白く儚く

東京に生まれた雪だるまは寿命が短く、せいぜい保って一週間というところでしょうか。2/1夜半に降った雪で作られた誕生二日目の雪だるまは、早くも少しずつ小さくなっていきます。
雪だるま

 
築地塀(観音寺)奥、加納院の朱色の門前にて。
加納院
 

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/6140

コメント(2)

2月2日の夕方に出会って、ウロウロさんに伝えなくては、と思ったのに忘れていましたが、遭遇するのはさすが! その時点では、体形はもう少しキリッとしていました。

tam-tamさん、こんにちは。
加納院は昨年の少ない雪にも雪だるまを作られていたので、今年もあるのではないか、と思いまして遅まきながら確認にに行きました。
溶けかかった雪だるまは、ちょっとせつないですね。

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2010年2月 3日 22:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アラン・ウエストさんの節分飾り」です。

次のブログ記事は「ぼくのお祖父さん - Mon grand-père -」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築