【早稲田】広場をつくる・広場を動かす

 早稲田大学演劇博物館(新宿区早稲田)にて『広場をつくる・広場を動かす~日本の仮設劇場の半世紀~展』が開催されています。(2011.1.10〜3.27)
 紅テント(唐組)、黒テントから新宿梁山泊、曲馬館、水族館劇場犯罪友の会未知座小劇場維新派・・・。約半世紀にわたる、日本に於ける仮設劇場の変遷と軌跡を、印刷物や写真、映像などの資料を集めて展示しています。
広場をつくる・広場を動かす~日本の仮設劇場の半世紀~展広場をつくる・広場を動かす~日本の仮設劇場の半世紀~
<http://www.waseda.jp/enpaku/・・・>
会期: 2011年 1/11(火)~3/27(日)
休館日: 2/6(日)~28(月)、3/20(日)、21(月)
開館時間: 10:00 - 17:00(* 授業期間の火・金: - 19:00迄)
入場料: 無料
主催; 早稲田大学演劇博物館 <http://www.waseda.jp/enpaku/>
会場: 演劇博物館 2階 企画展示室 Ⅰ
住所: 新宿区西早稲田 1-6-1 早稲田大学内


"仮設劇場"の歴史は、何百年前もの見世物小屋、芝居、サーカス、博覧会・・・と連綿とつながっています。本展覧会では、"アングラ" と称された1960年前後から誕生し、現在に至る"仮設劇場"を根城とした国内の演劇集団を俯瞰することが出来ます。
そもそも「水族館劇場」から始まった興味でしたが、夢見る装置としての仮設劇場、天幕芝居は、潤沢な予算が組めない小劇団の創意工夫の跡が随所にうかがえる展示でした。
演劇博物館
 

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/6686

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2011年1月12日 22:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝の初音そば」です。

次のブログ記事は「坂本頼光・三遊亭きつつき 二人会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築