玉林寺のシイと防空壕

 玉林寺本堂の裏庭には巨大なシイの木があります。見学するには玉林寺の寺務所にて記帳し、寺の方と見学します。延命院のシイと同じく、治療跡がみてとれます。
玉林寺のシイ
 

玉林寺のシイ

 望湖山 玉林寺は天正 19年(1591)現在地に創建された曹洞宗の寺院である。本堂裏側にそびえるシイの種類はスダジイであり、幹回り 5.63メートル、樹高 9.5メートル、枝張りは東に 3.5メートル、西に 2メートル、南に 7.5メートル、北に 4メートルを計る。玉林寺創建以前から存在していたと言われ市街化した地域に遺存する巨樹として貴重である。平成3年(1991)から五年にかけて大規模な外科手術を行った結果、樹勢は回復しつつある。スダジイは、一般にシイノキと呼ばれるブナ科の常緑高木で、福島県・新潟県以南の本州、四国、九州、沖縄に分布する。雌雄同株で6月頃上部に雄花の穂を、下部に雌花の穂を出す。果実は、1.5センチ程の大きさで二年目に熟し食用となる。材は家具・建築・パルプ用材として広く使われている。

所在地: 台東区谷中 1-7-15 
指定: 都指定天然記念物
 
シイの木は本堂裏庭の小高い山の中腹にあります。シイの木に向かう途中の小山のふもとに朽ちかけた鉄の扉が見えます。戦時中につくられた防空壕の扉です。
防空壕
 

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/6749

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2011年3月 9日 19:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「長屋の鉢棚」です。

次のブログ記事は「ペアルック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築