59年の席

 谷中霊園内の一角にあります、城跡のような石垣は、かつて天王寺大仏が設置されていた台座の遺構です。
石垣


天王寺の大仏」で引用しました解説に『明治 7年(1874)の公営谷中墓地開設のため、同墓地西隅に位置することになったが、昭和 8年(1933)6月修理を加え、天王寺境内の現在地に鉄筋コンクリート製の基壇を新築してその上に移された。』とありますように、明治から昭和初期の 59年間、五重塔を東に見ながら天王寺大仏が、この場所に腰を下ろしていました。

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/1956

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2008年9月14日 21:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミイの指定席」です。

次のブログ記事は「仔猫、何処の子?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築