水晶の雨

日が暮れかかる不忍通りを歩いていると、不意に水晶玉が降ってきた... !?
水晶の雨

見上げたらシャボン玉。不忍通りに面したマンションのベランダからシャボン玉を吹く兄妹
暮れかかる空に浮かんでは消えてゆきました。果たせぬ夢のように。儚く、だけど美しく。
シャボン玉
 

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/6171

コメント(2)

いい写真ですね。
この光景に偶然出くわすことが出来るということに
やまださんらしさ(固有の才能)を感じます。

何気ない日常の風景の中に
どれだけの物語を読み取り感じることが出来るか。
それが感性の違いなのでしょうか。
山田さんの心象風景が私は大好きです。

「水晶の雨」というタイトルも素敵ですね。

ryokoさん、こんにちは。
自分では考えたことがなかったのですが、見たものを見たままでなく、構図や光量を考えてシャッターを切りますから、言われてみれば確かに“心象風景”ですね。下手なレトリックを操り、ダジャレや思いつきを物語仕立てにしてしまうのは、我ながら悪い性分です…。

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2010年2月20日 23:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いぬふぐり」です。

次のブログ記事は「森 商店[mori shouten]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築