水族かんのん楽市 & プロローグ

光源寺 雨が小止みになり日が落ち始めると、光源寺境内・駒込大観音前は「水族館劇場」は、夏祭の縁日や見世物小屋の持つ、独特な妖しさに包まれます。境内右手には、週末(と楽日)のみ「水族かんのん楽市」が開かれ、日替わりで古本やら古道具やら、缶バッジやら雑貨やら、ビール、ワイン、つまみなどが販売され、祭気分を盛り立てています。

水族かんのん楽市

 
そしてかんのん楽市を向かい合わせに、芝居のプロローグの舞台があります。(開演時間が近付くと、小道具が並び野外セットが出来上がります。)このセットの視界すべてが舞台であり、役者は観客側も含め 360度どこから出てくるやも知れません。
水族館劇場
 
五感を研ぎ澄ませ、刮目し、プロローグに浸かってしまいましょう。(プロローグ終了後、整理番号順に入場します。)
 

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/5750

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2009年5月31日 23:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「水族かんのん楽市 & プロローグ」です。

次のブログ記事は「異神の森」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築