東京聖テモテ教会

東京聖テモテ教会 森鷗外の小説『青年』にも登場する、日本聖公会東京教区 東京聖テモテ教会は帝国大學(現・東京大学)の近くで布教活動をするため、1902年米国宣教師によって建てられました。1909年に礼拝堂が建てられ、1932年には国産最初のパイプオルガンが設置されましたが、東京大空襲(1945)に焼失してしまいました。現在の礼拝堂は 1950年再建されたものです。
 また 1995年 11月より、難病治療を受ける子供たちと家族のための滞在施設「ぶどうのいえ」を併設、運営されています。


07021304.jpg


■ 東京聖テモテ教会
http://www.nskk.org/tokyo/church/timothy/

■ ぶどうのいえ
http://www6.speednet.ne.jp/~truevine/

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/1523

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2007年2月13日 16:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おきもの」です。

次のブログ記事は「根津教会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築