]」に於いて「ARTAM[アートアム]」を招き、『Special Treats for Your Christmas』が開催されました。そのイベントがが発展し、 NEW SHOPとして果実を実らせました。
その名も「 I Find EVERYTHING[アイ ファインド エブリシング]」。(OPEN: 2010.5.26~)
恵比寿「I.F.E.[アイファイ]」とでも呼んで下さい。
 
---



 I Find EVERYTHING JR 恵比寿駅(東京メトロ 日比谷線)より徒歩 2分。西口ロータリーに出ますと左手(目黒駅方面)に伸びる上り坂(いなり坂)があります。その坂を上りきった古い集合住宅 3Fに「 I Find EVERYTHING[アイ ファインド エブリシング]」があります。

ギャラリーの性格を兼ねて、極力空間の特徴を消した無機質な空間と、丸太や屋根裏の梁が剥き出しのままの存在感が際立った天井が生み出す、モダンなショップをデザインされたのは山口 誠[Yamaguchi Makito]さん。
 
"あらゆるもののミュージアム"をコンセプトに、gris /gris hommeの帽子コレクションと、世界から集められた陶器やジュエリーなどのクラフトからアートブックなどを揃えた、アーティスティックな空間です。
I FIND EVERYTHING
 
■ I FIND EVERYTHING[アイ ファインド エブリシング] ARTAM 村上真夏 x C.A.G. 内山グリ
<http://www.ifindeverythingtokyo.com/>
営業時間: 12:00 - 20:00
定休日: 月
住所: 渋谷区恵比寿南 1-14-12 #303
 
gris × ARTAM
 

【箱根ヶ崎】Flying Report.

ここは箱根ヶ崎(西多摩郡瑞穂町)の廃工場。
20110年 5月中旬〜 6月初旬、光源寺 駒込大観音(文京区駒込)で開催されます、本公演『NOMAD 恋する虜』の準備のため、この地で合宿しているのは水族館劇場・劇団員です。この場所で、小道具や衣装の制作、少しずつ出来上がるシナリオでの読み合わせが行われています。
まだ出演者全員が揃った合宿ではありませんし、仕掛けも"仕込み"程度でしたが、季節とともに少しずつ熱が上がっているのを感じます。
いつものように、4月中旬には駒込大観音で野外テントの建て込みが開始されますが、その下準備風景を、masaさん(kai-wai.jp)と見学に伺いました。この日のレポートはいずれ、『Kai-Wai 散策: 水族館劇場アーカイブ』に掲載されると思います。
今年の水族館劇場本公演、・・・いろいろ企んでいましたよ〜。
 
■ 水族館劇場 2010 (4)(Kai-Wai 散策
<http://kai-wai.jp/2010/04/-2010-4-1.html>
 
水族館劇場合宿
 

1  2  3  4  5  6  7

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちその他の地域カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは谷根千周辺です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築