オトメパンがあった頃 〜谷中村 河童画房〜

古美術上田上田さんから電話がありました。「面白いものが店に入ったので見に来はりませんか」とのことです。仕事帰りに、買い付けや商談で近頃滅多に開いていない「古美術上田」へ。
上田さんに見せて頂いたのは一枚の木版画でした。
サインはないが、戦前から戦後にかけての昭和に活躍された、奥山 儀八郎[おくやま ぎはちろう]千葉県松戸市)の木版画だそうです。
左上には『谷中村 河童画房 村長 おくやまぎはち郎 画』とあります。
一概に"谷中村"と言っても、栃木県下都賀郡谷中村、東京府北豊島郡谷中村、埼玉県入間郡谷中村とあったそうですし、明治初期の話です。木版画の風景はどうみても大正末期から昭和初期の風景です。村長に作家自身の名をひらがなで記してますから、手慰みか想像で描かれた架空の街なのかもしれません。「・・・それでもなんだか、とても谷根千らしいでしょう?」と、上田さん。
確かに黄昏の街を描いた木版画は、銭湯らしき煙突があります。描かれた看板の文字を辿っていけば、『・・・かんな台』、『・・・下 木工所』、『牛乳』、焼き鳥『いさみや』、『珈琲』『ビールはない』、『河童宗吉』・・・。塀は木造の縦板なのか、トタン塀にも見えます。なんだかね、ちょっと以前の谷根千みたいな風景ですよ。
ほら、ほら。一番奥には『・・・トメパン』て見えます。きっと「オトメパン」のことでしょう。とすれば、この風景は、根津の路地から言問通り(中華『オトメ』のある場所)を眺めた風景か、千駄木の路地からオトメ通り(現在のよみせ通りの南寄り)を眺めた風景をもとに描いているのかも知れませんね。

「オトメ」については、地域雑誌『谷中 根津 千駄木』にとても興味深い記事があります。以前にナンダロウさんのブログにも紹介されていましたので引用します。(『谷中 根津 千駄木』バックナンバーを読まれると、詳細に取材された記事が載っています。)
■ 地域雑誌『谷中・根津・千駄木』89号(谷根千ねっと
特集/豊かな時間の過ごし方 町で遊ぼう大人の工作
・根津銀座のオトメ、そしてみんな食べてたオトメパン -- 落合光さん
http://www.yanesen.net/archives/backnumber/089/
 


■ 2008-04-02 〈オトメ〉と〈さおとめ〉の縁を知る
<http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20080402>
 
・・・『谷根千』(特集は「大人の工作」)をパラパラ見ていて、「根津銀座のオトメ」という記事が目につく。〈オトメ〉は何度か行ったことがあるが、中華料理店にしては変わった名前だと思っていた。この記事によれば、店主は終戦後、人と一緒に「オトメパン」というパン屋をやっており、本店のほか売店が4つあったという。本店はよみせ通りの南寄りにあり、そこは「オトメ通り」と呼ばれていたとも。オトメパンをめぐるあれこれも興味深いが、末尾に、動坂の喫茶店〈さおとめ〉の店主がオトメパン創業者の兄だとあり、驚く。オトメとさおとめ......。なるほどなあ。地元以外のヒトにはまったく興味ないだろうけど、そんな知識がひとつ増えるたびに、この地域に住んでヨカッタと思う。やっぱり『谷根千』はスゴイ雑誌だ。
 
ナンダロウアヤシゲな日々』より抜粋。

 
---
奥山儀八郎はニッカウヰスキー創業初期のポスターやラベルもデザインほか、幅広く作品を制作されていたようですが、谷根千地域とどのような関係があったのか、『河童画房』とは何なのか、興味は尽きません。

出自の明かでない品物を「谷中に店を構えているから・・・」と、商売抜きで仕入れて飾ってしまうところが、上田さんの楽しいところです。
河童画房
 

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/6204

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2010年3月 8日 23:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雨の日の背のばし」です。

次のブログ記事は「寒緋桜と東西めぐりん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築