2009年12月アーカイブ

【山谷】復活!山谷玉三郎

水族館劇場」の別ユニット、「さすらい姉妹」'09→'10さすらい姉妹寄せ場興行『放浪記』が始まりました。
12月 31日は山谷センター(台東区日本堤)前辻にて、炊き出しの後、18時より開演しました。
山谷センター前辻
 
座長・千代次さんを中心にの一貫したテーマである、"貧困の中で流浪する人々"を描く「さすらい姉妹」。今回の『放浪記』もテーマは同じく、歌謡ショー仕立てでテンポ良く、哀しく楽しい物語になっています。
 
さすらい姉妹■ '09→'10さすらい姉妹 寄せ場興行『放浪記』
料金: 投げ銭
 
12/31: 山谷センター前辻 18:00〜
 1/1: 横浜寿町生活館 16:00〜
 1/2: 新宿中央公園 ナイアガラの滝前 14:00〜
    渋谷宮下公園 18:30〜
 1/3: 上野公園噴水前 13:00〜
 
協力: あうん/山谷争議団/寿日雇労働者組合/寿支援者交流会/新宿連絡会/のじれん/桃山邑
---

一年ぶりの晴れ姿。山谷の玉三郎、健在!
山谷の玉三郎
 

伝言 2009.9.27

とある公園のベンチ横に捨て去られた封筒。よく見るとメモ書きが記されていました。
 


●  ー 4,000 5,000
☆  ー 5,000 2,000
△  ー 2,000 12,000
□□ ー 1,000 10,000

9/27 ■へ

どうにか、やってる
見たいだな。
とにかく、なるように
しかならないぞ。
多少の差し入れしたから。
タバコ代として 1,000円、
ふくろの下に置いておくから
これで ¥5,000円、借金できる
うちが花だよ。食い物と
タバコがあれば、どうにか無るさ。


 
若へ
 
日付は 9/27、約三ヶ月前です。
冒頭の数字は借金の金額と返済状況のようです。だとすれば伝言主は●氏でしょうか。
この伝言を受け取った■氏は、何処でどんな新年を迎えているのでしょうか。
 

間間間の居ぬ間

今年、「間間間[さんけんま]」では、 12/28に大掃除と餅つきをしたそうです。
住人や常連がいつも集まり、賑やかな「間間間[サンケンマ]」の、2009年の年末は久し振りにひっそり閑としていて、いつもと違った貌に見えます。
間間間
 

ねこにしんねんはない

猫に信念があるのかどうか判りません。
猫に昼夜の区別はあっても、新年はありません。
ですから、年の瀬だなんて関係なく、歩いている訳です。
路地猫
 

caikot*の甘酒

根津のヨーロッパ古着「caikot*[かいこ]」は2008年も大晦日まで営業しました。一年目の大晦日と同じく、お客さまに甘酒を振る舞いながら二年目の大晦日を迎えました。
生姜が利いて甘辛いお酒を、一杯頂いて体を温めながら新年を迎えるのでした。
甘酒
 

木陰

木陰。・・・と言っても。枯れ枝ですが。陰よりも陽射しの欲しい季節ですから。
木陰
 

山長の大晦日

山長 よみせ通りのへび道よりに、新鮮で安くておいしい魚屋「山長」があります。
年の瀬はいつにも増して大量の魚を入荷して、威勢良く魚をさばきます。
山長
 

Bathpark 四、五日前に体調を崩していたので、この日もしらばっくれていたのですが、「早く来い!」と電話で呼び出されたのが、谷中のワークウェア・ショップ「Bathpark[バスパーク]」の忘年会...。スケーター仲間や昔のバイト仲間、近所の千駄木空間イッテンモノプロジェクトスタッフ。
年明けに京都へ引っ越すコゼバッグのチエちゃんや、今月までトーキョーバイクに在籍していたウッチー。
アメ横の革ジャン専門店舶来堂に勤める、谷中のチェ・ゲバラことケン君や、CA4LA上野店)スタッフ達
...etc.
入れ替わり立ち替わり人が集まり、夜更けまで続く賑やかな宴に、「みぢゃけど」さんに、少し静かに。と注意もされながらも、相変わらず"やんちゃ"な奴らでした。

Soheyチエちゃんのエクストラサイクルにくっついているスケボーで遊ぶ Bathpark店長。
仕事納めって事で、かなりハイ・テンション。
 
■ 大掃除...(Bathpark Blog
http://www3.atword.jp/bathpark/2009/12/29/大掃除.../


世知辛い世の中ですが、与えられた時間は楽しまなくっちゃね。って感じに、上野の人も京都の人も津軽の人も、谷中ライフ』は 2010年に続いていきます。
へび道
 
まだまだ続きそうな宴会にフェードアウトしました・・・。

湯島駅そば (上野一丁目)の観賞魚店。道路脇に、ステンドグラスのような色硝子の鉢が置かれ、冬の日射しが射し込み綺麗です。色の中を金魚が二匹漂っていました、
金魚鉢
 

 千駄木のパン屋「パリットフワット」のクリスマス限定ケーキは、ドイツのパン『クリスシュトーレン[Christstollen]』です。
ボッテリとしていて、焦げ茶色。見た目は良くありませんが、日もちする味わい深いパン。
クリスシュトーレン
 
半分に折ったところがキリストの寝床を象徴している、と言われているドイツのクリスマス用パンです。たっぷりのシナモンをまぶし、生地にはラム酒漬けドライフルーツが練りこまれています。クリスマスを待ちわびながら、薄切りにして少しずつ味わうパンは、クリスマスのこの時期のみの販売です。
---
ワインは「パリットフワット」からほど近い「チリワイン通販専門ショップユヤイ」のチリワイン。
 
 

1  2  3  4  5

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築