【逗子】公然たる敵 -ロストノスタルジア-<真珠ノ箱>

ヒグラシ文庫逗子 水族館劇場2011秋移動公演『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』<真珠ノ箱>は、ヒグラシ文庫 店主邸(神奈川県逗子市)にて開催されました。(2011.11.23)
鎌倉と逗子の中間あたりにある寺の参道沿いに建つ一軒家に日暮れを待って集まる人たち。約 25年前に筑豊を大八車で巡業する水族館劇場旗揚げ公演の映像が流れた後、ヒグラシ文庫店主 中原蒼二さんの挨拶を経て、芝居『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』、その後に「ストリートの思想(仮題)」と題されたトークライブがありました。

流れの看護婦、時間を彷徨う女、癲狂院[てんきょういん]に閉じ込められる孤児と女優志望、そして怪しい精神医。浜川崎で鉄工所を営む母娘。津波に助けられた精神病患者と救助人。そして精神病患者を世話していた女、精神病官女の夢に見る女。精霊の森の魔王と子分。・・・こうした一見、つながりのない登場人物達がそれぞれの人生の中で大地震に直面し、物語は絡み合い、触発しはじめます。
真珠ノ箱 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場
 
「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」開幕!(水族館劇場NEWS
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/11/post-54.html>
■ 公然たる敵〜ロストノスタルジア〜/水族館劇場(白い象 -Caesar Blanca
<http://d.hatena.ne.jp/caesar-blanca/20111124>
水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」@逗子ヒグラシ文庫Mの日記@古本T
<http://tmasasa.exblog.jp/17066904/>
公然たる敵 -ロストノスタルジア- 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場
 
公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場

芝居後、毛利嘉孝さん(東京藝術大学准教授)をゲストに招き、毛利さんの友人でもある淺野幸彦さん(クリエイティブ・ディレクター)司会にしながら『<仮題>ストリートの思想』と題された、桃山邑との対談が行われました。
2011年 3月 11日に起きました東北大震災のこと。劇団の活動再開と、震災の状況を踏まえながらも震災以降に芝居を作り続けることの意味と決意が語られました。
淺野幸彦 毛利嘉孝 桃山邑

真珠ノ箱
公然たる敵 -ロストノスタルジア-
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/11/post-52.html>
出演:
千代次/鏡野有栖
南瑞穂/山本紗由(23,24のみ)
上山薫/増田千珠/夕暮半蔵門
杉浦康博/臼井星絢/藤内正光/七ツ森左門/赫十牙
麝香姫/風兄宇内
マディ山崎
料金: 当日のみ ¥2,000/三日間通し券 ¥3,000(当日木戸で特製チケット配布)

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/6988

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2011年11月23日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「故郷喪失展」です。

次のブログ記事は「赤い木馬の記録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築