2009年1月アーカイブ

煙突を叩く音

 六龍鉱泉の煙突解体は、ゆっくりと進んでいます。
煙突の上

 
ムシロが巻きつけられた煙突を、先端の内側から、たった一人の作業員が終日、叩き崩しています。「ゴツーン、ゴツーン...」と鈍い音が町内を、まるで残りわずかな鼓動のように
ハンマーを響かせます。パラパラと欠片が落ちる音も時々します。六龍鉱泉

 
少しずつ短くなっていく鉛筆は、自らの寿命の火をともしたロウソクのようです。
煙突

銀座ひとり、かぶきもの。

銀座「日曜、"花男"になって、銀座の歩行者天国にいますから。」・・・と、ハリィさんに声をかけられていましたので、谷中から銀座へ。待ち合わせをした訳ではないので、銀座の歩行者天国を 4丁目から 1丁目方面へとブラブラと歩きました。ハリィさんを見つけたところで、特に近づいて挨拶もすることなく、ただ遠くから、銀座に佇む"花男"ハリィさんを撮りました。

Harry

 
"花"に対する愛情、、"花"に込めて伝える想い、自己表現としての"花"との関わり・・・。
ハリィさんは自ら道化者となりながら、常に真摯に、実直に、"花"への問いかけと答えを探し続けているようです。
ハリィ

 
彼の名はハリィ。花には縛られず、花に抱かれる漢。銀座にひとり、かぶく者。

「contemporary glass nido[ニド]<http://nidoglass.com/>」では、nidoオリジナル・メンバー 3人のひとり、"ヨネヤン"こと、米屋綾子さんのガラス・アクセサリー展が開かれています。
よねやん

 
米屋さんは今回、古代メソポタミアで発明された「パートドヴェール」と呼ばれる技法を使い、作品を制作されています。、パートドヴェール技法とは、ガラス粉を調合し、釜で焼くのだそうで、
『時間や光、悠久の記憶を ガラスの粉で封じ込み 結晶化しました。』
と、Invitation Cardにも書かれているように、ベークライトのような、飴細工のような・・・。不透明でいて艶やかな、不思議な色合いを醸し出すガラス・アクセサリーです。
光と影の記憶

 
■「光と影の記憶」 米屋綾子 展
http://nido.txt-nifty.com/blog/2009/01/2009-41bf.html
期間: 1/24(土)〜2/3(日)
時間: 11:00 - 20:00
定休日: 水
場所: contemporary glass nido <http://nidoglass.com/>
住所: 台東区谷中 3-13-6(Google)
09012504.jpg

鷽替え神事

 毎年 1月 25日上野恩賜公園内にあります「五條天神社 <http://gojyoutj.hp.infoseek.co.jp/gojyou_tenjinjya.htm>」の鷽替え神事です。
五條天神

 
初天神の日、"凶"を祓って"吉"を迎える行事で、旧年中の嘘(鷽)を神前に納めて罪を滅ぼし、新しい鷽と受け替えます。宮司による桧の一刀彫り、頭に金紙のあるのは特に吉兆と喜ばれます。
鷽

 
谷根千界隈では、湯島天神でも鷽替え神事がありますが、ここ五條天神の嘘は人気があり、無くなるのが早いです。(正月三が日にも授与されるそうです。)
鷽替え

 
五條天神では早くも紅白の梅が咲き誇っていました

「金継ぎ nico <http://royu.net/nico/>」が、工房移転に伴って、骨董や器など、趣味や仕事で工房に集められた収集品の一部を一掃、格安で処分セールしました。
金継ぎnico

 
これまでも漆直しセットの対面販売を兼ねて、不定期に「Shop nico」として、アトリエを開放していましたが、谷中での最後の開店日(2009/1/24)には、初めて路地に行列が出来、アトリエは大勢の訪問客でごった返したそうです。
私が夕方に訪れたときには、既にテーブルにはわずかばかりの骨董品が残るばかりでしたが、それでも入れ替わり立ち代り人が訪れていました。
工房セール

 
「金継ぎ nico[ニコ]」は、谷中(台東区)から、国分寺(国分寺市)へ移転します。しばらくアトリエは開かず、新たな修理の依頼はしばらく休まれます。
漆直しセット(チビクロ、クロコ)の販売はインターネット中心になるそうです。
nico仕事場

 
東京の東から西へと移りますが、谷中に、たくさんの友人、知人、大好きなお店がありますので、これからは仕事を離れて、純粋に谷根千を楽しみに訪ねてこられることでしょう。
 

シナカルブラ 2

ハッピーフード 週末の間間間[さんけんま]で、ろうけつ染めの cha cha[柴切 重行]さん(静岡県)の作品展示と販売、HappyFoodのまいさんが作る特別メニューの企画「シナカルブラ 2」が始まりました。
シナモンとカルダモンが宇宙を旅する物語を、cha chaさんがろうけつ染めの、くるくる回る燈篭と Tシャツに表現しています。そして物語のエピソードに沿ったお菓子や美味しい食事メニューを Happy Foodのまいさんが考えて作りました。

チャチャ

 
シナカルブラ2 シナモン&カルダン - 食べる宇宙 STORY
ろうけつ染め展示: chacha[柴切 重行]<http://hotwax.in/>
特別メニュー: HappyF∞d[ mai ]
日時:
1/23(金): 13:00 - 22:00
1/24(土): ~カフェ「じぼ あん じゃん」でも展示します。~
1/25(日): 12:00 - 20:00
Maqha&HappyF∞d[マクハ&ハッピー フード ]<http://maqha.jp/>
場所: 間間間[さんけんま]
住所: 台東区谷中 5-2-29(Google)
 

雨上がる

昼ごろから雨は上がり、日が差して、気温も上がり出しました。猫は長屋で毛づくろい。
長屋

コゼバッグ[ cosset - bags ]

 よみせ通り商店街の裏手にあります「古美術 上田」の 2Fに、ハンドメイドによるメッセンジャー バッグの「cosset - bags[コゼ バッグ] <http://cosset.exblog.jp/>」のアトリエがオープンしました。(OPEN: 2009/1/11〜)
また「REW10WORKS[リューテンワークス] <http://rew10.com/>」(文京区 西片)のショールームも併設されています。


cosset - bags[コゼ バッグ]
http://cosset.exblog.jp/
 
営業時間: 13:00 - 18:30
定休日: 5・10・15・20・25・30(5・10のつく日)
* REW10WORKS[リューテンワークス] ショールーム 併設
古美術 上田 2F
住所:文京区千駄木 3-41-12(Google)
 
コゼバッグ

SONOMITSU SUNSET

 私は、店舗に立ち寄っても、いつも他愛のない無駄話ばかりしていて、ちっとも商品を買わない、マナーの悪い客です。
「そのみつ <http://www.sonomitsu.com/>」のショールーム「SONOMOTSU YELLOW[そのみつ イエロー]」は、展示会や採寸の合間に少しずつスタッフが店内を作り上げています。・・・と書きつつ、写真は暮れかかる店舗外の壁でした。
sonomitsu
 
へび道と平行に走るこの通りも沢山のショップが点々と並びます。「SONOMOTSU YELLOW」をはじめ、ご近所の大野巌さんが、この通りを「谷中小下通り」と名付けたホームページを作り、丁寧に紹介されています。
■ 谷中小下通りのお店(いわおの部屋
http://www.iwaoono.com/shitamachi/newpage14.html
 

春は見えるかい?

おーい、ひさしの上のキミ。そこから春の兆しは見えるかい?
屋根の猫

1  2  3  4

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築