【舎人公園】 ゆうらら LIVE~劇団どくんご・東京公演プレライブ~

舎人公園,どくんご 旅するテント芝居「劇団どくんご」2011公演『A Vital Sign -ただちに犬』の巡業復路・東京公演の初日を舎人公園に観にいきました。(2011.9.8)
舎人公園のテニス練習場に近い緑地では、芝居の練習をする劇団員、犬と散歩する人、サッカーの練習をする子供たち。緑地に建つ"犬小屋テント"の向こうには無人モノレール線 日暮里・舎人ライナー「舎人公園駅」が西日を受けて輝いていました。
A Vital Sign -ただちに犬』の東京公演初日、開演前のオープニングアクトとしてゆうららのアコースティックライブが開かれました。

ゆうららは下北沢を中心に活動されている3ピースバンド。普段はエレキギター、エレクトリックベース、ドラムだそうですが、今回はベースのみエレクトリックで、アコースティックギターとカホンによる編成でした。どくんごの舞台で奏でる3人の声と演奏は、爽やかでとても心地良かったです。
uyulala(ゆうらら)<http://uyulala-fantasy.com/>
うえだ まなみ,ゆうらら ゆうらら,すずき ちはる<br />
はらだ かおる,ゆうらら
 
東京足立区舎人公園 by うつば(犬の生活
<http://blog.dokungo.com/article/225075478.html>
ゆうらら,uyulala
 

本編の「A Vital Sign -ただちに犬-」ですが、はじめ戸惑いましたが面白かったです。
ストーリーはなく、セリフや音楽による短いエピソードがいくつも演じられます。それらはつながりがあるような、ないような...。芝居に意味を探すのを諦めると、特徴ある役者によって演じられる言葉遊びや音楽がとたんに面白く感じ始めました。ことにラストの音楽は良かったなあ。
そして、犬小屋テント。芝居が進行するにつれて少しずつ形を変えていきます。借景をも舞台に変える後半は、舎人公園のだだっ広さと草地が、とても芝居を美しく見せてくれました。
旅するテント芝居、劇団どくんご東京公演<舎人公園>は、9/12(月)まで。
--
劇団どくんご 公演 第25番「A Vital Sign -ただちに犬-
東京(東京舎人)公演~秋は舎人で夕涼みする犬。~
公演:2011年 9/8(木)~12(月) 
時間: 開場 19:00/開演 19:30~
料金: 前売・予約 ¥3,000/当日 ¥3,300/中高校生 ¥1,500/小学生以下 お気持
場所: 都立 舎人公園 草地広場
住所: 足立区舎人公園 1-1
主催: 劇団どくんご <http://www.dokungo.com/>
--
最終日 9/12(月)は満月です。
舎人公園,どくんご
 

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/6852

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2011年9月 8日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【舎人公園】 旅するテント芝居 劇団どくんご」です。

次のブログ記事は「sen ノ 展(sen no ten)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築