2008年7月アーカイブ

スパーリング

 ダンボールに入れられ捨て去られていたチビ。保護したのは西日暮里のアートギャラリー「HIGURE 17-15 cas <http://higure1715cas.bufsiz.jp/>」のオーナー。チビは HIGUR事務所の中をちょこまか歩き回っていました。

スパーリングを前に、HIGUR事務局スタッフに入念なチェックと気合いを入れられる(?)チビ。「お前は、やれば出来る子や。」
HIGUREスタッフ


さあ、準備は OK。対戦相手は・・・やまだ左手です!
チビ1


両者こぶしを合わせようとした途端、挨拶代わりの右フック。惜しくも空振り!危ない、危ない(汗)!! アレをまともに喰らっていたら、一発で KOされるところでした・・・。
チビ2


初対戦相手(やまだ左手)にも気を抜かず、虎視眈々と隙を窺うチビ。
スパー


続けざまに繰り出す、チビの鋭い猫パンチ。やまだ左手はフットワークを駆使して防戦一方です。・・・

混線トレーション

茜色の空に、こんがらがって集まって。会話はいつも、ほどけないまま絡まって。
混線






駄洒落はいつも流されて・・・(T_T)

 団子坂上、大観音通りから保健所通りの入り口にあります、インポートブランドのリサイクル&セレクトショップ「Moda Ricerca[モーダ リチェルカ]」(OPEN: 2007/9~)です。
モーダルチェルカ


CELINE(セリーヌ)、VALENTINO(ヴァレンティノ)、PRADA(プラダ)、 MARNI(マルニ)、ANNA MOLINAR(アンナ モリナーリ)...etc.
イタリア、フランスの有名インポート・ブランドの洋服全般を取り扱っています。客層は 30代以上~、比較的年齢層が高いお客が多いそうです。店主は長年インポートブランドの販売に携わっていたので、洋服に関する相談や問い合わせにも気軽に対応してくれる、とても気さくな方です。

委託販売も行っていますので、不要のブランド品などがありましたら、ショップの方へ問い合わせしてみて下さい。
Moda Ricerca[モーダ リチェルカ]

営業時間
平日: 12:00 - 19:30
土・祝: 12:00 -18:00

定休日: 日・第一&第三 水

電話番号: 03-3828-2460

住所; 文京区千駄木 5-1-7(Google)
リチェルカ

車の下の無垢

野良猫の子か、飼い猫の子か判別が付きませんでした。近くに親猫も兄弟も見当たりませんでした。願わくば飼われているように・・・。
子猫


車の下

谷根千、燃ゆ

「人力俥音羽屋」さんと春木屋で食事した帰り、雨がポツリポツリ降る、よみせ通りから路地越しに西の空を仰ぐと、燃えるような空いろ。
千駄木


「音羽屋」さんが、よみせ通りの、安くて活きが一番の魚屋「山長」に呼び止められている間に、ちょうど通りかかったのは TOKYO BIKEに乗った「花重」のYさん。『空が凄く綺麗ですよー。』と言われるので、よみせ通りから路地を抜け、見晴らしの良い初音の森から蛍坂へ駆け上りました。
雨がぱらつく蛍坂から、南空は雨雲、北の空では稲光。・・・そして西空は燃えるような夕空が。左奥にぼんやり見えるのは池袋サンシャイン60です。
夕景

きんぎょ帰り

祭終わって金魚が帰る。山門に佇みほっと一息。
野庵


7/26(土)、本行寺で行われた、野庵 <http://a-yarn.com/> 主宰の「夏の陰陽 - 野庵 四季と出逢う 2008夏」。
入場券は、伊場仙 <http://www.ibasen.com/>で作った団扇、昼夜イベントの間は、はと <http://hatogoya.pupu.jp/>製イラストマップが配布され、谷根千スタンプラリーや共催の写真展など、バラエティーに富んだイベントだった・・・そうですよ。
そのイベントで、まちのあちらこちらでアイコンとして使われていたのが、作家・深堀隆介さんの金魚たちでした。

