農学部総合研究棟遺跡見学会

農学部総合研究棟遺跡見学会 2010年 3/26(金)、27(土)の二日間、東京大学埋蔵文化財調査室が行っている農学部総合研究棟建設予定地での遺跡調査を見学、及び説明する会が開催されています。
建設に伴う遺跡調査について埋蔵文化財調査室が行ってきた研究成果を一般公開し、活動を知られ、理解いただくための遺跡見学会が開催されています。
遺跡からは、明治時代の宅地造成を示す遺構、水戸藩中屋敷の道等を確認しました。江戸時代以前の土器や石器も出土しています。
また以前、武田先端知ビル(浅野地区)建設地より発掘されました弥生土器やガラス玉、明治時代の銃弾も併せて展示しています。(復元された弥生土器を間近に見られます)

東京大学埋蔵文化財調査室」の原 祐一さんによる解説が、一時間毎に行われています。
説明会
 
■ 農学部総合研究棟遺跡見学会
<http://www.aru.u-tokyo.ac.jp/nougakubu_gensetu.pdf>
開催: 2010年 3/26(金)、27(土)
時間: 11:00 - 15:30(雨天中止 )
解説: 11:00、12:00、13:00、14:00、15:00
会場: 農学部総合研究棟建設予定地
主催: 東京大学埋蔵文化財調査室 <http://www.aru.u-tokyo.ac.jp/>
協力: 文京区教育委員会
問い合わせ先: 東京大学埋蔵文化財調査室
* 月〜金(10:00〜12:00、13:00〜16:00)
遺跡見学会は雨天中止ですが、
月曜から金曜日の10:00~16:00(3月中)、遺跡の見学は可能です。
足元と場内で稼動している重機等には十分お気をつけください。
農学部
 

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/6230

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2010年3月26日 20:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「深夜マイナス1」です。

次のブログ記事は「象革の鞄」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築