発掘調査見学会

見学会 根津うらもん坂と本郷通りがぶつかる交差点すぐ脇にあります、東京大学埋追分新国際宿舎建設予定地にて、発掘調査見学会が 2/1(金)、2(土)に行われます。( 金曜日は 13:00~15:00まで。土曜日は 10:00~15:00まで。)

発掘調査見学会


発掘調査点は江戸時代に「駒込鰻縄手[こまごめうなぎなわて]」と呼ばれた場所で、「御先手組」の屋敷や寺院、町屋があったそうです。(詳細は現地で配布されている資料で確認下さい。)
発掘調査見学会

主に"ゴミ"として地下に捨てられた生活道具類や食物残滓など、当時の生活や文化を知る上で貴重な手掛かりとなる、食器や道具が大量に発掘されました。見学会場ではその一部を展示しています。
食器


剪定ばさみ、火鉢やキセル、ガラス製のかんざし、土器の人形など、様々な雑貨、道具類。
発掘物


東京大学弥生キャンパス(農学部)農正門前、本郷追分に現在も続く酒店「高崎屋」の銘が入った酒徳利。江戸時代,この周辺の発掘調査地から数多く出土するそうです。
酒徳利


関連リンク:
■ 発掘された「御先手組」屋敷跡(歴史に好奇心!さわらび通信
http://homepage1.nifty.com/sawarabi/080202toudai/toudaigennsetu.html

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/7891

コメント(2)

昨日の都会の雪景色の写真、素敵ですね。

一昨日行ってきた追分新国際宿舎建設予定地発掘調査見学会、
拙いルポを『発掘された「御先手組」屋敷跡』として、「さわらび通信」にアップしました。

http://homepage1.nifty.com/sawarabi/080202toudai/toudaigennsetu.html

ご覧いただければ幸いです。

さわらびY(ゆみ)さん、はじめまして。
昨日、東京大学埋蔵文化財調査室の原さんからメールを頂き、「さわらび通信」の記事を読ませていただきました。非常にわかりやすく丁寧で、とても勉強になりました。
拙ページからリンクを貼らせて頂きましたので、よろしくお願いいたします。コメントありがとうございました。

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2008年2月 1日 20:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「修悦体の路線案内図」です。

次のブログ記事は「Ubatama」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築