夏越しの大祓 茅の輪くぐり

梅雨ながら、暦は着実に夏への扉を開きます。八の字を描きながら夏へ向かってお進み下さい。


■ 大祓・茅の輪くぐり(根津神社

2008/6/30(月)
時間: 18:00~
参列; 自由
場所: 根津神社 前庭上

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/9154

コメント(2)

旧暦の暑い盛りが本当はこの祓いにふさわしいのでしょうね。

この日に三角形の外郎に小豆が載った「水無月」を食べて
悪疫を祓う京都の風習が東京にも広まりつつあります。
根津界隈では「笹屋」さんが扱っておられました。
先日、やまださんと谷中で遭遇したとき、
私のカバンには別のお店の「水無月」が入っておりました。

悪疫退散ということでは、京都の祇園祭りの粽を
軒先に吊るしておられるお宅も界隈に何軒かありますね。

熊鷹さん、
先日は二度目の遭遇、お声をかけていただきありがとうございました。
夏越しの祓いに「水無月」を食べる風習はまったく知りませんでした。いずれは節分の恵方巻きのようにコンビニを通して全国に広まるのでしょうか。「祇園祭りの粽」も熊鷹さんのコメントで初めて知りました。次回に街を歩く際、気をつけて見てみます。
それにしても熊鷹さん、秋色桜のコメントといい、鞄の中の「水無月」といい、甘辛両党イケる上に、”花も! 団子も!!” お詳しい(笑。…水無月は、悪疫退散用でしたね)。
私も甘いものには目がありませんので、さっそく教えていただいた水無月を食べたいと思います。
いつもながら、記事内容の補足コメント頂き感謝いたします。

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2008年6月29日 21:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「goldandbouncy's Parakeet from Notting Hill」です。

次のブログ記事は「銀杏堂写真館、再び」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築