2007年12月アーカイブ

銀盤の学生 1928

 2007年、東京大学は 130周年を迎えましたが、翌 2008年、東京大学医学部&附属病院は 150周年を迎えます。150周年記念事業の一環として2006年~2007年、東大病院内通路で、過去の卒業アルバムから選んだ多くの写真パネルを展示しました。その中には大変珍しい写真が多くありましたが、その中でとても惹きつけられた一枚の写真がありました。
 この写真に惹きつけられたのは私だけでなく、東京大学広報センターの細谷さんも大いに惹きつけられていたようで、細谷さんは、数枚の写真パネルを東京大学医学部から借り受け、12月より広報センター(龍岡門脇)内で展示されました。おそらく 1月以降も展示されていると思いますので、パネルは数枚の構内風景の写真ですが、その中の一枚をより多くの方に見て頂きたい、と思います。

 一枚というのは昭和 3年(1928)冬の三四郎池の写真です。昭和 3年とは、関東大震災の復興を引きずり、第二次世界大戦への予兆が少しずつ芽吹き始める頃です。東大構内も内田祥三らが校舎の建設がまだ盛んであった頃でした。・・・
比較の意味で、まず約 80年経った 2007年 12月 31日の三四郎池です。
三四郎池


昭和 3年(1928)冬の三四郎池です。なんと三四郎池でスケートをしています。
三四郎池銀盤
注: 帝國大學新聞(昭和 3年 1月 16日 第236号)縮小版から、資料用にコピーしたものを更に加工して載せています。)

喜びの跡

 お正月來の寒さで、御殿下の池も例年の如く見事に氷が張りつめ休暇明けまでアマチュア、スケーターを喜ばせてゐたが去る十日來の暖氣で全部解氷し昨今は僅に残さいが岸に漂ってゐる。

 帝國大學新聞(昭和 3年 1月 16日 第236号)


上の画像は帝國大學新聞(昭和 3年 1月 16日 第236号)に掲載されたものですが、その春の卒業アルバムに同じ写真が使われたのでした。
パネル張りされた写真は複写とはいえ、上に引用させて頂いた画像よりも、鮮明で幻想的です。
CO2排出量増加による温室効果、ヒートアイランド現象など原因はいろいろあるのでしょうが、この写真を目にした後、再びこの東京で。本郷で。三四郎池が銀盤となる日が来ないか、と夢見てしまいました。

チョビは木登り

 今年後半の「ねんねこ家」は新人・千代子を中心に明け暮れていていたようですが、大晦日に三浦坂の途中「ねんねこ家の前で、久し振りにチョビに遭いました。その眼は獲物を狙うスナイパー。樹の上を睨んでいました。
チョビ

臼横たわる

 畑のすぐ傍に住む和田さん(LIGHT&PLACE)の話ですと、既に一週間程前、つまりクリスマス・イヴの頃に餅つきをされていたそうです。一仕事を終え、寝正月を迎える、と言ったところでしょうか。
臼


本行寺の背後には二本目の高層マンションが建設中。
本行寺

猫の額の額

 リーダーの額に貼られたプライス・タグの金額は?
リーダー

 パリへ仕入れ旅行のため、2週間ほど休みだった根津のBROCANTE・古道具「 豆子」店主。仕入れた商品のプライスタグをはがしたり付けたり。久し振りのご主人の帰宅で、もっと甘えたいのにぃ、この仕打ちぃ~。(´・ω・`)ひどいよひどいよぉ!!

■ 巴里マロニエ(豆子の豆インコ ~根津・古道具やさん~
http://mameinko.seesaa.net/article/75134290.html

金継ぎ nico

nico看板 根津「丁子屋」の向かいの路地を入った場所に、「金継[きんつ]nico[にこ]」があります。
"金継[きんつ]ぎ"とは、欠けたり割れたりした陶磁器を、漆で接着し、接合部を金であしらった日本古来の修復技術です。「金継ぎ nico」では、金継ぎの技術による、陶磁器の修復作業、オリジナル修理キットの販売をしています。


金継ぎnico

普段は工房のため開いていませんが、谷中芸工展や不定期の土曜日(ホームページにてお知らせ)に開放され、金継ぎの技法の解説や相談、修理セットの購入が出来ます。また時々、何らかの事情で修復途中に不要になってしまった陶器も販売されます。で余ったそれ以外の訪問は事前に予約をされた方のみになります。


■ 金継ぎnico ブログ(金継ぎnico
http://www.cafeblo.com/knico/

不定期の土曜日にアトリエを開放しています。ホームページ、またはブログにてご確認下さい。

役目を終えつつある修悦体

 11月後半より日暮里駅北口改札~構内を覆っていた、多くの仮囲いが取り外され始めました。
日暮里駅


仮柵囲いのほか、天井を覆い隠していたシートも外され、ずいぶんと視界が開けました。
北口改札


改修工事は来年まで続きますが、少しずつ構内は整備されて見渡しやすくなり、修悦体の役目は終わりつつあるようです。
とは言え、同じ文字ながら新たな仮囲い塀には新作が見られます。
北口改札


何度も作られた文字は、エレメントのデフォルメも“こなれた”と言うか、洗練されているように感じられます。
常磐線


独特の書体とパフォーマンスで盛り上がった修悦体ですが、実際に駅を利用していて、本来の目的である道先案内としての効果は絶大であった、と実感します。佐藤修悦さんの才能が、今後も生かされる職場であって欲しいなあ、と思います。

満月のクリスマス・イヴ

 弥生坂上、ドーバー海峡から眺めた満月です。思いっきりブレています。
満月1



 東京聖テモテ教会の十字架と満月。言わずもがな、こちらも手ブレしています。...orz
十字架満月


教会

 東京大学の赤門から真正面にある医学部 2号館本館のイルミネーションです。
医学部1号館


このイルミネーションの設置は学校側でなく、学生が主体で取り付けているのだそうです。クリスマスまでと言うことではなく年末一杯見られます。(年明けまで設置されているのかどうか聞きそびれてしまいました。)

たそがれて

 ねこの背中がたそがれて。つい通り過ぎることが出来ずに立ち止まる。
球場横

JINGLE CAN.

「メリークリスマス」なんて知らないよ。聖テモテ教会を横目に S坂へ走りすぎる、働く不定住者。
不定住者

1  2  3  4

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築