広場がつくる・広場が動かす

光源寺 駒込大観音。昨年の今頃は「水族館劇場」がやってきて、この広場に大きな野外テントを作っていました。
今年の光源寺 駒込大観音は一見何もない広場です。
光源寺
 

・・・<略>・・・年一回東京の駒込大観音(光源寺)で本公演を上演する水族館劇場は、先述の通り、3ヶ月近く境内を占拠する。大観音での上演は10年におよぶが、住職は単に劇団を応援するためだけに彼らを受け入れてきたわけではない。水族館劇場の公演を通して、光源寺という場とは人々が集う場なのだということを近隣住民に知ってもらい、将来なにか大きな災害が生じた際のセーフティー・スポットとして寺を機能させたいという思いがあるのだ。・・・<略>・・・
 
■ 「広場をつくる・広場を動かす―日本の仮設劇場の半世紀―展」開催にあたって
梅山 いつき/演劇博物館助手
<http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/culture/110112.htm>

 
 毎年、7月 9日、10日には「駒込大観音 ほおずき千成り市」が開催されます。光源寺住職ご家族、近隣住民、地元商店街、福祉施設、水族館劇場劇団員、縁あって集まった人びとの手で祭りが作られます。一番の開催の理由は、緊急時・災害時に備えて普段から顔見知りを多く作り、助け合えるように、との想いから始まっています。「駒込大観音 ほおずき千成り市」ではバケツ・リレーのような消防訓練がイベントのひとつとして行われます。飲食コーナーの「萬福食堂」も、大勢の人間が手分けして大量の食事を作るノウハウが蓄積されています。
 
 東北大震災後、「ジャパン・イスラミック・トラスト[Japan・Islamic・Trust]」(豊島区)の支援を応援するかたちで、「光源寺」に定期的に有志が集まり、支援物資の用意と手伝いをされています。
たとえば、おにぎり。3月26日(土)には米 60キロで 1,219個、4月2日(土)にも 1,220個のおにぎりが作られています。
詳細と映像は、谷根千工房の森 まゆみさんがブログで報告されています。地元の方々による約 1,200個のおにぎり作りの映像は必見です。
おにぎりにぎり隊森まゆみ ブログ
<http://www.yanesen.net/mayumi/?p=1156>
東北大震災後、被災地や谷根千で考えられたこと、感じられたこと、活動報告を精力的にブログに書かれていますのでぜひ読んでみて下さい。
 
文京区に限らず、谷根千界隈の地域活動をサポートされている文京区議会議員 浅田やすおさんもブログでレポートしています。
■ 光原寺おにぎり隊(浅田やすおの文京日記
<http://blogs.yahoo.co.jp/asadayasuo/38214675.html>
 
一見ガランとしたこの広場では、たくさんのつながりが生まれ、集まり、拡がっています。

 

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/6830

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2011年4月27日 18:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「編集グループ〈SURE〉の本フェア」です。

次のブログ記事は「本を舐める vol.2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築