バラック・リノベート 〜天狗倶楽部と富士書房〜

バラック改築 2009年、8月に閉店しました「長命源 本舗」に、リニューアルのため、11/3を以ていったん閉店(閉店セール開催中、11/1の写真)しました「nuicoto[ヌイコト]」の建物です。二店舗を合わせて改築し、「nuicoto[ヌイコト]」店主のご家族が経営される雑貨卸問屋「松野屋」の直営店として生まれ変わる予定です。
現在、その改築工事を地元の工務店「坪井建築工事」が請け負われています。(先の「nuicoto[ヌイコト]」店舗の内装も坪井さんの仕事でした。)
建物はとても古く、終戦直後に建てられたバラック小屋ではないか、との話も噂では聞いていました。実際に坪井さんらが内装を外してみると、奥の一部は戦前〜遙か明治時代らしき(参照: ぬうこと あむこと >> 只今改装中)名残があり、手前の大部分は終戦前(戦時中)頃に建て増したバラック小屋だったようです。戦後60年以上修理・改築されながら生き残った建物を、取り壊さず、まだ修復しながら再生活用して店舗にされるそうです。

基礎は朽ちて土台を失いかけ、屋根は穴が開いて空が見え、壁は朽ちて風が入る・・・。戦時中に建てられたと思われます「バラック小屋」に、建築物としての歴史的価値とか民俗学的な意味は見出さないでしょう・・・。だって、こんな廃材を寄せ集め、とりあえず急場しのぎでこしらえた、天井です。しかしこの天井を眺めていると、国の将来もわからぬまま、食糧や物資が乏しい中でも雨風だけはしのごうとする、必死に生活された時代が見え隠れしているようです。
バラックは、解体して建て直した方がどんなに手間がかからず、安全なことか。家主さんにとっても、店子になられる松野屋さんにとっても、工事を請け負う坪井建さんにとっても、そんな思いもあるはずですが、あえて壊さず、直して使う。もちろん改築予算のこともあるのでしょうが、手間をかけて工夫をした方が、面白いじゃない?という様子でした。
バラック改築
 
天狗倶楽部と富士書房 そうそう、「坪井建築工事」の坪井さんらが、内装を壊していたら、「nuicoto」と「長命源 本舗」の外壁と内装の隙間の壁に、このような「看板」が出てきました。終戦前か後なのか、このバラックが建てられて初期に開いていたと思われる店舗らしき名称。「看板」といっても、漆喰の壁にペンキで文字が書かれているだけですが・・・

『囲碁 将棋 天狗倶樂部
天狗倶楽部
 
上部が隠れていて、漢字が "富"か、"冨"なのか、判別できませんが、
『富士書房 新刊 図書
富士書房
終戦後、こうした書店は、谷根千界隈に何店舗もあったそうです。『谷中 根津 千駄木』や「不忍ブックストリート」を持ち出すまでもなく、遙か以前、どんな時代も、衣食足りれば、人は"活字"も欲したようです。
 

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/6041

コメント(6)

そういえば、nuicotoさんのお店の外壁に
富士書房の名前が残っていましたね。
その下に戦前?の壁があったとは・・・

「新刊」と赤字で強調されていますが、
昔の本屋さんは貸し本と古本が多くて、
新刊書を扱う書店は少なかったんでしょうね。
何か店主の誇らしさが感じられます。

松野屋さんが扱う様々な商品をまとめて見たのは
銀座松屋に期間限定で出店されたとき
(いろはに木工所さんも一緒)でした。
谷中小売部の開店が今から楽しみです。

熊鷹さん、こんにちは。
松野屋(nuicoto)さんの店舗改装は大変そうです。ただ坪井さんは「谷中界隈(の改築)はこんな物件ばかりですよ」と言葉とは裏腹に表情は楽しそうでした。
松野屋オーナーも、もと谷中在住だったためか谷中界隈には特別な思い入れがあるようです。
店舗のオープンがとても楽しみですね。

こんばんわ。拙ブログのほうに、2005年に撮ったこの建物の写真をアップしましたので、やまだsanのブログの長命源関連エントリーにリンク張らせていただきました。よろしくお願いいたします。
それにしても、こうして、バラックの魅力を残しながらのリノベーションなんて素敵ですよね。これは工事が終わったら見に行きたくなります。

masaさん、こんにちは。
貴重な写真ありがとうございます!こちらからもリンクを貼らせて頂きました。
どのような店舗になりますか、地元の工務店(坪井さん)もあれこれ思案しながらの改築のようでした。
ぜひ、その後の『長命源』も見に来られて、記録してください。

やまださん、今年もよろしく。

昨日、今年の初ウロウロの途中、店の前を通りかかりましたら、
商品の搬入作業で忙しくされている方をみました。
ガラス戸には1月13日(水)開店の張り紙がありました。

熊鷹さん、明けましておめでとうございます。
今日、谷中松野屋の前を通りましたら、既にいい感じで商品が並べられていました。(中村なづき さんもアクセサリーの納品をされていました。)12日に関係者のオープニングパーティーがあり、13日に開店ですね。
本年もよろしくお願いいたします。

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2009年11月18日 21:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一箱古本市の歩きかた」です。

次のブログ記事は「須藤拓也 陶展」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築