天王寺の大仏

 日暮里駅南口から紅葉坂を上ると、谷中霊園入り口にありますのが、「谷中七福神」の毘沙門天が祀られていることでも知られています「護国山 尊重院 天王寺」。江戸時代には谷中霊園のほとんんどが天王寺の寺領でした。天王寺境内西端には、一般に「天王寺大仏」として親しまれている大仏が鎮座しています。
天王寺大仏


銅造釈迦如来坐像[どうぞうしゃかにょらいざぞう](台東区有形文化財)
 本像については、『武江年表[ぶこうねんぴょう]』元禄 3年(1690)の項に、「5月、谷中感応寺丈六仏建立、願主未詳」とあり、像背面の銘文にも、制作年代は元禄 3年、鋳工は神田鍋町に住む大田久右衛門と刻まれている。また同銘文中には「日遼[にちりょう]」の名が見えるが、これは日蓮宗感応寺[かんのうじ] 第 15世住持のことで、同寺が天台宗に改宗して、天王寺[てんのうじ]と寺名を変える直前の、日蓮宗最後の住職である。
 昭和 8年に設置された基壇背面銘文によれば、本像は、はじめ旧本堂(五重塔跡北方西側の道路中央付近)右側の地に建てられたという。『江戸名所図絵[えどめいしょずえ]』(天保 7年〔1836〕刊)の天王寺の項には、本堂に向かって左手に描かれており、これを裏付けている。明治 7年(1874)の公営谷中墓地開設のため、同墓地西隅に位置することになったが、昭和 8年(1933)6月修理を加え、天王寺境内の現在地に鉄筋コンクリート製の基壇を新築してその上に移された。さらに昭和 13年(1938)には、基壇内部に納骨堂を増設し、現在に至る。
 なお、「丈六仏[じょうろくぶつ]」とは、釈迦の身長に因んで 一丈六尺(約 4.8m)の高さに作る仏像をいい、坐像の場合はその二分の一の高さ、八尺(約 2.4m)に作るのが普通である。
 本像は、明治 41年刊『新撰東京名所図絵[しんせんとうきょうめいしょずえ]』に「唐銅丈六釈迦[からかねじょうろくしゃか]」と記され、東京のシンボリックな存在「天王寺大仏」として親しまれていたことが知られる。
 平成 5年(1993)に、台東区有形文化財として、区民文化財台帳に登載された。

台東区谷中 7-14-8 天王寺

 平成 8年 3月     台東区教育委員会


天王寺大仏


綺麗さっぱりしています。実は、2008年 6〜8月にかけて大がかりな修復工事が行われました。(撮影: 7/13)
元禄 3年(1690)に建立されて以降、(記録に残されているのは)昭和 8年(1933)に現在地へ移動の際に修復されただけだったようです。昭和以降、環境悪化に伴う酸性雨などで傷みが激しくなった本像を、約 2ヶ月かけて修復、洗浄されたのでした。

 改修前の、ボロボロの釈迦如来像。・・・修復後、こんなに綺麗な顔に生まれ変わりました。額のビンディーも金色に装飾されました。
08090902.jpg

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/1948

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2008年9月 9日 21:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「青空洋品店のポンチョ - caikot* -」です。

次のブログ記事は「秋空の下での拓本採り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築