Bird cage of Plaster

諏訪台通り、長屋の一軒。数ヶ月前から作家のアトリエとして使われ始めました。格子窓には無造作に並べられた石膏像。
08072701.jpg


鳩

 千駄木のアクセサリーショップ「goldandbouncy(ゴールドアンドバウンシー)」2Fギャラリーにて「アーナ 帽子」&「ナツコサクライジュエリー」共同展覧会が始まりました。(1/25~8/1)
ゴールドアンドバウンシー

Natsuko Sakuraiのサクライナツコさんは、4月に同じ goldandbouncyにて「旅するジュエリー展」を開催されたジュエリーデザイナーです。そして今回は、友人で京都を中心に活動されている帽子デザイナー、「A-Na」のナカジマアズサさんをお招きしての共同開催となりました。

■ アーナ 帽子展 & ナツコサクライ ジュエリー展

□ A-Na アーナ http://a-nahat.jugem.jp/
□ Natsuko Sakurai ナツコサクライ http://ns-bijoux.com/

期間: 7/25(金)~8/1(金) 
※ アーナ(ナカジマアズサ)さんの在廊は7/25(金)~27(日)の三日間。

営業時間: 11;30 - 20:00
会場: ゴールドアンドバウンシー 2Fギャラリー<http://goldandbouncy.com/>
住所: >> 文京区千駄木 2-33-6(Google)
A-Na & Natsuko Sakurai

 谷根千の様々な店舗を紹介しよう、と始めたものの、新しくオープンする店舗を中心に紹介してばかりで、古くからある店舗は後回しになりがちです。理由は、ご年配が多い店主の方々に"地域紹介のブログ(或いはホームページ)"という趣旨を上手く説明できるか、いつも不安が先立つことと、「いつでも、そこに行けばある場所だから。」との理由付けのない安心感からでした。


絵まいゆ看板 ・・・そん言い訳から、いつも本郷通り沿いの器の店「絵まいゆ」は、気にしつつ、ウィンドウを覗きながら、いつも通り過ぎていたのでした・・・。そして 2008年 7月 26日(土)を以て、24年間に渡った「絵まいゆ」の店舗を閉じられることになってしまいました。客でなかった私としては、ただただ、「お疲れ様でした。」と言うだけであります。
閉店セール


明日の閉店日まで「閉店セール」開催中です。ショーウィンドウの陶器・ガラス器。
ガラス器


「絵まいゆ」は、根津うらもん坂(日医大病院)と本郷通りの交差点すぐ横にあります。
ガラス

「谷根千」に多くの人が散策に訪れるようになり店舗も増えて久しいのですが、不忍通りより西の地区、向丘(むこうがおか)という場所は、紹介されることが少なく散歩で足を運ぶ人は多くはありません。むしろ、地元の方が利用される店舗が多いと思います。そんな中で、マイペースながら、数多くの陶芸家やガラス作家の展覧会を企画し、展示販売されていた「絵まいゆ」の存在感は大きかったと思います。

24年間の活動、お疲れ様でした。そして新しい形での「絵まいゆ」の再会をお待ちします。お疲れ様でした。
絵まいゆ


■ 絵まいゆ
http://www2.yanesen.net/emaiyu-kougei/

営業時間; 11:00 - 18:00

caikot*のクウちゃん

caikot*[かいこ] <http://www.caikot.com/>」に、やんちゃ坊主がやってきました。普段、店内にはい居ませんが今日は顔を見せてもらうために少しだけ出てきてもらいました。

caikot*の[くう]です。
くぅ


クウ(空)は生後約 4ヶ月。里親の caikot*店主のもとへやって来た、新しい家族です。新しい家で、新しい家族に愛情を一杯浴びながら、元気に育って下さいな。
くう

1  2  3  4  5  6

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築