その他の地域

渋谷美竹公園
 
さすらい姉妹寄せ場興業2011→2012
― ロストノスタルジア ― 螢の残存
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/12/20112012.html>
12/31 18:00~ 山谷センター前辻
1/1 16:00~ 横浜寿町生活館4F
1/2 14:00~ 新宿中央公園ナイアガラの滝広場
1/2 18:30~ 渋谷東京都児童会館 脇 美竹公園
1/3 13:00~ 上野公園東京文化会館裏グラウンド前

新宿中央公園
 
さすらい姉妹寄せ場興業2011→2012
― ロストノスタルジア ― 螢の残存
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/12/20112012.html>
12/31 18:00~ 山谷センター前辻
1/1 16:00~ 横浜寿町生活館4F
1/2 14:00~ 新宿中央公園ナイアガラの滝広場
1/2 18:30~ 渋谷東京都児童会館脇美竹公園
1/3 13:00~ 上野公園東京文化会館裏グラウンド前

 水族館劇場 路上芝居ユニット「さすらい姉妹」寄せ場興行2011→2012 『―ロストノスタルジア― 螢の残存』、元旦は横浜寿町生活館4F(神奈川県横浜市中区)で開演しました。(2012.1.1)
寿町は寄せ場興行唯一の室内での芝居です。
寿町生活館4F

さすらい姉妹
 
さすらい姉妹 水族館劇場 路上芝居ユニット「さすらい姉妹」寄せ場興行2011→2012 が始まりました。(2011.12.31〜2012.1.3)
―ロストノスタルジア― 螢の残存』は、水族館劇場2011秋移動公演『公然たる敵 ―ロストノスタルジア―』の物語と登場人物(配役は少し違います)をちりばめ、再構成された新たな作品です。続編のようでもあり、新作としても楽しめます。震災前の昨年末の公演から一貫して"故郷喪失"をテーマとした物語は、寄せ場に寄り添い続ける"さすらい姉妹"の宿命かもしれません。

さすらい姉妹寄せ場興業2011→2012「―ロストノスタルジア― 螢の残存
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/12/20112012.html>
12/31 18:00~ 山谷センター前辻
1/1 16:00~ 横浜寿町生活館4F
1/2 14:00~ 新宿中央公園ナイアガラの滝広場
1/2 18:30~ 渋谷東京都児童会館脇美竹公園
1/3 13:00~ 上野公園東京文化会館裏グラウンド前
山谷玉三郎
 

ヒグラシ文庫逗子 水族館劇場2011秋移動公演『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』<真珠ノ箱>は、ヒグラシ文庫 店主邸(神奈川県逗子市)にて開催されました。(2011.11.23)
鎌倉と逗子の中間あたりにある寺の参道沿いに建つ一軒家に日暮れを待って集まる人たち。約 25年前に筑豊を大八車で巡業する水族館劇場旗揚げ公演の映像が流れた後、ヒグラシ文庫店主 中原蒼二さんの挨拶を経て、芝居『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』、その後に「ストリートの思想(仮題)」と題されたトークライブがありました。

流れの看護婦、時間を彷徨う女、癲狂院[てんきょういん]に閉じ込められる孤児と女優志望、そして怪しい精神医。浜川崎で鉄工所を営む母娘。津波に助けられた精神病患者と救助人。そして精神病患者を世話していた女、精神病官女の夢に見る女。精霊の森の魔王と子分。・・・こうした一見、つながりのない登場人物達がそれぞれの人生の中で大地震に直面し、物語は絡み合い、触発しはじめます。
真珠ノ箱 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場
 
「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」開幕!(水族館劇場NEWS
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/11/post-54.html>
■ 公然たる敵〜ロストノスタルジア〜/水族館劇場(白い象 -Caesar Blanca
<http://d.hatena.ne.jp/caesar-blanca/20111124>
水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」@逗子ヒグラシ文庫Mの日記@古本T
<http://tmasasa.exblog.jp/17066904/>
公然たる敵 -ロストノスタルジア- 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場
 
