2006年11月アーカイブ

秋の空中庭園

 朝倉彫塑館の空中庭園より空を仰ぐ。
秋空


 かつては富士山が見えた西の眺望。

被爆「柿の木」二世

 谷中コミュニティセンター奥手(蛍坂に面した階段途中)には学童保育施設があります。その入り口と階段坂の境に小さな柿の木があります。
柿の木

紅葉の根津神社

 根津神社の銀杏はいつもながら色付きが早いですね。
根津神社


 根津神社の池には、枝振りの見事なモミジが 1本。モミジの向こう側には数名のカメラマンが、一所懸命にシャッターを切っていました。
根津神社の池

 今年も、弥生坂から根津裏門坂までの、不忍通りのクリスマスイルミネーションが始まりました。
不忍通りふれあい館


 今年はちょっとパワーアップして電灯ごとのイルミネーションに加えて、それぞれを繋ぐラインが増えました。(写真は「不忍通りふれあい館」)

総合研究博物館

 東京大学総合研究博物館(1996〜)です。
総合研究博物館


 東京大学における、学術的な研究成果、所蔵コレクションなどを定期的に企画・展示しています。一般の博物館に優るとも劣らない貴重な展示物が入館無料で(!)、観られます〜 !!


■ 東京大学総合研究博物館(東京大学
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/

懐徳館庭園門の遺構

 現在は存在しない「懐徳館」洋館の面影が偲ばれる庭園門の遺構です。
懐徳館庭園門


※ 現在は立ち入り禁止で、許可無く近くまでは行けないようです。(しばらく前に撮影したものです。)

チョコミルクレープ

・・・じゃないですね、どう見ても。
旧前田侯爵邸(懐徳館)西洋館の基礎

 本当は「旧前田侯爵邸(懐徳館)西洋館の基礎」です。東京大学総合研究博物館の途中に、ゴロンと置かれた煉瓦の塊です。
チョコミルクレープ

加賀藩石垣

 山上会館の裏手に、わずかながら石垣があります。
石垣

 この石垣は、東京大学山上会館の建設に伴う発掘調査で発見され、その一部を移築復原したものである。東西方向に北面して約 15mにわたって検出された。三段目まで現存していたが、本来はもっと高く、上に瓦葺き建物が存在した可能性がある。石材は溶結凝灰岩および安山岩で、採石時の鑿跡と刻印が認められる。刻印には金沢城と共通するものがある。江戸時代初期の構築と考えられるが、前田家の史料、絵図には記載が観られない。

 昭和 61年 7月     東京大学

懐徳館

 東京大学本郷キャンパス南端に、現在は迎賓施設として使われている和館「懐徳館」があります。
懐徳館


 加賀藩上屋敷は敷地の殆どを廃藩置県(1871)に収公され文部省用地となりますが、東京大学発足後も旧加賀藩敷地南端には前田家が屋敷と庭園を構えていました。大正 15年(1926)、前田侯爵邸(屋敷と庭園)は、公用施設として永久に残すことを約束し、東京大学(代々木演習林、駒場農学部敷地)との敷地交換が行われました。
 前田家から譲られた当時は和館とネオルネサンス風洋館、庭園で構成されていました。関東大震災があり、学内は修復工事に追われ、しばらく手つかずに放置されていましたが、昭和 8年(1933)に前田家からの寄付によって補修後、昭和 10年(1935)に修復し、使用出来るようになりました。その際に、『論語』の「君子懐徳」から「懐徳館」と名付けられたそうです。
 しかし、懐徳館は東京大空襲(1945/3/10)にて消失してしまいます。(一般によく言われている「東大が空襲の対象から外されていた。」というのは"正確には"、誤りです。)
 現在の懐徳館は、終戦後しばらく経った昭和 26年(1951)に「総長官舎」の名目で予算を獲得したものの決して多くはない財源の中で、旧和館の面影と迎賓施設としての機能面を考慮しながらの設計(設計: 拓殖芳男)と、資材調達(伊勢神宮造営時の不要材の寄贈や、払い下げの再利用など)に腐心しつつ、和館のみが再建されました。

 龍岡門から附属病院に沿って東京大学第 2食堂へ続く道路脇の使われていない掲示板。
掲示板

1  2  3  4  5

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2006年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年10月です。

次のアーカイブは2006年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築