観音寺の築地塀

 平成 4年(1992)台東区まちかど賞を受賞して以来、谷中のシンボルのひとつになった、観音寺南面のの築地塀です。
観音寺の築地塀


 途中左方向に道を曲がると安立寺の塀に。突き当たりは「初音の森」で、右手に曲がれば蛍坂です。


 造られたのは200年以上前に遡るという観音寺の築地塀[ついじべい]ですが、関東大震災で一部崩壊し戦災を免れ、日々小さな崩れを起こしては補修されつつ現在に至ります。「築地塀[ついじべい]」とは土で塗り固められた塀のことで補強のため層状に板や瓦を埋め込まれたものだそうです。

築地塀

 塀の取っ付きの右にある小さな祠はお稲荷さまが祀られていたそうですが、某旅番組放映の翌日に持ち去られてしまったそうです。(参照:『谷根千百景』著:石田良介)
築地塀とお稲荷さん

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/768

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2007年5月13日 20:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白ばら階段」です。

次のブログ記事は「廣告厳禁」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築