2007年1月アーカイブ

今宵、弥生の見晴らし列車

 睦月みそかの、弥生発・見晴らし列車宵の便。出発進行〜!!
見晴らし列車

家路

 ナトリウム灯が照らす道を根津に向かって。
家路

ねこやなぎ

 東京大学浅野地区職員宿舎にネコヤナギを見つけたので、撮影していました。・・・
ねこやなぎ


ふと視線を感じ辺りを見回すと、ネコヤナギのある家作の、道を隔てて真向かいにある、空き家になった家作の奥より白い影が横たわり、こちらを見つめていました・・・。

風景は日々置き換わる

 街に人が住み、暮らしが機能している限り、何年も何十年も何百年も、古きものは朽ち、新しいものたちが生まれていきます。建物ほどに目立ちませんが、たとえば電信柱です。電信柱が変わったところで私はちっとも気にしません。電信柱が木からコンクリートへ変わったことにいち早く気づいたのは犬だったのかも知れません。やがて電線は地中に埋められていくのでしょうが、それにいち早く気づくのは雀であるかも知れません。
 十何日ぶりかに東大浅野地区東側・東大宿舎に続く道を通ったら、コンクリート製電信柱の並ぶ中、見慣れた二本の木製電信柱が消えていました。犬や雀のように電信柱の変化に素早く気づく事は出来ませんでした。残念というよりも、「よくぞ 2007年まで頑張って残っていたものだなぁ。」と思いました。もっと長く見ていたかった気持ちもあるのですが、街の風景も建物も時とともに変わっていくことは致し方がありません。否応なく時間は流れていくけれど、せめて一時、記憶にはとどめておきましょうか。・・・

懐古どぉる Micico

 和洋のアンティーク人形とドール用衣装はじめ小物を扱う「懐古どぉる Micico[みちこ]」です。
懐古どぉるMicico


 根津駅 2番出口(不忍池)を出て不忍通りを渡ってすぐの場所にあります。骨董市などの出品、ネットショップを経て、昨年(2006/3 )実店舗のオープンということで、ホームページでも販売(委託を含む)されている稀少なアンティークドールを見ることが出来ます。

■ 懐古どぉる Micico
http://www.kaiko-doll.com/

春の斥候

 年末から小さな花を付けていますが何という種類の桜でしょうか。
07012600.jpg


 根津神社、つつじ苑入り口脇にある小さな桜です。
07012601.jpg

猫町カフェ29

 あかぢ坂上に新築されたビルの 1Fにあります、「猫町カフェ29[にっきゅう]」です。
07012500.jpg

右端に見える階段の先に「大名時計博物館」があります。


07012501.jpg


 店前の右端に足拭き雑巾が用意されています。ペット連れ歓迎のカフェのようです。メニューボードには、"大型犬おひとり様、中・小型犬はおふたり様の席あります。"と書かれています。
コーヒー、緑茶(手作りぼた餅付き):¥500
ジュース、ビール(小)、ワイン:¥500〜


■ 猫とワインの店「猫町カフェ29」
http://cafe29.blog98.fc2.com/

------

関連リンク:
 こちらのホームページで詳しく紹介されていました("29[にっきゅう]"の読み方もこちらで知りました。)今年(2007/1/11)オープンしたみたいです。

快適生活オンラインショップ Tomo ショッププロ店
・谷中「猫町カフェ29」その 2
http://blog.tomogroup.shop-pro.jp/?eid=181784

けんた・あとむのお気に入りの場所を紹介します。
・谷中・猫町カフェ29(にっきゅう)
http://blog.ww3.sunnyday.jp/?eid=569705

里奈ちゃん日記
・猫町カフェ29
http://rina.rinako.ciao.jp/?eid=571341

青空を swimする

 水面に映る青空を漂う金魚。
07012200.jpg


 青空と金魚が住む場所は、
 ブリキのバケツに広がる小宇宙。
07012201.jpg


 その青空と金魚とバケツが在る場所は、

 本郷通りに沿った赤門と正門の間。つまりコミュニケーションセンターと法学政治学系総合教育棟の間に、現在、福武ホール(2007/11竣工予定)の竣工予定が建設中です。
 実はこの建設地内に、ギリシア宮殿風の建造物があります。
07011907.jpg


 かつては学内道路を隔て、一対になっていたそうですが、反対側は法学部 4号館建設の際に取り壊されてしまいました。そして今回、「情報学環・福武ホール」建設ということで、工事着工前の埋蔵文化財調査の段階から取り壊しの心配をしつつ、傍らから眺めていたのですが、福武ホールの設計が安藤忠雄であることを知って安心しました。安藤忠雄の建築は、元からある環境や歴史をうまく残し取り入れながら設計される人なので、きっと巧みに遺してくれることと、現在は福武ホール完成の日を楽しみにしています。

山川健次郎像

 理学部 1号館、4号館と安田講堂の間に 2006年 12月に設置された「山川健次郎」像です。
07011909.jpg


 第 6代および第 9代総長であり、後に男爵にもなった山川健次郎は会津出身で、少年時代に白虎隊にいたこともある"サムライ"でありました。
07011910.jpg


 ご親族か関係者が書かれたのでしょうか...、下記で引用しています、像に掲げられた解説板で敬語が使われているのが特徴的でした。

山川健次郎(1854〜1931)

 会津若松の山川重固の三男として出生。斗南藩学で英学、米国エール大学で土木工学を学ばれた。帰国後、明治 9年(1876)に東京開成学校の物理学教授補を務められ、同 14年(1881)に東京帝国大学総長を務められた。大正 12年(1923)に再任。
 また、九州帝国大学及び京都帝国大学でも総長を務められ、大正 4年(1915)には男爵となった。本胸像は、山川健次郎氏の曾孫あたられる福田宏明氏宅に設置されていたものが、理学系研究科に寄贈されました。
1  2

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2007年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年12月です。

次のアーカイブは2007年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築