公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場

高山宏「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展
 
 紀伊國屋書店新宿南店7F、紀伊國屋サザンシアター(渋谷区千駄ヶ谷)にて開催された 高山 宏『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学(2011.11.12)の翌日。急遽、紀伊国屋画廊(新宿区)『高山宏「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展』でも高山宏さんのトークライブが開催されることになりました。(2011.11.13)
自身の著書や蔵書、書斎机の前で繰り広げられるトークショー。展示されていた"テーブル論"をモデルに、高山宏さんの「知」をめぐる思考の手順となるヒントを少しだけタネ明かししてくれたり、「O.E.D.[Oxford English Dictionary]」を引くことの面白さを説いてみせたり、ジャンル(領域)を超えて発見し、紡いでいく「知」の物語について語ってみせたり、二時間を超える濃密なトークでありました。
高山宏のギャラリートークに酔うMの日記@古本T
<http://tmasasa.exblog.jp/16873723/>
紀伊國屋画廊
 
高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展
<http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115800.html>
緊急トークライブ: 11/13(日)16:30〜18:30
会期: 2011年 11/10(木)~15(火)
時間: 10:00 - 18:30(最終日 17:00まで)
料金: 入場無料
主催: 羽鳥書店 <http://www.hatorishoten.co.jp/>
会場: 紀伊國屋画廊紀伊國屋書店新宿本店 4F)
住所: 新宿区新宿 3-17-7
高山宏,「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展
 

高山宏「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」
 
 タカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7F、紀伊國屋サザンシアター(渋谷区千駄ヶ谷)にて開催されました、高山 宏『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学の終了後、サイン会がおこなわれました。(2011.11.12)
高山宏さんは梅が好きとのことでした。羽鳥書店刊行『新人文感覚2 雷神の撥』のサインは、1000頁を超える分量を生かした粋なサイン箇所。書籍の天〜小口〜地にわたり、購読者名と署名(地)の前段に万葉集の歌が添えられました。
梅の花 夢に語らく みやびたる 花と我思ふ 酒に浮かべこそ大伴旅人
梅の花 夢に語らく みやびたる 花と我思ふ 酒に浮かべこそ
 
かっこいいサインだなあ。まるで装丁の一部のような美しいサイン。ちなみに『新人文感覚1 風神の袋』へのサインは、
白珠は 人に知らえず 知らずともよし 知らずとも 吾は知られば 知らずともよし元興寺僧
白珠は人に知らえず知らずともよし 知らずともわれし知れらば知らずともよし
 
 

紀伊國屋サザンシアター タカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7F、紀伊國屋サザンシアター(渋谷区千駄ヶ谷)にて、高山 宏『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学が開催されました。(2011.11.12)


膨大な記憶と知識を駆使しながら、想像力と構成力を働かせて構築される「知と戯れる技術」。妖しく巧みな話術に翻弄され続ける90分間。シナリオもなく、ただ上梓された二冊の本に書かれたいる(と思われる)話題を、ジャズにおける即興(Improvisation)を奏でるが如く、語り続ける高山宏さんのトークに、右脳と左脳が揺さぶれる1時間半のトークでした。
高山宏「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」
 
トーク終了間際、来日中のタイモン・スクリーチ[Timon Screech]さんによる高山宏さんへの讃辞を込めたスピーチもありました。
Timon Screech
 

一度は酔いたまへ、伝説のライヴ!
明日から、情報を見る目、
文化を聴く耳、一変っ!


「論理は明快、音吐は朗々、抑揚に富み、修辞は多彩、畳みかける 説得の話術は、張儀・蘇秦もかくや」(鈴木成文/建築学者)とまで 言われた滔々の弁説が「新人文感覚」の魅惑を今宵語り尽くす。

高山宏「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展
 
2011年 11月 12日(土)、紀伊國屋サザンシアタータカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7F)にて、 高山宏新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」が開催されます。(2011.11.12)
 
高山宏さんの巧みな話術は、知識の海を想像の空を縦横無尽に駆け巡り、聴く者の脳を陶酔させる麻薬のような効果があります。著作を読んだことがない私にさえ、まったく理解していない「マニエリスム」を面白いと思わされる魔力があります。
生きて伝説と化す、高山宏さんのトークをご堪能下さい。
当日はトークショー後、最新刊『新人文感覚2 雷神の撥』を先行発売するとともに、羽鳥書店刊行の高山宏さん著作お買い上げの方へのサイン会も開きます。
---
 
