公然たる敵 -ロストノスタルジア-<水晶ノ箱>

古書ほうろう 水族館劇場2011秋移動公演『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』が古書ほうろうにて開演しました。(2011.11.26)

芝居に先立ち、水族館劇場旗揚げ公演の筑豊を大八車で巡業する映像が長く映し出されました。その後、水族館劇場の側面(或いは裏)から支え、見つめてきた協力者によるトークライブが行われました。題して『水の劇場をいろどる千里眼たち
梅山いつきさんを進行に、美術制作から役者までこなされる津田三朗さん。アートワーク全般を引き受ける近藤ちはるさん。永年、制作に関わり、写真も撮られれている中原蒼二さん。後から水族館劇場 座長の桃山邑さんが加わり、水族館劇場との関わりから魅力を語りました。
梅山いつき 津田三朗 桃山邑 近藤ちはる 中原蒼二
 
梅山さんが演劇の流れを俯瞰しつつ解説、津田さんは、水族館の魅力から近藤ちはるさんのアートワークについてクリエイターの眼を通して語りました。近藤ちはるさんは水族館劇場との出会いを。中原さんは初期から現在に至る水族館劇場の話を交えつつ、近藤さんの魅力についても語りました。
水の劇場をいろどる千里眼たち
 

芝居では、山本紗由さんとマディ山崎さんが不在のため、登場人物の言葉が重みを増しました。
水族館劇場2011秋期移動公演終了吹ク風ト、流ルル水ト。
<http://ho-bo.jugem.jp/?eid=1964>
水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」最終日@千駄木 古書ほうろうMの日記@古本T
<http://tmasasa.exblog.jp/17114224/>
「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」閉幕!水族館劇場NEWS
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/11/post-56.html>
水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」 水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」
 
入方勇さんへのオマージュのような台詞。姫草ユリ(鏡野有栖)の瞳には光るものが。
鏡野有栖
 
がら(千代次)が抱きしめるのは、娘の代わりに持ち歩くしわがれた百合の花。
千代次
 
水晶ノ箱
トーク: 水の劇場をいろどる千里眼たち 
梅山 いつき <http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200901070809997290>
津田 三朗 <http://chiyofuku.jpn.org/tsuda/tsuda_01.html>
近藤 ちはる <http://365.jagda.org/jp/designers/detail/?date=20100616>
中原 蒼二 <http://ho-bo.jugem.jp/>

  • LINEで送る

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/6993

谷根千ウロウロ - 鉱石の夢展 (2011年12月 5日 10:12)

 古書ほうろうにて水族館劇場にかかわる人たちの展覧会「鉱石の夢展」が開催されてい... 続きを読む

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2011年11月26日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「往来堂書店 15周年記念トートバッグ」です。

次のブログ記事は「水族館劇場「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築