《第94回紀伊國屋サザンセミナー》
■ 高山宏『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント
知の風神・学の雷神 脳にいい人文学
<http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115900.html>
開催: 2011年 11/12(土)
時間: 開場 18:30〜 /開演 19:00
料金: ¥1,000(税込・全席指定)
会場: 紀伊國屋サザンシアター
住所: 渋谷区千駄ヶ谷 5-24-2(タカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7F)
サイン会
講演終了後、サイン会を開催します。会場ロビーにて『新人文感覚1 風神の袋』、『新人文感覚2 雷神の撥』(11月刊行予定)、『かたち三昧』をお買い上げの先着150名様に整理券を配布いたします。
■前売取扱
キノチケットカウンター(新宿本店5階/受付時間10:00~18:30)
紀伊國屋サザンシアター(新宿南店7階/受付時間10:00~18:30)
■電話予約・お問合せ
紀伊國屋サザンシアター 03-5361-3321(10:00~18:30)
---
高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展
<http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115800.html>
会期: 2011年 11/10(木)~15(火)
時間: 10:00 - 18:30(最終日 17:00まで)
料金: 入場無料
主催: 羽鳥書店 <http://www.hatorishoten.co.jp/>
会場: 紀伊國屋画廊紀伊國屋書店新宿本店 4F)
住所: 新宿区新宿 3-17-7
---

新人文感覚
 
新人文感覚1 風神の袋』<http://www.hatorishoten.co.jp/74_96.html>
新人文感覚2 雷神の撥』<http://www.hatorishoten.co.jp/74_98.html>

羽鳥書店刊、高山宏新人文感覚』全2巻(『新人文感覚1 風神の袋』『新人文感覚2 雷神の撥』)完結を記念して、紀伊國屋画廊紀伊國屋書店 4F)にて、『高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展』が開催されます。(2011.11.10〜15)
 
自宅書斎で使われている机や椅子も展示、実際に座ることが出来ます。
高山宏「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展
 
膨大な知識と仕事量から、"超人"、"学魔"と渾名される高山宏さん(現 明治大学国際日本学部教授)の研究室と自宅から蔵書をあつめ、書斎を再現しました。愛読の『神曲』限定豪華本、ピラネージ古ローマ地図も展示されます。
交遊アーティストたちの詩画作品、検索できぬ書目情報なしと噂された手書き大ノート「ビブリオ・マシン」(松岡正剛氏蔵。氏へ生前贈与された現物)、手書き原稿、書簡、幼少時から水族館劇場出演時の写真など、本邦初公開の品々が出展されています。
 
自作「ビブリオ・マシン」と、久しぶりの対面を果たす高山宏さん。
ビブリオ・マシン
 
高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展
<http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115800.html>
会期: 2011年 11/10(木)~15(火)
時間: 10:00 - 18:30(最終日 17:00まで)
料金: 入場無料
主催: 羽鳥書店 <http://www.hatorishoten.co.jp/>
会場: 紀伊國屋画廊紀伊國屋書店新宿本店 4F)
住所: 新宿区新宿 3-17-7
---
《第94回紀伊國屋サザンセミナー》
■ 高山宏『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント
知の風神・学の雷神 脳にいい人文学
<http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115900.html>
開催: 2011年 11/12(土)
時間: 開場 18:30〜 /開演 19:00
料金: ¥1,000(税込・全席指定)
会場: 紀伊國屋サザンシアター
住所: 渋谷区千駄ヶ谷 5-24-2(タカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7F)
サイン会
講演終了後、サイン会を開催します。会場ロビーにて『新人文感覚1 風神の袋』、『新人文感覚2 雷神の撥』(11月刊行予定)、『かたち三昧』をお買い上げの先着150名様に整理券を配布いたします。
■前売取扱
キノチケットカウンター(新宿本店5階/受付時間10:00~18:30)
紀伊國屋サザンシアター(新宿南店7階/受付時間10:00~18:30)
■電話予約・お問合せ
紀伊國屋サザンシアター 03-5361-3321(10:00~18:30)
 

1  2  3  4  5  6  7

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちその他の地域カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは谷根千周辺です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築